RVR

カーライフニュース - RVR

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱自、特別仕様車「アクティブギア」第3弾を RVR に設定

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月06日(金) 15時14分

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』に特別仕様車「アクティブギア」を設定し、11月16日から販売を開始する。

RVR アクティブギアは、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車で、ミニバン『デリカD:5』、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に続く第3弾。予防安全技術「e-アシスト」を標準装備した上級グレード「G」をベースに、SUVの楽しさ、頼もしさを強調し、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインとした。

内外装の・・・

ニュースを読む

三菱 RVR、上級グレードに予防安全技術「e-アシスト」を標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月06日(金) 12時15分

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』に予防安全技術を追加するなどの一部改良を施し、10月5日から販売を開始した。

今回の一部改良では、予防安全技術「e-アシスト」を上級グレード「G」に標準装備(「M」はメーカーオプション)。衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報、オートハイビームなどを備える。

エクステリアでは、前後バンパーとフロントグリルのデザインを変更、テールゲートにメッキガーニッシュを採用して、アグレッシブでスポーティ・・・

ニュースを読む

三菱米国販売13.5%減、RVR は9か月ぶりに増加 4月

by 森脇稔 on 2017年05月10日(水) 14時04分

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは5月3日、4月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は8375台。前年同月比は13.5%減と、4か月ぶりに前年実績を下回った。

1万1766の内訳は、乗用車が前年同月比31.4%減の2970台と、2か月連続で減少。SUVなどのライトトラック系は、前年同月比1.2%増の5405台と、3か月連続で前年実績を上回る。

SUVでは、主力車種の『アウトランダースポーツ』(日本名:『R・・・

ニュースを読む

三菱 RVR、岡崎製作所から水島製作所へ生産を移管

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年04月18日(火) 18時00分

三菱自動車は、小型SUV『RVR』の生産について、2017年12月末より、岡崎製作所(愛知県)から水島製作所(岡山県)へ移管すると発表した。

岡崎製作所では現在、RVRのほか、『アウトランダー』『アウトランダーPHEV』、年間約23万4000台を生産しているが、新型小型SUV『エクリプス クロス』の生産開始に合わせ、国内生産体制の最適化を図る。

一方、水島製作所では、輸出向け『ランサー』(日本名:『ギャランフォルティス』)『アイ・ミ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は4月5日、米国で4月12日に開幕するニューヨークモーターショー2017において、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)の2018年モデルを初公開すると発表した。

2018年モデルでは、フロントに三菱の新デザインコンセプト、「ダイナミックシールド」を採用。グリルやバンパーなどのデザインが一新され、より精悍でスポーティなフロントフェイスとした。

インテリアは、車載コネクティビティを強化。ダッシュボードには、7インチ・・・

ニュースを読む

現行『RVR』は2010年にデビューしたモデルで、初代から数えると3代目にあたる。搭載エンジンは1.8リットル、駆動方式はFFと4WDが用意されている。

試乗車は4WDの上級グレードとなる「G」。エンジンの最高出力は139馬力、最大トルクは172Nmで、トランスミッションは6速のATが組み合わされている。車両重量は1430kgでそこそこ重いのだが、走りは意外なほど軽快だ。エンジンは低速からしっかりトルクを発生しているし、ミッションとの・・・

ニュースを読む

【リコール】三菱 RVR など、エンジンECU不具合でエンスト

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月09日(木) 16時16分

三菱自動車は2月9日、『RVR』などのエンジン制御用コントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『RVR』『ギャラン』の2車種で、2009年12月11日〜2012年9月10日に製造された2万2621台。

エンジン制御ECUにおいて、アイドリング時の制御プログラムが不適切なため、エンジン回転状態を検知するクランク角センサーの出力信号に一時的な乱れや瞬断が発・・・

ニュースを読む

三菱 RVR、フロントデザインを一新…スポーティさを強調

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月09日(木) 15時00分

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』のフロントデザインを一新し、2月9日に発表、16日より販売を開始する。

エクステリアは、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。中央のブラックフェイスを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方から包み込むようなプロテクト形状とし、より精悍でスポーティなフロントフェイスとした。また、ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプ・・・

ニュースを読む

三菱自動車が11月下旬、日本国内で発表した『RVR』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国にも波及した。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから届け出を受けたRVRのリコール内容を公表している。

今回のリコールは、リアゲートのガススプリングの不具合が原因。リアゲートのガス封入式スプリングの外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐・・・

ニュースを読む

三菱 RVR のリコール、中国に拡大…テールゲートの不具合

by 森脇稔 on 2016年12月12日(月) 22時15分

三菱自動車が11月下旬、国土交通省に届け出た『RVR』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが中国市場に拡大した。

今回のリコールは、テールゲートのガススプリングの不具合が原因。テールゲートのガス封入式スプリングの外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が錆びる場合がある。

そのままの状態で使用を続けると、錆が進行し、外筒が膨らみエンドキャップが割れ、最悪の場合、テールゲートを開く際に外筒が破裂し、周囲の人が負傷するおそ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針