ハリアー

カーライフニュース - ハリアー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

モデリスタ、ハリアー 特別仕様車向けカスタマイズアイテムを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月04日(火) 10時00分

トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ『ハリアー』の特別仕様車「スタイルブルーイッシュ」の発売に伴い、9月3日より各種カスタマイズアイテムを発売した。

今回、特別仕様車スタイルブルーイッシュの専用加飾である“漆黒メッキ”に合わせ専用アイテムとして「フロントグリルガーニッシュ」(4万6440円)を新設。艶やかなブラックパネルに、黒く深い輝きが特徴的な漆黒メッキのメッキフィン形状をレイアウトすることで精悍かつ高級感あふれるフロントフ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、クロスオーバーSUV『ハリアー』に特別仕様車「スタイルブルーイッシュ」を設定し、9月3日より販売を開始した。

特別仕様車は上級グレードの「プログレス」および「プログレスメタル&レザーパッケージ」をベースとし、インテリアには特別設定色ブラック×ブルーのシート表皮、シフトパネルやドアスイッチベースにブルー木目を採用。また、シート表皮、本革巻き3本スポークステアリングホイール、インストルメントパネル、ドアトリムなどの随所にブ・・・

ニュースを読む

タタモーターズは7月30日、2019年初頭に市販予定の新型SUVの車名を『ハリアー』(Tata Harrier)と発表した。ジャガー・ランドローバーと共同開発した次世代の車台を、初めて採用するモデルになる。

タタモーターズは2018年2月、インドで開催されたデリーモーターショー2018(オートエキスポ2018)において、『H5Xコンセプト』を初公開。新型SUVのハリアーは、このH5Xコンセプトの市販版となる。

タタモーターズは、英国・・・

ニュースを読む

アルパインは、トヨタ『ハリアー』専用の10型大画面AVナビゲーション、ビッグX『EX10Z-HA2』を11月下旬より発売する。

アルパインではハリアー向けに9型画面のビッグXをラインアップしてきたが、さらなる大画面への要望に応え「EX10Z-HA2」を開発。10型大画面の高画質WXGA液晶を搭載し、地図や映像を高精細に映し出す。

新製品では、クラスターパネルに「ダイナミック・フロー・デザイン」を採用し、ダッシュボードとの一体感を生み・・・

ニュースを読む

今年で誕生20年の節目を迎えたトヨタ『ハリアー』。現行モデルが登場したのは2013年で、この世代からそれまでの『カムリ』ベースではなくて『RAV4』ベースに変わった。

タイトルに何故将来が楽しみなクルマと書いたかであるが、このプラットフォーム変更にも関わらず、ハリアーは高い質感や乗り心地、それに静粛性を担保していて、レクサスから分離されたとは言え、依然として高感度クロスオーバーとしてのポテンシャルを持っていたこと、そしてこの潜在的ポテ・・・

ニュースを読む

トヨタのミドルサイズSUV、『ハリアー』がマイナーチェンジした。国内専用モデルとして2013年に登場した3代目ハリアーのMMC版で、“ハリアーネスのさらなる進化”をそのテーマとしたというが、そこには内外装の洗練や高級化も当然施されている。

一方、メカニカルな部分では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」などの先進安全装備の充実を図ると同時に、これまでラインナップに存在しなかったターボモデルを追加してスポーティさを追求した・・・

ニュースを読む

2017年6月のマイナーチェンジ以前の『ハリアー』は2リットルNAガソリンと、2.5リットルNAガソリン+モーターのハイブリッドの2種のパワートレインが用意されていた。

マイナーチェンジによって2リットルターボモデルが追加され、各パワーユニットごとのターゲットユーザーが大きく変わりそうだ。2リットルNAとハイブリッド時代は、パワー不足を感じるユーザーと燃費重視、エコ重視のユーザーがハイブリッドをチョイスしていたが、ターボの登場でパワー・・・

ニュースを読む

北米地域でレクサスが成功するきっかけとなったのが、1997年に登場した初代『ハリアー』。北米ではレクサス『RX』として販売され、プレミアムクロスオーバーSUVという新ジャンルを確立した。レクサス『ES』と並んでトヨタにとって忘れられないモデルだ。

国内でもハリアーは上級SUVとして人気が高まり、2013年に発売した3代目からは、RX系と別れ国内専用車として開発された。今回のマイナーチェンジの目玉は、2リットル直噴ターボエンジンの新採用・・・

ニュースを読む

1997年に登場した『ハリアー』は、プレミアム・クロスオーバーSUVの先駆けとなったモデル。現行モデルは3代目となるが、2017年6月にマイナーチェンジを受けた。

マイナーチェンジのポイントは2つ。1つは統合的な安全機構である「トヨタ・セーフティ・センスP」が採用されたこと。もう一つが、新しいドライブトレインとして2リットルターボエンジンが用意されたことにある。

トヨタ・セーフティ・センスPは、さまざまな安全機構を統合したシステム。・・・

ニュースを読む

スタイリッシュ&ハイソな雰囲気で人気のトヨタ ハリアーがターボ搭載モデルも加えたビックマイナーチェンジを果たす。そして早くもトヨタモデリスタインターナショナルからスタイルをワンランクアップさせるエアロパーツが発表された。

今回紹介するのは2種類発売される中の『MODELLISTA Ver.1』。フロントスポイラー(LED付)、サイドスカート、リアスタイリングキット(リアスカート+マフラーカッター)、クールシャインキット(フロントグリル・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hasekou

友人達とフレアに4人乗車し荷物もフル積載で峠+高速道路を走行しました。約...[ 続きを見る ]

ときわ公園

実燃費29.1km/l

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

新車購入後1ヶ月弱で1500km走ってます。通勤は往復65kmで40km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針