RVR

カーライフニュース - RVR

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱の米国販売、RVR が2年ぶりに増加 2020年第1四半期

by 森脇稔 on 2020年04月06日(月) 07時30分

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門の三菱モータースノースアメリカは4月1日、2020年第1四半期(1〜3月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は3万5563台。前年同期比は15.5%減と、マイナスに転じている。

SUVでは、『アウトランダー』が第1四半期、1万2809台を販売。前年同期比は6.8%減と後退する。『アウトランダーPHEV』は347台にとどまった。前年同期比は45%減と、引き続き減少する。
・・・

ニュースを読む

三菱 RVR、ブラックアクセントの特別仕様車発売 精悍さを演出

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月12日(木) 18時32分

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』に、ブラックをアクセントカラーとした特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、12月12日より販売を開始した。

特別仕様車は、上級グレード「G」をベースとし、ピアノブラック塗装とブラックを組み合わせた専用フロントグリルを採用。18インチアルミホイールをブラック塗装とすることで精悍さを高めた。加えてLEDターンランプ付電動格納式リモコンドアミラーをブラックマイカ、ベルトラインモールをブラックとし・・・

ニュースを読む

三菱自動車はコンパクトSUV『RVR』を一部改良し、全車をサポカーSワイドに該当させ、8月22日より全国で販売している。

改良されたRVRは、エクステリアデザインコンセプトを「Impact and Impulse」とし、三菱自動車のSUVがもつ力強さに加えて、洗練された都市型SUVとして、都会に映える魅力的で存在感あるデザインを目指している。また、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、左右から中央に向かって包み・・・

ニュースを読む

三菱自動車はコンパクトSUV『RVR』を一部改良し、フロント・リヤデザインを一新。全グレードをサポカーSワイドに該当させ、8月22日から販売を開始する。

エクステリアは、デザインコンセプトを「Impact and Impulse」とし、三菱自動車のSUVがもつ力強さに加えて、都会に映える魅力的で存在感あるデザインを目指した。

◆ダイナミックシールドを採用


フロントはデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をさらに進化。左右から・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、3月5日から17日までスイスで開催される「ジュネーブモーターショー2019」で、新世代SUVコンセプト『エンゲルベルクツアラー』およびコンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露する。

エンゲルベルクツアラーは、同社ブランドメッセージ「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィー「Robust & Ingenious」に基づく意匠を採用し、電動化技術によってSU・・・

ニュースを読む

三菱自動車は3月5日から17日までスイスで開催される「ジュネーブモーターショー2019」で、コンパクトSUV『ASX』(日本名:『RVR』)の2020年モデルを世界初披露する。

ASXは2009年の発売以来、北米、欧州、豪州、中国など約90か国で累計約132万台を販売している、三菱自動車の世界戦略車。今回の改良では、デザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」に基づき、エクステリアデザインを大幅に刷新している。

フロ・・・

ニュースを読む

三菱 RVR、予防安全技術「e-Assist」の採用グレード拡大

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月06日(木) 20時30分

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』を一部改良、安全装備を充実させ、9月6日より販売を開始した。

今回の一部改良では、「G」および「アクティブギア」のみに標準装備していた予防安全技術「e-Assist」の衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」、車線逸脱警報システム「LDW」、オートマチックハイビーム「AHB」を全車標準装備。また後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)「BSW/LCA」、後退時車両検知警報システム・・・

ニュースを読む

三菱米国販売23.4%増、RVR は5割増し 2018年上半期

by 森脇稔 on 2018年07月04日(水) 14時45分

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは7月3日、2018年上半期(1〜6月)の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は6万7327台。前年同期比は23.4%増と2桁増を達成する。

SUVでは、主力車種の『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)が回復。上半期は2万2415台を販売。前年同期比は48.8%増と、大きく伸びた。新型クロスオーバー車の『エクリプスクロス』は上半期、2966台を販売する。

また、『ア・・・

ニュースを読む

次に139ps/172Nm(17.5kgm)を発生する1.8リットルSOHCにパドルシフトつきCVTを組み合わせたパワートレインのパフォーマンス。1.4トン台の車重に対して余裕たっぷりとは言いがたく、転がすくらいならこれで十分というレベルにとどまる。

特徴的なのはスロットルボディとCVTの協調制御のチューニング。スロットルペダルを半分くらい踏み込むまではエンジン回転数をあまり上げず、スロットル開度も絞るようにセッティングされているよう・・・

ニュースを読む

三菱自動車のSUV『RVR』で北関東を中心に650kmあまりツーリングする機会があったので、インプレッションをお届けする。

RVRは2010年に発売されたCセグメントコンパクトクラスのSUVで、同車名のモデルとしては第3世代にあたる。1991年登場の初代、1997年登場の第2世代が乗用車ライクなボディをリフトアップして路面とフロアのクリアランスの余裕を持たせたクロスオーバーSUVであったのに対し、この第3世代は1クラス上の中型SUV『・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算53回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算53回目)を10/28に行いました。前回の給油から648.4k...[ 続きを見る ]

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針