208

カーライフニュース - 208

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ステランティスジャパンは、プジョーのコンパクトハッチバック『208』、コンパクトSUV『2008』に上質な装備を付与した特別仕様車「プレミアムエディション」を設定し、8月26日より各200台限定で発売する。

プジョー208/2008は、日本の道路事情にマッチしたコンパクトなボディサイズに加え、独創的なデザイン、最新世代の3D i-Cockpit、充実した先進運転支援システムなど、運転の楽しみや所有する歓びを満たす付加価値により、幅広い・・・

ニュースを読む

プジョー(Peugeot)は7月6日、Bセグメント小型ハッチバック『208』の改良新型を欧州で発表した。EV版『E-208』も設定されている。

◆プジョーの最新ライトシグネチャー
改良新型には、プジョーの最新のライトシグネチャーを採用する。縦長の3本のライトクローが、バンパーのグロスブラックインサートに組み込まれた。新デザインのフロントグリルは、ボディ同色のパターンが特徴だ。 このデザインは、208シリーズの電動化を反映したもので、グ・・・

ニュースを読む

プジョー 208 改良新型、表情一新…EVは航続400kmに

by 森脇稔 on 2023年07月06日(木) 16時15分

プジョー(Peugeot)は7月6日、Bセグメント小型ハッチバック『208』の改良新型を欧州で発表した。

改良新型には、プジョーの最新のライトシグネチャーを採用する。縦長の3本のライトクローが、バンパーのグロスブラックインサートに組み込まれた。新デザインのフロントグリルは、ボディ同色のパターンが特長だ。 このデザインは、208シリーズの電動化を反映したもので、グリルとボディが一体になったデザインを提示している。

リアでは、ブランドを・・・

ニュースを読む

プジョーは現在、世界的に人気のハッチバック『208』改良新型を開発中だが、その市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

第2世代となる現行型208は、2019年に登場。2022年には20万6816台を販売し、VW『ゴルフ』が14年間守り続けた「欧州で最も売れた車」の地位を奪った。そして2024年以降もその成功を持続させるべく大幅改良を計画している。

捉えたプロトタイプは、ボディ前後を厳重にカモフラ・・・

ニュースを読む

東名・大井松田IC-清水IC、208日間の長期リニューアル工事へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年06月13日(火) 06時15分

NEXCO中日本は、東名高速 大井松田インターチェンジ(IC)〜清水IC間(上下線)で9月4日から2024年3月29日まで(12月23日0時から1月9日5時までを除く)の208日間、リニューアル工事を実施すると発表した。

今回のリニューアル工事では、滝沢川橋、酒匂川橋、柏木第一橋、柳沢第二橋、清見寺橋の老朽化したコンクリート床版を新しい床版に取り替えるため、昼夜連続・ルート閉鎖、夜間2車線規制、昼夜連続・対面通行規制などを行う。また、・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは2月22日、プジョー『208』など6車種約2万7000台について、タイミングベルトに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはプジョー『208』『2008』『308』、シトロエン『C3』『C4』『DS3』の6車種で、2014年9月9日から2020年8月31日に輸入された2万6994台。

対象車種は、特定の燃料や添加剤の影響によるエンジンオイルの変質のため、タイミングベ・・・

ニュースを読む

プジョーは1月13日、コンパクトカー『208』(Peugeot 208)が2022 年、欧州乗用車市場で最も売れた車になった、と発表した。

208には、EVの『e-208』を用意する。このe-208は2022年、欧州BセグメントEVでも、最も売れた車になった。プジョーは、e-208とSUVの『2008』のEV版の『e-2008』の販売面での成功により、欧州電動Bセグメントにおいて、首位の座を獲得している。

e-208とe-2008に・・・

ニュースを読む

プジョーは1月10日、コンパクトハッチバック『208』のEV仕様『e-208』(Peugeot e-208)の2023年モデルを1月13日、ベルギーで開幕するブリュッセルモーターショー2023に出展すると発表した。2023年に欧州市場で発売される予定だ。

◆1回の充電での航続は「GT」グレードが最大398km
2023年モデルのe-208のEVパワートレインは、新型『308』のEV、『e-308』のノウハウを生かしてアップデートされた・・・

ニュースを読む

ドゥカティ(Ducati)は10月20日、「ドゥカティワールドプレミア2023」の第5回目「エピソード5」において、『ストリートファイターV4』の2023年モデルを初公開した。

ストリートファイターV4は、「Fight Formula」のコンセプトをさらに進化させたバイク。2023年モデルのアップデートは、『パニガーレV4』ファミリーの進化に伴うものだ。パニガーレV4からフェアリングを取り外し、高くワイドなハンドルバーを装着した。

・・・

ニュースを読む

プジョーはコンパクトハッチバック『208』のEV仕様『e-208』(Peugeot e-208)の2023年モデルを10月17日、フランスで開幕するパリモーターショー2022で初公開すると発表した。2023年に欧州市場で発売される予定だ。

◆モーターの最大出力はプラス20hpの156hpに
2023年モデルのe-208のEVパワートレインは、新型『308』のEV、プジョー『e-308』のノウハウを生かしてアップデートされた。モーターが・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

たか

我慢してたけれど、我慢できずに乗り換えちゃいました笑 ekクロススペース...[ 続きを見る ]

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針