コンセプトキャビン「EMIRAI S」《画像:三菱電機》

三菱電機は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に、「移動を、くらしのヨロコビに」をテーマに出展する。

メーンステージでは、三菱電機のさまざまな技術を結集した、将来のMaaS社会に向けた快適な移動体験のコンセプトムービーを大型スクリーンで上映。また、安心・安全で快適な移動を体験できるコンセプトキャビン『EMIRAI S』では、安全・安心な移動を支援する最新の生体センシング技術や、車内外との快適なコミュニケーションを実現する最新のHMI技術を紹介する。

自動運転エリアでは、実証実験車『xAUTO』の実車を展示する。また、準天頂衛星対応高精度ロケーターを含む各種センサーなどの自動運転関連技術をAR対応可動式ディスプレイで紹介。そのほか、高精度地図情報がないエリアでの自動運転や限定条件下における完全自動運転の実現に向けた取り組みを、実証実験映像を通じて説明する。

電動化エリアでは、小型高出力モーター・インバーターなど、ハイブリッド車から電気自動車まで幅広く対応する製品群を展示。その他展示エリアでは、エネルギーマネジメント技術や双方向ワイヤレス電力伝送技術など、コンセプトムービーに登場する技術をタッチパネルを用いて紹介する。

ブースイメージ《画像:三菱電機》