CES

カーライフニュース - CES

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダ(Honda)の中国部門は6月11日、中国上海市で開幕したCESアジア2019において、第3世代の「ホンダCONNECTシステム」を、アリババグループと香港科技大学と共同開発すると発表した。

ホンダは、第2世代のホンダCONNECTシステムを発表したばかり。リアルタイムの渋滞情報を含めたナビゲーション機能が強化されており、インテリジェントな音声認識テクノロジーも導入する。

さらに、第2世代のホンダCONNECTシステムでは、多・・・

ニュースを読む

日産自動車は、6月11日に上海で開幕するCESアジア2019にて、ドライバーの脳波測定による運転支援技術「Brain-to-Vehicle(B2V)」と、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合するコネクテッドカー技術「Invisible-to-Visible(I2V) 」を展示する。

「Invisible-to-Visible(I2V)」は、カーブの先にある物、建物の裏側の状況や遠くにいる家族や友人に至るまで、ドライバーに「見・・・

ニュースを読む

ホンダ、第2世代の「ホンダCONNECT」発表へ…CESアジア2019

by 森脇稔 on 2019年06月10日(月) 11時15分

ホンダ(Honda)の中国部門は、中国上海市で6月11日に開幕するCESアジア2019において、第2世代の「ホンダCONNECTシステム」を初公開すると発表した。

第2世代のホンダCONNECTシステムでは、リアルタイムの渋滞情報を含めたナビゲーション機能が強化される予定だ。インテリジェントな音声認識テクノロジーも採用する。

さらに、第2世代のホンダCONNECTシステムでは、多くの中国人が利用している決済アプリ、「アリペイ」(Al・・・

ニュースを読む

米国のコンシューマー技術協会は5月16日、中国・上海市で6月に開催されるCESアジア2019において、自動運転車の最新技術や完全電動システムなどを初公開すると発表した。

CESアジア2019の展示スペースは、総面積が6万5000平方mを超え、前回より26%増加する見通し。新興企業125社以上を含め、550社以上が出展する。総来場者数は5万人以上に達すると予想され、1200人以上の報道関係者を含めて70の国・地域から参加が見込まれている・・・

ニュースを読む

米国のコンシューマー技術協会は4月8日、中国・上海市で6月に開催されるCESアジア2019に、日産、ホンダ、フォルクスワーゲン、アウディなど世界の自動車ブランド60以上が出展すると発表した。

CESアジアでは2019年、車載技術をはじめ、5G、人工知能(AI)、拡張・仮想現実、ドローン、小売およびeコマース、ロボットなどの革新的技術を紹介する。

CESアジア2019の展示スペースは、総面積が6万5000平方mを超え、前回より26%増・・・

ニュースを読む

米国のコンシューマー技術協会は2月19日、中国・上海市で6月に開催されるCESアジア2019の出展内容を発表した。

CESアジアでは2019年、車載技術をはじめ、5G、人工知能(AI)、拡張・仮想現実、ドローン、小売およびeコマース、ロボットなどの革新的技術を紹介する。

CESアジア2019の展示スペースは、総面積が6万5000平方mを超え、前回より26%増加する見通し。新興企業125社以上を含め、550社が出展する。総来場者数は5・・・

ニュースを読む

清水和夫が語る2019年「自動運転の現在地と未来」とは

by 清水和夫 on 2019年01月31日(木) 12時00分

平成という年号も残りわずかだが、私の2019年は、昨年同様1月6日から開催されたラスベガスのCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の取材からスタートした。自動運転からコネクト、さまざまなデジタル技術が発表、展示され、世界中の自動車関係者が熱心線を送るショーとなったが、やはり注目は自動運転関連だった。

すでに現実化に向けて自動車メーカーはいまできる範囲で実用化していくスタンスを採り、私はCESに参加し、あらためて、夢物語では・・・

ニュースを読む

マツダ3 新型のボーズサウンドを聴いた!…CES 2019

by 会田肇 on 2019年01月29日(火) 11時15分

ボーズはCES 2019で、同社が新型『マツダ3』向けに開発したサウンドシステムを公開した。システム構成が解説されるでなく、音を鳴らして試聴することもできた。その試聴インプレッションレポートをお届けする。

マツダ3に搭載されるオーディオシステムは、従来と同様、マツダコネクトとして組み込まれているが、モデルチェンジを機にシステムを一新。モニターは新開発の8.8型ワイドで、Apple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto・・・

ニュースを読む

CES2019のZFブースは、公共交通の完全自動運転、とりわけ公共交通の完全自動運転を可能とするためのさまざまな技術に満ち溢れていた。それはつい最近まで、遠い未来にあると考えていた安全でかつ快適な完全自動運転による公共交通の実現が、実は近い将来に迫っていたことを知らされた場面でもあった。ここではその象徴的な存在ともいえる、ZFの最新世代スーパーコンピューターとしてCES2019で世界初公開されたProAI Robo Thinkを紹介する・・・

ニュースを読む

クルマのヘッドランプを手掛けるスタンレー電気は、1月8日より米ラスベガスで開催されたCES 2019に出展。「make it visible(見えないものを見えるようにする)」のコンセプトの下、長年培ってきた光学技術を駆使して開発した新システムを提案して注目を浴びた。

スタンレー電気が出展した中で最も注目したのが「LCD-ADBモジュール」だ。ADB(Adaptive Driving Beam)とは、ヘッドライトの配光技術の一つで、必・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針