ロイヤル

カーライフニュース - ロイヤル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

タイムズカーシェア、顧客ロイヤルティ調査でトップ獲得

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月18日(木) 14時00分

NTTコム オンラインは、カーシェアリング業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSベンチマーク調査を実施。この結果、タイムズカーシェアがトップとなった。

調査は、Anyca、dカーシェア(NTTドコモ)、GO2GO、TOYOTA SHARE、オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、タイムズカーシェアの7社を対象に、2020年11月27日から12月4日の期間、非公開型インターネットアンケートで実施。649名から・・・

ニュースを読む

ロイヤルエンフィールドは、日本初となるブランドショールーム「Royal Enfield Tokyo Show Room」を東京都杉並区にオープンすると発表した。

ロイヤルエンフィールドは、1901年に英国レディッチ市で誕生した現存する世界最古のモーターサイクルブランド。現在、日本市場では、『ブリット500』、『クラシック500』、『ヒマラヤン』、『インターセプター650』、『コンチネンタルGT 650』の5車種を展開している。

国内・・・

ニュースを読む

英国生まれのロイヤルエンフィールドは、1901年からモーターサイクルを作り続けてきた世界最古級の2輪ブランドである。

『INT650』の名は1960年代にアメリカ西海岸で人気を博した2気筒モデル、INTERCEPTOR(インターセプター)に由来する。当時盛んだったデザートレースでも活躍するなど高性能スポーツモデルとして知られていた。

現在ロイヤルエンフィールドはインド資本の会社となったが、最新モデルのINT650はバーミンガムにある・・・

ニュースを読む

ロイヤルエンフィールド『コンチネンタルGT650』は、英国車が全盛期だった1960年代のスタイルと乗り味を現代に蘇らせたネオクラシックモデルである。クリップオンハンドルにロングタンクとレーシングシートなど、当時の流行をフィーチャーした姿が郷愁を誘う。

世界最古級の老舗2輪ブランドとして現在はインド企業の傘下にあるが、開発やテストはバーミンガム近郊にある技術センターで行われている。そして、車体設計は著名フレームビルダーとして知られる英国・・・

ニュースを読む

マセラティジャパンは、1980年代に発売された『クワトロポルテ ロイヤル(ロワイヤル)』にインスパイアされた限定車「ロイヤルエディション」を『ギブリ』、『レヴァンテ』、『クワトロポルテ』の3車種に設定し、全国限定25台で発売する。

クワトロポルテ ロイヤルは、3代目『クアトロポルテ』に設定されたラグジュアリー仕様だ。エクステリアでは大型バンパーやサイドシル、アロイホイール部分にステンレス製プレートを装備。インテリアではダッシュボード中・・・

ニュースを読む

ロイヤルホールディングスは、東名高速・海老名サービスエリア(SA)の商業施設「EXPASA海老名」(下り)内にて、家庭用フローズンミール「ロイヤルデリ」を7月から販売している。ロイヤルデリの高速道路SAでの販売は初となる。

ロイヤルデリは、シェフが手鍋でつくる専門店の味を、家庭でも手軽に楽しめるレストラン品質のフローズンミール。定番の洋食、カレー、ショートパスタ、サイドメニューなどを250円から780円の手頃な価格で用意。レンジや湯煎・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門は7月15日、J.Dパワーの「2020年米国自動車ブランドロイヤルティ調査」において、2年連続でベストブランドロイヤルティ賞を受賞した、と発表した。

この調査は、「Power Information Network」社のデータを使用して、新車に乗り換えた際、同じブランドを購入したかどうかを調べるものだ。調査は、2019年6月から2020年5月までのデータをベースにしている。

この賞では、顧客が同じブラ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための「緊急事態宣言」が発令されてから一夜が明けたが、日本経済を支える企業活動にもさまざまな悪影響が出始めている。

たとえば、東京都内を中心にタクシー事業を展開する「ロイヤルリムジン」グループでは、運転手や営・・・

ニュースを読む

自動車に話を特化して今年の「ホビーショー」注目株を集めてみた。プラモデルは相変わらず、古いクルマを中心に新製品が登場。一方のミニカーは従来のダイキャストモデルに代わり、レジン製ミニカーがそのシェアを伸ばして来ている印象であった。

◆旧車が目白押しのプラモデル

全体を通じて日本のメーカーでプラモデルに力を入れている印象が強いのが、青島文化教材社。簡単に作れるスナップキットや、綺麗にペイントされたプリペイントモデルが注目。スナップキット・・・

ニュースを読む

3月末、大分県日田市にある国際サーキット「オートポリス」は、一昨年の地震被害を受けたプレミアム観戦エリア「ロイヤルルーム」の復旧工事完了を発表した。今後、再びビッグレースなどでロイヤルルームでの観戦が可能なチケットが発売される予定。

ホームストレートを挟んでピットと対面する位置関係にあるロイヤルルームは、そのガラス張りメインの出で立ちを含め、オートポリスの象徴のひとつともいえるくらいの存在感を放っていたが、2016年に地震被害を受け、・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

ノロマなカメ

BMW 218i アクティブツアラ...

車種名:BMW 2シリーズ (ミニバン)
投稿ユーザー:ノロ***** さん
総合評価:

通勤で往復250km(内高速200km)を走っていますが、毎回20km/...[ 続きを見る ]

tuti

カタログオーバー

車種名:スバル ステラ
投稿ユーザー:tut***** さん
総合評価:

2016年製スバルステラ(ムーヴOEM車)。DBA-LA150F 2WD...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針