シビック

カーライフニュース - シビック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダの米国部門は10月11日、現在開発中の新型『シビックSi』(Honda Civic Si)のレーシングプロトタイプの写真を公開した。

シビックSiは、米国向け『シビック』に用意されてきた高性能グレードだ。究極の高性能モデルの「タイプR」と、標準モデルの間を埋めるグレードになる。

新型シビックにも、「Si」がラインナップされる。ホンダの米国部門が写真を公開したのは、新型シビックSiをベースにしたレーシングプロトタイプだ。大型リア・・・

ニュースを読む

ホンダは、9月3日に発売した『シビック』新型の累計受注台数を発表。発売約1か月後となる10月7日時点で3000台を超え、月間販売計画(1000台)の3倍以上となる好調な立ち上がりとなった。

シビック新型は、先代から買い替え客を中心に、20代(23.9%)、50代(22.2%)の順に幅広い層から支持を得ている。

主な好評点としては、質の高いスポーティな走り、「運転の心地よさ」と「使い勝手のよさ」の両面が感じられるパッケージ、渋滞運転支・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は先日、『シビック・タイプR』次期型プロトタイプの画像を2点公開したが、今回スクープサイト「Spyder7」は、よりディテールがわかる14点の最新スパイショットを入手した。

公式画像では分かりづらかった「R」の文字と過去のシビックタイプRの輪郭が溶け込んだ、洒落たカモフラージュもはっきりと見える。

ドイツで撮影された最新プロトタイプは、ナンバープレートを装着。新設計されたエアロコンポーネントを装備し、アグレッシブであ・・・

ニュースを読む

ホンダ シビック「タイプR」新型、プロトタイプの写真

by 森脇稔 on 2021年10月05日(火) 07時30分

ホンダの米国部門は10月4日、新型『シビック・タイプR』(Honda Civic Type R)のプロトタイプの写真を公開した。

新型シビック・タイプRは、北米や日本市場で発表された新型『シビックハッチバック』をベースとする。現在、ドイツ・ニュルブルクリンクでの走行テストに向けて、準備が進められているという。

また、史上最高のパフォーマンスを発揮するべく、新型シビック・タイプRの開発は続けられている。新型シビック・タイプRの発売は、・・・

ニュースを読む

ホンダの中国部門は9月28日、新型『インテグラ』(Honda Integra)を発表した。

◆中国のインテグラは米国のアキュラ版とは別モデル

新型インテグラに関しては、ホンダの高級車ブランドのアキュラが、2022年に米国市場で16年ぶりに復活させると発表済み。5ドアのリフトバックセダンとして登場する予定だ。

これに対して、今回中国で発表された新型インテグラは、新型『シビックセダン』がベースの4ドアセダンだ。中国向けの新型インテグラ・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は9月20日、新型『シビック・ハッチバック』(Honda Civic Hatchback)を米国市場で発売した。現地ベース価格は、2万2900ドル(約250万円)と発表されている。

初代『シビック』は1973年、米国市場に導入された。それ以来、シビックは米国で約1200万人の顧客を獲得してきた。新型シビックハッチバックは、シビックシリーズとしては11世代目モデルになる。

◆最大出力180hpの1.5リットルターボ搭載・・・

ニュースを読む

北米カーオブザイヤー主催団体は9月21日、「2022北米カーオブザイヤー」(2022 North American Car of the Year)の第2次選考8車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で29回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2022北米カーオブザイヤーの第2次選考8車種は、以下の通り。

●アウディA3新型
・・・

ニュースを読む

【試乗】新型シビックZ世代より“G”世代に響く?

by 島崎七生人 on 2021年09月21日(火) 20時00分

新型『シビック』のターゲットユーザーは“Generation Z”と呼ばれる、生まれた時からインターネットがあった世代。とはいえ初代『シビック』が誕生した時(=1972年)にはとっくに生まれていた筆者(さしずめジェネG=爺!?)にも響く気がした。

話を聞くと“Z世代”はシンプル指向で、心地いいもの、上質感などを大事にするマインドだという。溢れる情報の中からアレもコレもと欲張らず、自分基準で価値のあるものを賢く取捨選択する術を身につけて・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は9月20日、新型『シビックハッチバック』(Honda Civic Hatchback)の生産を、インディアナ州グリーンズバーグ工場で開始した、と発表した。

初代『シビック』は1973年、米国市場に導入された。それ以来、シビックは米国で約1200万人の顧客を獲得してきた。ホンダは1986年以来、米国でシビックを製造しているが、シビックのハッチバックが米国で組み立てられるのは、新型が初めてという。

◆ロー&ワイドで水平・・・

ニュースを読む

無限(M-TEC)は9月3日、新型ホンダ『シビック』に対して各種パーツを開発・発表し、順次全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店より発売する。

シビック用無限パーツは「ダイナミック&スポーツ」をコンセプトに、スタイリングや走行性能といった車の本質に拘るユーザーに向けて、無限らしいスポーティさを高めるパーツをラインアップする。

エクステリアには、ハッチバックらしいスポーティな存在感を主張するアイテムを用意する。ワイドな印象を持たせ、・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ochan

大満足

車種名:トヨタ C-HR(ハイブリッド)
投稿ユーザー:och***** さん
総合評価:

通勤で高速8割の片道約70kmですが、メータ燃費は26km/lです。モー...[ 続きを見る ]

チャッピーパパ

久しぶりの無給油1,000km超え...

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:チャ***** さん
総合評価:

2017/6/26以来の無給油1,000km超えができました。 今年の秋...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針