ダイハツ タント新型(イメージ)《画像:ダイハツ》

ダイハツは、新世代のクルマづくり「DNGA」第1弾として、軽スーパーハイトワゴン『タント』をフルモデルチェンジし、7月9日から販売を開始した。

タントは2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新市場を開拓。2代目では軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を実現、2013年に発売した3代目では両側パワースライドドアを採用し、幅広い世代から好評を得てきた、ダイハツの基幹車種だ。

4代目となるタント新型は、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代の顧客ニーズに応える、良品廉価な商品として開発。タントならではの室内空間の広さやミラクルオープンドアを最大限活かした「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現し、使い勝手の良さをさらに向上させた。

新型は2代目タントから採用しているミラクルオープンドアを継続するとともに、運転席のスライド幅を最大540mmに拡大したことで、運転席と後席間の移動や、ピラーインドアから運転席への乗り降りの利便性を向上。さらに運転席に座ったまま後席の子どもの世話をしたり、後席の荷物を取ることが可能となった。また、半ドア時に自動でドアを全閉する「助手席イージークローザー」や、パワースライドドアが閉まりきる前にドアロックを事前に予約できる「タッチ&ゴーロック機能」、クルマに戻った時のパワースライドドア自動オープンを予約できる「ウェルカムオープン機能」など、軽自動車初となる多彩な機能を搭載した。

また、進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用。従来からの「衝突警報機能」「衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」に加え、ステアリング操作をアシストする「車線逸脱抑制制御機能」、軽自動車初となる「ADB(アダプティブドライビングビーム)」、「標識認識機能(進入禁止)」を追加。「誤発進抑制機能(前方・後方)」は従来のエンジン出力抑制にブレーキ制御を付加することで、急発進を防止する。これら予防安全機能に加え、運転支援機能「スマートアシストプラス」を搭載。「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」や「LKC(レーンキープコントロール)」、「サイドビューランプ」、さらに軽自動車初となる駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」を備える。

また新型は、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による第1弾商品となる。サスペンションや骨格の部品配置をゼロベースで再構築したプラットフォームを新開発。曲げ剛性を従来に比べ約30%向上させるとともに、ハイテン材の活用や構造合理化により、プラットフォームを含むボディ骨格全体で約40kgの軽量化を実現している。また世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVT「D-CVT」や、日本初となる複数回点火(マルチスパーク)の採用などで燃焼効率を向上させた大幅改良エンジンなど、パワートレーンを含め、すべての機構を一新したことで、「走る」「曲がる」「止まる」といった基本性能を大幅に向上させた。

価格は122万0400円から187万3800円。

また、ダイハツは軽福祉車両『タント スローパー』『タント ウェルカムシートリフト』も同時にフルモデルチェンジするとともに、福祉車両には『タント ウェルカムターンシート』を新設定し、7月9日から販売を開始した。

価格はタント スローパーが144万5000円から192万5000円、タント ウェルカムシートリフトが154万5000円から207万円、タント ウェルカムターンシートが139万円から165万円。

ダイハツ タント新型(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タントXターボ《画像:ダイハツ》 ダイハツ タントXターボ《画像:ダイハツ》 ダイハツ タントXターボ《画像:ダイハツ》 ダイハツ タントX《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタムRS《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタムRS《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタムRS《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタムRS《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタム(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント カスタム(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント新型(イメージ)《画像:ダイハツ》 ダイハツ タント新型(イメージ)《画像:ダイハツ》 パワースライドドア ウェルカムオープン機能《画像:ダイハツ》 パワースライドドア ウェルカムオープン機能《画像:ダイハツ》 運転席ロングスライドシート《画像:ダイハツ》 助手席イージークローザー《画像:ダイハツ》 タッチ&ゴーロック機能《画像:ダイハツ》 ミラクルオートステップ《画像:ダイハツ》