スイフト

カーライフニュース - スイフト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

車高調・サスペンションメーカーのラルグスから、スポーツ走行に特化した新型車高調「SpecSR」シリーズにスズキ『スイフトスポーツ』(ZC33S)用が新発売。税込価格は16万9400円。販売開始は2月20日から。

「SpecSR車高調キット」はコンマ1秒を削るための本格的なスポーツ走行特化モデルとして、新たに開発された新型車高調キット。SpecSR専用のディグレッシブピストンと、最適なマッチングの高性能ショックオイルを封入した単筒式ショ・・・

ニュースを読む

スズキは『スイフト』をフルモデルチェンジした。そのデザインはスイフトらしさを踏襲しながら、新たにZ世代ユーザーを獲得すべく軽やかさを両立させていったという。先代との連続性を保ちながらも、新しいキャラクターラインを導入し、フロントデザインやカラーの選定など、Z世代に対するアプローチを取り入れた。仕切り直しが行われたほどデザインの変更は繊細で、ハイクオリティな品質管理が求められた。・・・

ニュースを読む

スピーカーとカーナビの交換を実施したものの、ドアの共鳴音が気になってプロショップである奈良県のBREEZを訪れた岩佐さん。デッドニングに加えて、カーナビの調整をオーダーすることになり、ユニット変更や追加無しに高音質化を果たすことになる。

◆ドアの環境を整えるデッドニングから始まって
カーナビの調整に興味を持ってオーダーを追加する
スピーカー交換やカーナビのグレードアップを施したものの、ドアの共鳴音がどうにも気になってカーオーディオプロ・・・

ニュースを読む

スズキは『スイフト』をフルモデルチェンジした。そのデザインはスイフトらしさを踏襲しながら、新たにZ世代ユーザーを獲得すべく軽やかさを両立させていったという。

新型スイフトは“はっとするデザイン”を目指して開発されたが、基本的なディメンジョンだけでなくタイヤや乗員の位置、ウインドウ周りの位置関係は先代をほぼ踏襲したため、開発段階では先代に似たデザインになりがちだった。「そこからいかに変えていくかが課題でした」と話すのはスズキ商品企画本部・・・

ニュースを読む

新しい『スイフト』を作るにあたり、スズキがこれまでの顧客の意見を聞いたところ、「高い走りのイメージ」が壁だったのだそうだ。

顧客の中にはスタイルがスポーティ過ぎて私には無理…という意見や、走りのイメージが強く、そこまで要らない…などの意見があり、それらを払拭したのが今回のモデルなのだそうである。これを聞いて、正直「おいおい」と思った。

実はこれと全く同じようなオーナーサーベイの元に作られたのが、現行『アルト』だからである。結果アルト・・・

ニュースを読む

音楽好きで自宅ではPCオーディオを楽しんでいる岩佐さん。スズキ『スイフト』を手に入れるとカーナビ+スピーカー交換を実施。しかしドアの共鳴音が気になって専門店での対処を考え始め、たどり着いたのが奈良県のBREEZEだった。ここでの対策について紹介しよう。

◆自宅でもPCオーディオで音響環境を整える
車内でも高音質化を狙いスピーカー交換を実施
もともと音楽を聴くことが好きでオーディオシステムにも気を配って楽しんでいた岩佐さん。そんなバック・・・

ニュースを読む

スズキはコンパクトカーの『スイフト』をフルモデルチェンジ。そのコンセプトは“エネルギッシュ×軽やか「日常の移動を遊びに変える」洗練されたスマートコンパクト”とされた。このコンセプトの狙いは何か。チーフエンジニアに話を聞いた。

◆将来のユーザーに話を聞きながら
新型スイフトのチーフエンジニアは、スズキ商品企画本部四輪商品第二部の小堀昌雄さんで、先代から引き続きの担当である。通常スズキでは2世代通してチーフエンジニアを務めることは少ないそ・・・

ニュースを読む

『スイフト』の前身にあたる『カルタス』の初代モデルは1983年9月に登場。4輪で軽自動車(とジムニー)以外のスズキの小型車としては、1965年12月登場の『フロンテ800』以来、実に18年ぶりのモデルだった。

「オレ・タチ、カルタス」のコピーは、語呂もよかったためか、思いのほか後世にも語り継がれてきた同車の名(?)コピー。もちろんご本人は(実車が似合ったかどうかは別にして)カタログにも登場した(後述)。ここではご紹介しないが、表紙には・・・

ニュースを読む

スズキは新型『スイフト・ハイブリッドMX(2WD)』の5MTモデルを東京オートサロン2024に出展した。

スポーツハッチバックとしてのイメージが強いスイフトだが、新型に「スイフトスポーツ」が追加設定されるかは現時点では不明。その中でスイフト・ハイブリッドMXのMT仕様は2024年1月17日に発売されたばかりだ。MTでスイフトを走らせたいユーザーには注目の1台だろう。

◆展示車両は「スポーツ」っぽいイメージ 進化したエクステリアは性能・・・

ニュースを読む

データシステムのTV-KITシリーズにスイフト用が新発売

by ヤマブキデザイン on 2024年01月21日(日) 13時30分

自動車アフターパーツメーカーのデータシステムから、スズキ『スイフト』用のTV-KITとTV-NAVI KITが新発売。税込み価格はTV-KITが2万1780円、TV-NAVI KITが2万7280円。

「TV-KIT」はスイフトに搭載の「全方位モニター付メモリーナビゲーション」に適合するTV-KITシリーズの新製品。取り付けることで、走行中でも純正ナビ画面でテレビの視聴が可能になる。「TV-NAVI KIT」ではテレビ視聴にくわえナビ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針