インサイト

カーライフニュース - インサイト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダおよびタイホンダは12月17日、『インサイト』と『アコード』のDC-DCコンバータ(電圧変換装置)に不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのは2019年9月9日〜2020年3月31日にホンダが製造したインサイト 2100台と、2019年12月18日〜2020年9月23日にタイホンダが製造したアコード 2703台。

対象車種はパワーコントロールユニットのDC-DCコンバータにおいて、バ・・・

ニュースを読む

新型『アコード』は、10代目という区切りのモデル。かつては日本でも上級セダンとして人気が高かったが、主戦場が北米になってから長い。

アメリカではトヨタの『カムリ』がライバルで、これらのクルマはミッドサイズセダントップを争う常連だ。ホンダにとってアコードは北米での大黒柱のため、日本市場より北米重視で開発を進めているのは従来と変わりはない。それは日本市場への投入時期を見てもわかる。

この新型アコードは、すでに約2年前に北米に投入されてい・・・

ニュースを読む

無限(M-TEC)は、ホンダから発表された『インサイト』改良新型に対して各種パーツを設定し、順次全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店で発売する。

インサイト用無限パーツは、「Intelligent Middle Sedan」をコンセプトに、フロントマスクをスタイリッシュに引き締める「フロントグリルガーニッシュ」や、「フロントアンダースポイラー」、「サイドガーニッシュ」、「リアアンダースポイラー」などの各種エアロパーツを設定した。ス・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、改良新型『インサイト』の発売に伴い、純正アクセサリーを5月29日より全国のホンダカーズにて販売を開始した。

インサイト用の純正アクセサリーとして、ホンダのミドルサイズセダンにふさわしい洗練されたスポーティさと、上質感のあるカスタマイズが可能なアイテムをラインアップした。

エクステリア用アクセサリーは、新たに追加されたEXプライムスタイル専用ボディカラー「シルバーミストグリーン・メタリック」に対応する「トランクスポイ・・・

ニュースを読む

ホンダ インサイト 改良新型、新グレード追加でラインアップ拡充

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月29日(金) 11時30分

ホンダは、ハイブリッド専用車『インサイト』をマイナーモデルチェンジし、5月29日より発売する。

3代目インサイトは、2018年12月の発売以来、シンプルかつ魅力的なローワイドなデザインや、1.5リットル e:HEVがもたらす力強い走り、ハイブリッド車であることを感じさせない居住空間、容量519リットルのトランクルームといった使い勝手などで好評を得てきた。

今回のマイナーモデルチェンジでは、これまでのデザインや走り、使い勝手の良さはそ・・・

ニュースを読む

ホンダ インサイト に2021年モデル、米国市場で発売

by 森脇稔 on 2020年03月25日(水) 19時30分

ホンダの米国部門は3月23日、『インサイト』(Honda Insight)の2021年モデルを発表した。3月24日に販売を開始している。

現行インサイトは、1999年に米国で初のハイブリッドモデルとして発売された初代から数えて、3世代目モデルとなる。2018年に、およそ4年ぶりに復活を果たした。ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』と『アコード』の間に位置する5名乗りのセダンとなる。

◆新色のレッドと安全装備が充実

インサイ・・・

ニュースを読む

ホンダのハイブリッドサルーン『インサイト』第3世代で4150kmツーリングする機会を得た。前編では主にシャシーのドライブフィールについて述べた。後編はパワートレインの話から入っていこうと思う。

◆余裕のパワーとウルトラスムーズネスを見せた


インサイトのパワートレインは「i-MMD」と名づけられた2モーター式ハイブリッド。最高出力80kW(109ps)、最大トルク134Nm(13.7kgm)を発生する1.5リットルミラーサイクルエン・・・

ニュースを読む

ホンダが2018年末に発売したハイブリッドセダン『インサイト』で4100kmあまりツーリングする機会があったので、インプレッションをリポートする。

インサイトはホンダが1999年に第1世代モデルを投入したハイブリッド専用モデル。だが、洞察力を意味する車名とは裏腹に実車は迷走。第1世代は到底量販を見込めないオールアルミの超小型2シータークーペでトヨタ『プリウス』のライバルたり得ず、しばらくの断絶の後に2009年、サブコンパクト『フィット・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)の米国部門のアメリカンホンダは、2019年の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は160万8170台。前年比は0.2%増と、2年ぶりに前年実績を上回った。

総販売台数160万8170台のうち、ホンダブランドは145万0785台だった。前年比は0.3%増と、2年ぶりのプラスとなった。

ホンダブランドの乗用車系では、『アコード』が26万7567台を販売した。前年比は8.1%減と、引き続き落ち込む。『シビック』も0・・・

ニュースを読む

◆セダンに相応しい「心地いい系」の雰囲気

『シビック』のセダンと外観は一見すると共通か?と思える。が、ノーズ回りの厚みや前後の意匠、ドアハンドルの位置、サイドウインドモールの回し方などは専用。シルエットは同じだが、『インサイト』はボディ面の表情を含め、よりフォーマルでしっとりとした印象だ。


インテリアも同様。インパネは平たく言うとひと頃のホンダ車の宇宙船のようだった(!?)ガチャガチャした佇まいが影を潜め、インパネ全体とドライバー・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

sam

いい車です

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:sam***** さん
総合評価:

BMWらしく、加速時にしっかりGを感じ、運転を楽しめます。 バランスが取...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算63回目)を7/18に行いました。前回の給油から497.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針