ボクスター

カーライフニュース - ボクスター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ポルシェは9月8日、『718スパイダー』(Porsche 718 Spyder)と『718ケイマンGT4』(Porsche 718 Cayman GT4)の2021年モデルに、7速デュアルクラッチトランスミッションの「PDK」を欧州で設定すると発表した。従来は6速MTだけの設定だった。

ポルシェは2015年春、『ボクスター・スパイダー』を発表した。軽量構造のソフトトップは、電動ではなく部分的に手動で開閉する仕組み。前後バンパーは、『ケ・・・

ニュースを読む

ポルシェジャパンは、718モデルの軽量スポーツ仕様『718ケイマンT』と『718ボクスターT』の予約受注を6月24日より開始した。

両モデルは、1968年に登場した軽量モデル『911T』をルーツとする2シータースポーツカー。エクステリアでは、ハイグロスチタニウムグレーで塗装された20インチ軽合金製ホイールと、車高を20mm低く設定するPASMスポーツシャシーの組み合わせが特徴だ。ドア下部のストライプには車名を示すロゴを配置。リアビュー・・・

ニュースを読む

ポルシェ(Porsche)は5月から、「3Dプリントボディフォームフルバケットシート」を、『911』と『718ボクスター』/『718ケイマン』にオプション設定すると発表した。

3Dプリントボディフォームフルバケットシートは、シートの中央部分や背もたれのクッションの一部が、3Dプリンターで作成されている。2021年半ばからは、顧客が3つの硬さレベル(ハード、ミディアム、ソフト)を選択できるようになる。

3Dプリントボディフォームフルバ・・・

ニュースを読む

ポルシェ 718ケイマン/ボクスターGTS 4.0 受注開始…価格1072万円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年02月19日(水) 21時00分

ポルシェジャパンは、718モデルレンジの上位モデル『718ケイマンGTS 4.0』と『718ボクスターGTS 4.0』の予約受注を2月19日より開始した。

両モデルは、最大出力400psを発生する4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載。6速MTとの組み合わせで、0〜100km/h加速4.5秒、最高速は293km/hの性能を発揮する(欧州仕様)。また、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)スポーツサスペンションを標・・・

ニュースを読む

ポルシェ(Porsche)は1月16日、『718ボクスターGTS 4.0』と『718ケイマンGTS 4.0』を欧州で発表した。

◆0〜100km/h加速は4.5秒

両車は、『718スパイダー』と『718ケイマンGT4』に採用されているものと同じ、4.0リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載する。この4.0リットルエンジンは、効率性が高いのが特長だ。低負荷時に2つのシリンダーバンクを交互に停止する「アダプティブシリンダーコントロ・・・

ニュースを読む

ポルシェは、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)に、『718スパイダー』(Porsche 718 Spyder)と『718ケイマンGT4』(Porsche 718 Cayman GT4)を出展した。

ポルシェは2015年春、『ボクスター・スパイダー』を発表した。軽量構造のソフトトップは、電動ではなく部分的に手動で開閉する仕組み。前後バンパーは、『ケイマンGT4』と共通デザインとした。ミッドシ・・・

ニュースを読む

ポルシェ(Porsche)は6月14日、新型車を間もなく初公開すると発表した。ポルシェは同時に、この新型車のティザーイメージを配信した。『718ボクスター』に、「スパイダー」が登場する可能性がある。

ポルシェは2015年春、『ボクスター・スパイダー』を発表した。軽量構造のソフトトップは、電動ではなく部分的に手動で開閉する仕組み。エンジンカバーも専用デザインで、前後バンパーは、『ケイマンGT4』と共通デザインとした。また、車高を20 m・・・

ニュースを読む

ポルシェは6月1日、『ボクスター』ベースのワンオフモデル、「ボクスター・ベルクスパイダー」(Porsche Boxster Bergspyder)を発表した。

ボクスター・ベルクスパイダーは、伝説のポルシェ『909』の再来を目指したワンオフモデルだ。909は1968年、ポルシェが『910』をベースに、欧州ヒルクライム選手権に参戦するために開発したレーシングカーだった。

ポルシェ909は、アルミ製フレームにFRP製ボディパネルを組み合・・・

ニュースを読む

ポルシェ 718ボクスター/ケイマン、車体前部の強度不足でリコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年03月22日(金) 17時15分

ポルシェジャパンは3月22日、「718」シリーズ6車種について、車体前部の強度が不足しているものがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ケイマン』『ケイマンS』『ケイマンGTS』『ボクスター』『ボクスターS』『ボクスターGTS』の6車種で、2016年4月5日〜2019年2月7日に輸入された3424台。

車体製作時の溶接行程にて、公差の設定が不適切なため、車体前部の強度が担保できていないもの・・・

ニュースを読む

ポルシェは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、『718ボクスターT』(Porsche 718 Boxster T)/『718ケイマンT』(Porsche 718 Cayman T)をワールドプレミアした。

◆ポルシェ伝統の「T」(ツーリング)は1968年にデビューした911Tがルーツ

「T」はポルシェのモデルでは、「ツーリング」を意味する。1968年にデビューした『911T』が原点だ。オリジナルの911Tは、・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

mach3

【燃費】台風の10月10日に鳴子温泉や南三陸町へ1泊ドライブをして883...[ 続きを見る ]

よしモン

POPでCUTEでSPORTYなM...

車種名:ミニ コンバーチブル
投稿ユーザー:よし***** さん
総合評価:

 今春、第一世代後期MINIクーパーSコンバーティブルを初めての輸入車と...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針