アクティ

カーライフニュース - アクティ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイハツ工業は5ドア2ボックス軽自動車「タント」シリーズのマイナーチェンジに加え、新時代のアウトドアモデルとして、楽しさとアクティブさを表現した新モデル『タントファンクロス』を追加し、10月3日に発売した。

アクティブ感とタフさを表現したスタイルや専用装備を採用し、広がるアウトドア志向の顧客ニーズに答えることを意図した。

タントは、2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新市場を開拓・・・

ニュースを読む

オリックス自動車、JTB、東武鉄道、トヨタレンタリース栃木などは国内初の環境配慮型・観光MaaS「NIKKO MaaS」で日光地域のネイチャーツアーなど15種類の体験・アクティビティが「NIKKO MaaS WEBサイト」からワンストップで購入・利用できるサービスを開始した(10月6日)。

今回の機能拡充で、日光国立公園の大自然を満喫できるネイチャーツアーや水上レジャー、着物レンタルや大衆演劇、観光貸切タクシーなどの観光コンテンツを拡・・・

ニュースを読む

BMWは9月28日、コンパクトミニバン『2シリーズアクティブツアラー』(BMW 2 Series Active Tourer)新型に今秋、欧州で入門グレードの「216i」を追加設定すると発表した。

◆1.5リットル直列3気筒エンジンは最大出力122hp
216iグレードには、最新世代の1.5リットル直列 3気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力122hp、最大トルク25.5kgmを引き出す。

エンジンのパワーは、ダブルクラッチの7・・・

ニュースを読む

フェラーリは9月13日、新型車『プロサングエ』(Ferrari Purosangue)を欧州で発表した。プロサングエは、フェラーリ史上初の4ドア4シーター車であり、フェラーリ初のSUV。そのハイライトの一例が、軽量シャシーと最新のアクティブ・サスペンションだ。

◆ねじり剛性は30%向上しビーム剛性は25%アップ
シャシーは完全に新設計された。妥協のない剛性を実現する構造を目指し、ゼロから設計された。下部シャシー構造は、すべて高強度のア・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は8月22日、軽スーパーハイトワゴンの新型『タント』に関する情報をホームページで公開し、先行受注を開始した。楽しさとアクティブさを表現した新モデル「タントファンクロス」が追加されている。発売は2022年秋を予定。

新型タントでは、「タントカスタム」のフロントフェイスを大幅に変更し、「押し出し感を強めた大人の上質・洗練さを表現した」とする。新たに設定されたタントファンクロスは、拡大するアクティブ系スーパーハイトワゴン市場に投・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『2シリーズ・アクティブツアラー』新型の発売記念イベント「BMW New Weekend Park」を8月27・28日の2日間、東京ミッドタウンにて開催する。

本イベントでは、広々とした空間と先進機能で家族との外出を彩る2シリーズ・アクティブツアラーが実現するライフスタイルを体感できる機会を提供。会場をショッピング、アウトドア、スポーツ、チルの4つのエリアに分け、大人だけでなく子どもも楽しめ・・・

ニュースを読む

アウディは8月19日、コンセプトカーの『アクティブスフィア』(Audi activesphere)を2023年に初公開すると発表した。

同車は、アウディが2021年8月から順次公開してきた次世代コンセプトカーの4番目のモデルだ。これまでの3台は、EVロードスターを提案していた『スカイスフィア』、大型EVサルーンを提案していた『グランドスフィア』、大型EVミニバンを提案していた『アーバンスフィア』。アウディは4台のコンセプトカーで、アウ・・・

ニュースを読む

ネクセンタイヤは、BMW『2シリーズ アクティブツアラー』新型に「N'FERA Sport」が新車装着用タイヤとして採用されたと発表した。装着サイズは205/65R16。

N'FERA Sportは、3+1ワイドグルーブによる優れた排水性能と、高速走行に最適化された非対称トレッドパターンを採用し、ドライ路面に加え、ウェット路面でも高い性能を発揮するスポーツタイヤ。またパターンデザインの最適化により高速安定性とハンドリング性能を大幅に向・・・

ニュースを読む

スピーカーは音の出口であるがゆえに、「何を使うか」で聴こえ方が大きく変わる。しかしカーオーディオでは、「どう鳴らすか」も問題となる。取り付け方やシステムの組み方でも、得られる結果に違いが出るのだ。当特集では、そこのところを深掘りしている。

◆「アクティブシステム」は、コストがかかる…。
さて、前回は「パッシブシステム」にスポットを当てた。それに引き続いて今回は、その対極的な鳴らし方である「アクティブシステム」について考えていく。

最・・・

ニュースを読む

林業専用のダンプカー…奥地まで入れる工夫 アクティオ

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月02日(土) 17時00分

総合建設機械レンタルのアクティオは、グループ会社である東海大阪レンタルと共同で、林業専用の四駆ダンプ『スタンションダンプ2.7t高床4WD』の本格レンタルを6月27日から開始した。

林業業界では深刻な人手不足の影響から、作業の簡略化や作業効率をもとめる声が多く寄せられている。また、近年の林業現場では、奥地での作業が増加。従来のフォワーダ(伐採現場と林道との間を往復する運搬車)では自動車に比べ走行速度が遅く、木材の搬出に時間がかかってし・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針