パサート

カーライフニュース - パサート

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、ステーションワゴン『パサート ヴァリアント』に安全装備やコネクティビティ機能を備えた特別仕様車「エレガンスライン テックエディション」を設定し、8月29日より300台限定で販売を開始した。

エレガンスライン テックエディションは、「パサート ヴァリアントTSI エレガンスライン」をベースに純正ナビゲーションシステム「ディスカバープロ パッケージ」を装備。タッチスクリーンに触れることな・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、プラグインハイブリッド(PHEV)モデル『パサートGTE』シリーズを8月29日より、一部仕様を変更すると発表した。

今回の仕様変更では、ジェスチャーコントロール機能付きの純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ」を採用。タッチスクリーンに触れることなく、手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作が行えるようになる。

また、障害物などを検知して駐車時の安・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『パサート』のゴルファー向けマーケティング活動強化の一環として、世界的ゴルフクラブメーカー PINGが大阪ステーションシティおよびグランフロント大阪で9月1日から3日に開催する「PING G フェス!2017.」に出展する。

パサート/パサート ヴァリアントは、シートを倒すことなくキャディーバックを4個積載できるほか、最新の渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」を標準装備し、・・・

ニュースを読む

スノッブな心地よさ。“大陸”のユーザーの嗜好を意識してか外観のクローム類が少し多い気もするが、上質ではあっても、決して何か誇示しようとしない控えめさが『パサート』の持ち味だ。

巷ではトヨタから新型『カムリ』も登場、日本で使うパーソナルセダンとして十分なゆとりとコストパフォーマンスの高さをもつこのクラスは、いつでも目が離せない…といったところ。その中で『パサート』の魅力は?というと“選んでも間違わない変わらぬ安心感があること”だ。遡れば・・・

ニュースを読む

最新EV・PHEV試乗&セミナー、X5 xdrive40e や パサートGTE も登場 7月23日

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年07月05日(水) 06時45分

日本EVクラブは、「最新EV・PHEV試乗&セミナー」を7月23日、日本科学未来館で開催。参加者を募集している。

今回の試乗会には、トヨタ『プリウスPHV』や三菱『アウトランダーPHEV』などの新型モデルに加え、BMW『i3』『X5 xdrive40e』、VW『パサートGTE』など、国内外のEV・PHEV車が勢揃いする。

また今回は、ゲストジャーナリストとして、片岡英明氏、竹岡圭氏、まるも亜希子氏らが来場予定。ジャーナリストのドライ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは6月17日、新型『ポロ』に部分的な自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

新型ポロでは、ポロよりも上のクラスに属する『パサート』や『ゴルフ』向けの先進運転支援システムを導入。とくに、部分的な自動運転機能を、欧州Bセグメント車に搭載したのが特徴。フォルクスワーゲンはこの点で、「民主化」を標榜する。

新型ポロには、自動ブレーキ/歩行者モニタリング/フロントアシストを、全グレードに標準装・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、「最新EV・PHEV試乗&セミナー」を6月25日、日本科学未来館で開催。参加者を募集している。

今回の試乗会には、トヨタ『プリウスPHV』や日産『ノート e-POWER』、三菱『アウトランダーPHEV』などの新型モデルに加え、日産『リーフ』、BMW『i3』『225xeアクティブツアラー』、VW『パサートGTE』など、国内外のEV・PHEV車が勢揃いする。

また今回は、ゲストジャーナリストとして、斎藤慎輔氏、まるも亜・・・

ニュースを読む

VW『パサート』に高性能を示す「Rライン」が設定された。と言っても以前からあるRラインとは異なり、エンジンは従来の1.4リットル150psから2リットル220psへとジャンプアップした。

そもそも、正直なことを言えば1.4リットルでも十分な性能を発揮してくれていた。それが2リットル220psとなって、さらに最大トルクは350Nmを1500〜4400rpmという広い範囲で発揮してくれている。というわけで、性能面で不満などあろうはずもない・・・

ニュースを読む

ヴァリアントのR-Line同士で見ると、以前の1.4と新しい2.0では外観上はホイールサイズが異なる。19インチ(1.4の標準は18インチだった)にサイズアップした2.0は、静かに凄みを効かす…そんな雰囲気だ。

もちろんスペックは大きく向上した。220ps/35.7kgmは、150ps/25.5kgmだった1.4と較べるまでもない。このことで厳然たる事実としてはカタログ記載のJC08モード燃費が20.4km/リットルから15.0km/・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『パサート』シリーズの内外装と機能装備を充実させるとともに価格設定を変更、商品力を強化し、11月22日より販売を開始した。

今回、中間グレード「コンフォートライン」の名称を「エレガンスライン」に変更し、クロームパッケージやアルカンターラレザーシート、パワーテールゲートを標準装備するなど内外装と機能装備の充実を図った。

また、上級グレード「ハイライン」も同様に、LEDヘッドライトやイ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Takeshi Nakazawa

燃費がいい‼

車種名:トヨタ エスクァイア
投稿ユーザー:Tak***** さん
総合評価:

エコマークが消えないように優しい運転を心掛け、渋滞の少ない田舎道を選択し...[ 続きを見る ]

chanta

都内だけだと燃費悪い

車種名:ボルボ V40
投稿ユーザー:cha***** さん
総合評価:

T3です。基本週末の買い物用なので燃費は7km台 他の人の燃費と比べると...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針