ボクスター

カーライフニュース - ボクスター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ポルシェジャパンは、718ケイマンおよびボクスターの高性能グレード「GTS」の予約受注を11月17日より開始した。

718ケイマン/ボクスターGTSは、ボクスター/ケイマンSの2.5リットル水平対向4気筒ターボをベースに、専用チューンで最高出力は15ps増の365psを発生。0-100km/h加速は4.1秒(PDK・スポーツクロノパッケージ装着時)、最高速度は290km/hに達する。

価格はケイマンの6速MTが993万円、PDKが1・・・

ニュースを読む

ポルシェは10月18日、『718ボクスターGTS』と『718ケイマンGTS』を発表した。

両車は、『718ボクスター』と『718ケイマン』の高性能グレード。『911』シリーズなどに用意される「GTS」グレードが、718ボクスターと718ケイマンにも設定された。

パワートレインは、「718ボクスターS」「718ケイマンS」グレードの2.5リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンがベース。新開発のインテークダクト採用やターボチャージ・・・

ニュースを読む

1台の真っ赤なポルシェ『ボクスター』が、ニュルブルクリンク北コースを駆け抜けた。無防備なフルヌードボディには、「718」や「718 S」とは異なるスプリッター付きフロントバンパーが確認できる。

カメラマンによると、このプロトタイプは間もなくワールドプレミアされるであろうボクスターのフラッグシップモデル、『718ボクスター GTS』だという。

エクステリアでは、新形状のエアインテーク、新ホイール、スポイラーリップなどを装備し、より改善・・・

ニュースを読む

ポルシェ 718ボクスターS…伝説を受け継ぎ、存在を確立した[写真蔵]

by レスポンス編集部 on 2017年02月05日(日) 19時00分

初代登場以来、『911』との差別化の道を歩んで来たポルシェのミッドシップモデル『ボクスター』が2016年にモデルチェンジ。1957年に活躍のした伝説レーシングカー「718」の名を受け継ぎ『718ボクスター』として生まれ変わった。

デザインは先代の981型からラゲッジコンパートメントリッド、フロントウインドウ、コンバーチブルトップをそのまま受継いでいるが、大きくイメージを刷新している。特徴的なのはリアのガーニッッシュに浮かび上がる「PO・・・

ニュースを読む

ポルシェの米国法人、ポルシェカーズノースアメリカは8月3日、7月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は3878台。前年同月比は18%減と、マイナスに転じた。

モデル別では、SUVの『マカン』が931台にとどまった。前年同月比は39.3%減と、4か月ぶりに減少した。『カイエン』は1067台。前年同月比は27.5%減と、引き続き落ち込む。

一方、スポーツカーは、『ボクスター』と『ケイマン』が合計で、732台を販売。前年同月比は・・・

ニュースを読む

ポルシェ ジャパンは、6月20日から26日まで「718ボクスター シークレットガレージを探せ」キャンペーンを実施する。

ボクスターは、数々のレースで優勝を飾ったミッドエンジンスポーツカー「ポルシェ718」から続く水平対向4気筒エンジンの伝統を継承し、『718ボクスター』として新たに生まれ変わった。

ポルシェ ジャパンでは718ボクスターのデビューを記念して、718ボクスターの実車に加え、ポルシェの歴史を彩るミッドエンジンスポーツカー・・・

ニュースを読む

ポルシェジャパンから発表された『718ボクスター』は、2リットル300馬力のボクスターと、2.5リットル350馬力のボクスターSの2モデルが導入される。価格は658万円から。

この2つの718ボクスターのパワーに共通しているのは、「ともに先代モデルと比較し35馬力、出力が増えていることだ」とは、同社広報室PRマネージャーの木内洋治氏の弁。

また、このエンジンはパワーとともに燃料効率にも優れており、先代比で最大13%燃費が向上している・・・

ニュースを読む

ポルシェジャパンから発表された『718ボクスター』は、伝説的なミッドシップスポーツカー『718』のフィロソフィーを受け継いだモデルである。

初代ボクスターが市販されたのは1996年。「開発においてはポルシェの伝統と、革新的なテクノロジーが組み合わされた」と述べるのは、ポルシェジャパン広報室PRマネージャーの木内洋治氏だ。その一例は、ミッドシップロードスターであるポルシェ『550』を手本としたリアアクスル前方に搭載されたエンジンレイアウ・・・

ニュースを読む

【ポルシェ 718ボクスター】環境性能と走る楽しさを両立

by 内田俊一 on 2016年06月10日(金) 11時30分

ポルシェ『718ボクスター』は、ポルシェジャパンはもとより、ポルシェ本社にとっても極めて重要な戦略的ニューモデルだという。

1993年1月のデトロイトオートショーで発表された初代ボクスターは、コンセプトカーであったにもかかわらず高い反響を呼び、1996年に販売が開始された。「1990年代前半、経営的に難しい局面を迎えていたポルシェ本社にとって、この初代ボクスターはまさに起死回生のニューモデルとなり、生産システムの全面的な刷新も合わせ、・・・

ニュースを読む

ポルシェ『ボクスター』がフルモデルチェンジ。『718ボクスター』となった新型は、『ケイマン』と共通のパッケージとして開発された。

ポルシェマーケティング部マーケティングコミュニケーショングループの松岡直紀さんは、今回のフルモデルチェンジに関し、「ケイマンをクーペ、ボクスターをオープンとして、同一のパッケージで開発し、系統を“718”とした。そして、4気筒ターボエンジンを搭載したことが大きな特徴だ」という。

デザインは「キープコンセプ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かのっさ

デミオの良いところ悪いところ

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:かの***** さん
総合評価:

デミオの良いところは、内装がライバルコンパクトカーに比べてプラスチック部...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針