ファミリア

カーライフニュース - ファミリア

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダ ファミリアバン、自動ブレーキなどを全車標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月09日(木) 13時51分

マツダは、商用車『ファミリアバン』を一部改良し、2月9日より販売を開始した。

今回の一部改良では、歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)、DSC(横滑り防止機構)、TCS(トラクションコントロールシステム)などの安全装備を全車に標準装備した。

また、フロントバンパーおよびグリルのデザインを刷新するとともに、前後バンパーを、全車黒色で統一。フタ付きグローブボックスや大型カップホルダー(2WD車のみ)、助手席シ・・・

ニュースを読む

去る1月8日に栃木県佐野市で行われた「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」。ここでは歴代のマツダロータリー車をピックアップした。

珍しかったのは、1970年式の『ファミリア・ロータリーTSS』。68年に『コスモスポーツ』に続くロータリーエンジン搭載車となる「ファミリア・ロータリークーペ」が誕生し、翌年に登場したのが「ファミリア・ロータリーSS」と名乗る4ドアセダン。そしてクーペ同様のスポーティなT型のコクピットタイプ・インパネ・・・

ニュースを読む

「NAGOYA CLASSIC CAR MEETING 2016」(23日、愛知県豊田市豊田スタジアム)では、日産『スカイライン』や『フェアレディZ』などの旧車イベントの常連に交じり、地味ながらきらりと光る存在感を見せていた個体があった。

その中の1台が三菱『ランサーターボ2000ECI』。一見すると普通の”ランタボ”だが、左ハンドルだ。1985年に愛知三菱が当時の西ドイツから逆輸入した20台のうちの1台という。欧州向け2000ccの・・・

ニュースを読む

マツダは10月16日、『ファミリア』などのイグニッションスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ファミリア』『デミオ』『ユーノス100』『ランティス』『MPV』『ボンゴ ブレンディ』『クロノス』『MS6』『MX6』『クレフ』『MS8』『カペラ』『センティア』『MS9』『プレッソ』『AZ3』『レビュー』、フォード『フェスティバ ミニワゴン』『レーザー』『フリーダ』『テルス・・・

ニュースを読む

今年9月、ベルギーのスパ・コルシャンで開催されたヒストリックカーレース「SPA SIX HOURS」に、マツダ『ファミリアロータリークーペ』(R100)が参戦した。

ドライバーは愛知県在住の医師、加藤仁さん。「R100でスパを走る」という夢を長年温め続けてきた人物だ。

そのきっかけとなったのは、1970年のスパ・フランコルシャン24時間レースの映像だ。レースでは、21時間目まで片山義美/武智俊憲組がトップを疾走。だが、そのままゴール・・・

ニュースを読む

広島・三次試験場50周年マツダファンミーティング(9月20日)では、1960年代の『R360』をはじめ、『サバンナ』、『ファミリア』、『ルーチェ』、『コスモ』など、1000台を超える“名車”たちがおむすび型の高速周回路を駆けた。60枚の写真とともに見ていこう。

会場には、K360やR360クーペなど、同社が4輪を手がけて間もないころのクルマをはじめ、キャロルやポーターバン、シャンテ、ファミリア、グランドファミリア、ルーチェ、サバンナと・・・

ニュースを読む

9月20日(現地時間)、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットにて開催されたクラシックカーレースに2台のマツダ『ファミリア ロータリークーペ』 (R100)が出走した。

ファミリアロータリークーペは、『コスモスポーツ』に続くロータリーエンジン搭載車。排気量491cc×2ローターの10A型自然吸気エンジンを持つ。1970年には「スパ・フランコルシャン24時間レース」に参戦し、21時間目までトップを疾走。終盤はエンジントラブルに泣くも・・・

ニュースを読む

5月9日、千葉県佐倉市にある佐倉市民の森芝生広場に100台近い往年の名車が集結。清々しい新緑の下でサクラ・オートヒストリーフォーラムが開かれ、多くの人で賑わった。主催は同フォーラム実行委員会。

このイベントは昨年までDIC川村美術館で行われていたもので、第5回となる今回は佐倉市民の森に移しての開催となった。メイン会場の芝生広場に欧州車とトヨタ、日産車など66台、第2会場の草笛の丘にはスバルの歴代軽自動車を始めとした懐かしい国産車31台・・・

ニュースを読む

マツダ ファミリアバン を一部改良…1.5リットルモデルをCVT化

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年05月28日(火) 14時29分

マツダは、商用車『ファミリアバン』の一部改良を行い、5月28日より販売を開始した。

今回の改良では、1.5リットルエンジン(2WD)車にCVTを採用。燃費性能を17.4km/リットル(JC08モード)に向上させ、エコカー減税の免税対象となった。

また、全車のメーター内に平均燃費、瞬間燃費および航続可能距離の表示機能を追加し、インストルメントパネルの意匠を黒基調に変更した。

価格は146万7900円から169万0500円。・・・

ニュースを読む

マツダの山内孝社長は15日、都内のホテルで『CX-5』の販売状況をメディア各社に説明した。席上、国内での受注は発売1か月足らずで月間目標の8倍に相当する8000台に達したことを明らかにした。

この内、半数強を狙っているディーゼルエンジン車は73%を占め、「ディーゼル車の国内での可能性や将来性に確かな手応えを感じている」と強調した。

また、販売店にはディーゼル車を中心に試乗を希望する顧客が多く訪れており、山内社長は「1980年発売の『・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針