アクティ

カーライフニュース - アクティ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヒョンデ(現代自動車)は1月23日、高速走行時に発生する空気抵抗を最小限に抑え、EVの航続と走行安定性を向上させる「アクティブ・エア・スカート」(AAS)技術を傘下のキアと共同開発した、と発表した。

AASは、バンパー下部から流入する空気の流れを制御し、高速走行時の車速に応じて可変的に作動することで、車輪周辺で発生する乱流を効果的に抑制する技術だ。

EV時代には、1回の充電での航続の確保競争が激しくなり、クルマと空力性能の関係はます・・・

ニュースを読む

新感覚スノーアクティビティ、スキーバイク「RABITER」国内普及を目指す

by レスポンス編集部 on 2023年12月30日(土) 14時30分

ウインタースポーツシーズンの本格化を前に、公益創造センターは、運営する自転車販売サイト「E-サイクル・カミロ」にて、スキーバイク『RABITER』を発売した。

マウンテンバイクをベースにしたフレームの前後に専用のスキー板を取り付けたもので、スキーやスノーボードに比べて操作しやすく、疲労しにくいという特長がある。

「RABITER」は、同社が扱うスキーバイクのオリジナルブランド名で、2018年に開発され、北米を中心に世界中でこれまでに・・・

ニュースを読む

レクサスが新型『LM』を投入したのに続き、ボルボが『EM90』で高級ミニバン市場への参入を発表した。中国を中心に、ショーファー利用を目的とした高級ミニバンの需要が高まっている。そしてついに、BMWが追随する可能性が浮上しているという。

この噂をもとに、早速その姿を予想してみた。

BMWにはコンパクトミニバン(MPV)の『2シリーズアクティブツアラー』が存在するが、今回はより“大物”だ。高級サルーン『7シリーズ』の電動版『i7』をベー・・・

ニュースを読む

ダンロップ/住友ゴム工業は、ジャパンモビリティショー2023で新技術「アクティブトレッド」を発表した。この技術は、水や温度に応じてゴムの硬度を変化させ、ドライとウェットでほぼ変わらない制動距離を目指したもの。アクティブトレッドを採用したオールシーズンタイヤは2024年秋の発売を目指しており、様々な気象条件に対応し、自動車の安全性や省資源への貢献が期待される。・・・

ニュースを読む

タイヤの世界を大きく変革する技術としてジャパンモビリティショー2023で発表されたダンロップのアクティブトレッド。未来のタイヤを想像させる革新的な技術の中身をじっくり取材してきた。

◆路面状況や温度でゴムが変化する画期的な技術
CASEやMaaS、サスティナビリティへの対応などを含めた次世代のタイヤに関する技術を次々と開発しているダンロップ。近年はスマートタイヤコンセプトと呼ばれるテクノロジーを矢継ぎ早に投入し続けている。そんな中、先・・・

ニュースを読む

10月28日に一般公開がスタートした東京モーターショーあらためジャパンモビリティショー。空気式タイヤの発明者で、「ダンロップ」ブランドで知られる住友ゴム工業ブースに姿を見せた山本悟社長が強調したのは“発明”だった(会見10月26日)。

「タイヤといえば水で滑る、氷で滑るというのがこれまでの常識でした。その常識を覆すために研究開発を重ねてきた結果、私たちはゴムそのものを新発明しました。それが特許出願中のあらゆる道にシンクロするゴム、『ア・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、10月26日(一般公開は28日)から11月5日に東京ビッグサイトで開催されるジャパンモビリティショー2023にダンロップブースを出展。路面状況に応じて性能がスイッチする新発明のゴム技術「アクティブトレッド」を初公開する。

ダンロップブースのコンセプトは「WE SYNCHRONIZE.」。同社独自の新技術やソリューションサービスなど、CASE+サステナブルな社会のニーズ・期待に応える先進的な取り組みを紹介する。路面状況に・・・

ニュースを読む

BMWは9月27日、欧州向けの『X1』、『iX1』、『2シリーズ・アクティブツアラー』に11月から、最新の「BMW iDrive withクイックセレクト」を標準装備すると発表した。

最新のBMW iDrive withクイックセレクトでは、車両のさまざまな機能をより直感的かつ簡単に操作できるようになる。この新しいディスプレイとコントロール/操作システムは、「BMWオペレーティング・システム9」をベースとし、「BMWカーブド・ディスプ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は9月7日、フラッグシップクロスオーバーSUV『レガシィ アウトバック』の改良モデルを発表した。

今回の改良では、ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイトを全グレードに標準装備。また、シャークフィンアンテナにカメラを内蔵したスマートリヤビューミラーを採用し、ラゲッジルームの積載性能を確保しつつ安全性能を高めた。

さらに「リミテッドEX」の本革シート装着車にはシートベンチレーション/クッショ・・・

ニュースを読む

フォーカルオーディオジャパンは、アクティブ(パワーアンプ内蔵型)サブウーファーの新製品「iSUBアクティブ」を8月1日より発売する。価格は6万6000円。

iSUBアクティブは、20cm口径の薄型サブウーファーユニットと定格130W/最大260Wのハイパワーアンプを一体化したコンパクト設計の高性能アクティブサブウーファーだ。筐体はスタイリッシュで堅牢なアルミニウム押し出し材。高さ328×横幅230×高さ63mmのボディは同社従来モデル・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

ようやく、しかし立場が変われば…(...

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

バッテリー寿命延命(パルス波発生)装置[エコピュア]を取り付ける。バッテ...[ 続きを見る ]

運転志

危機意識が高いって事かな…?

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

取扱説明書にて「エンジンオイル量の点検はハッチ固定ボルト×6を外す」…面...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針