ハリアー

カーライフニュース - ハリアー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタの大人気クロスオーバーSUV『ハリアー』が、今夏あたりにビッグマイナーチェンジを計画しているという情報をスクープ班が入手した。その市販型デザインを予想する。

ハリアーといえば、都会派の高級クロスオーバーSUVという一ジャンルを初代に築いた名車なのはいわずもがな。現在販売されているのは4代目にあたり、2020年に登場。2022年9月の改良で初めてPHEVモデルが追加された。2023年は7万5000台超を販売し、今も国内SUVトップ・・・

ニュースを読む

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、モデリスタブランドの新製品として『カローラクロス』『RAV4』『ハリアー』用スピーカーセット(標準スピーカー交換タイプ)の販売を開始した。

新製品はパイオニア製の16cmコアキシャルスピーカー。標準スピーカーからの置き換えで、クリアかつ豊かなサウンドを演出する。

セット内容は16cmスピーカー・車両取付ブラケット・ワイヤーハーネス×各4セット(1台分)。価格は4万6200円(取付費・塗装・・・

ニュースを読む

インドの自動車大手、タタ・モーターズが、SUVの新型『ハリアー』と『サファリ』の予約受付を開始した。

これらの新型車は、先代モデルの大成功を受けて、最先端の技術と比類なき安全機能を統合し、タタ・モーターズの革新と卓越への取り組みを体現するデザインで、運転体験を再定義することをめざしている。顧客は、公式ウェブサイトまたは全国のタタ・モーターズの正規ディーラーで、2万5000ルピー(約4万5000円)から予約することが可能だ。

タタ・モ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は10月4日、SUV『ヴェンザ』(日本名:『ハリアー』に相当)の2024年モデルを発表した。「ナイトシェード・エディション」が設定されている。

ヴェンザは、日本国内向けのハリアーの左ハンドル仕様となる。2024年モデルに設定のナイトシェード・エディションは、フロントグリルトリム、ドアミラーカバー、ドアハンドル、ロッカーパネル、ルーフレール、シャークフィンアンテナをブラックで仕上げた。前後バンパーに・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は5月12日、SUV『ヴェンザ』(日本名:『ハリアー』に相当)の2024年モデルを発表した。

初代ヴェンザは2008年12月、米国市場で発売されたクロスオーバー車だ。『カムリ』の車台をベースとし、生産はトヨタ・モーターマニュファクチャリング・ケンタッキー(TMMK)で行われた。乗用車のスタイリングと快適性、SUVとしての使い勝手を兼ね備えたクロスオーバー車だったが、2015年に米国市場向けの生産を・・・

ニュースを読む

LONG AUTUMNは、豪州Sunland製の日本限定車向けダッシュボードマットにトヨタ『ハリアー(80系・HUD仕様)』用を追加し、楽天市場で販売を開始した。価格は1万2300円。

ダッシュボードマットは、車のダッシュボードの上に敷くカバーマットだ。傷や汚れに加え、紫外線による劣化も防止。また、フロントガラスへのダッシュボードの映り込みを改善するほか、夏の車内空間の急激な上昇を低減する断熱効果も期待できる。直射日光の強い豪州や米国・・・

ニュースを読む

澄んだ音を追い求めてシステムアップを続ける田村さん。愛車のトヨタ『ハリアー』には試聴してお気に入りとなったオーディソンのテーゼスをインストール。リアシート下へのパワーアンプ設置など、群馬県のサウンドステーションSUBLIMEが工夫満点の取り付けを実践した。

◆ショップのデモボードで聴いたスピーカーの
澄んだきれいな音に心奪われて愛車への導入を決定
これまでも愛車のオーディオを少しずつ進化させてきた田村さん。サブライムに出入りするように・・・

ニュースを読む

近年、世界的に人気を集めているSUV。今回は国産SUVをピックアップして徹底比較し、その魅力を探っていく。紹介するのはトヨタ『ハリアー』、レクサス『NX』、マツダ『CX-60』、三菱『アウトランダー』の4台だ。

◆比較する車種のプロフィール
SUVのイメージリーダーは、全長を4700mm前後に設定したLサイズモデルだ。売れ筋の価格帯も400〜600万円に達する。各メーカー/ブランドの代表車種を比較したい。

◆外観デザイン&ボディサイ・・・

ニュースを読む

近年、人気が高まっているSUV。自動車メーカー各社も新型SUVを続々と発表している。今回は、そんなSUVの中で注目すべき車種をピックアップし、比較をしていく。ピックアップするのはホンダ『ZR-V』、トヨタ『ハリアー』、マツダ『CX-5』の3台だ。

◆比較する車種のプロフィール
ZR-V、ハリアー、CX-5は、それぞれ各メーカーを代表するミドル/LサイズのSUVだ。ハリアーは全長が少し長いが、4800mm以内に収まる。ZR-Vとハリアー・・・

ニュースを読む

2020年にフルモデルチェンジを受けた現行のトヨタ『ハリアー』、発売1か月後には目標販売台数の約15倍の受注を獲得したという大ヒットモデルである。現在も安定した人気を継続しているハリアーとライバルモデルの比較を行った。

第2弾は2022年に上市したばかりの日産『エクストレイル』との比較をお届けする。なお、エクストレイルにはエクストリーマーXとオーテックの2つのラインも存在するが、今回は標準モデルのみ扱う。

◆ボディ外寸比較
・ハリア・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針