キャデラックXT5《photo by Cadillac》

GM(General Motors)は10月29日、2019年1〜9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は568万4871台。前年同期比は7.4%減と引き続き減少した。

国別の実績では、中国が225万7432台を販売し、引き続きGMの単一国の最量販市場に。ただし、前年同期比は15.8%減と、2年連続のマイナスとなった。

中国に続いたのは、地元の北米(米国とカナダなど)だ。2019年1〜9月は251万4033台を販売した。前年同期比は2.3%減と、引き続き落ち込む。南米も1〜9月、49万3448台にとどまり、前年同期比は2.4%減だった。

その他の世界市場では2019年1〜9月、41万6467台を販売した。前年同期比は9.7%増と回復を果たす。欧州は3491台で、前年同期比は20.4%増とプラスに転じた。ただし、GMの欧州事業は、PSAグループにオペルを売却して以降、段階的に縮小している。

2019年1〜9月のブランド別実績では、シボレーが前年同期比3.5%減の287万2500台と、引き続き減少する。ビュイックは14%減の79万5937台にとどまった。GMCは3.1%増の50万0214台と回復した。キャデラックは5%増の29万3240台と引き続き好調だった。

GMの2018年の世界新車販売台数は、838万4482台だった。前年比は12.7%と、2年連続で前年実績を下回っている。

キャデラック・エスカレード《photo by Cadillac》 キャデラックXT4《photo by Cadillac》