XM

カーライフニュース - XM

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヤマハ発動機、スポーツスクーター XMAX に新色4カラー設定へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年03月13日(水) 17時00分

ヤマハ発動機は、水冷250cc単気筒エンジンを搭載するスポーツスクーター『XMAX ABS』のカラーリングを変更し、4月1日より発売する。

XMAX ABSは、MAXシリーズのイメージを受け継ぎ、時代を表す先進性と所有感を満たす上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせた人気のモデルだ。

新色はマットカラーとしトレンド感を強調した4色を設定。エレガントな「マットブルーメタリック3」、色鮮やかで上質な「マット・・・

ニュースを読む

ヤマハは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『XMAXアイアンマックス』(Yamaha XMAX Iron Max)を発表した。

ヤマハ『XMAX』は、排気量250ccクラスのビッグスクーターだ。ヤマハのスクーターシリーズでは、『TMAX』と『NMAX』の中間に位置している。

EICMA 2018で発表されたXMAXアイアンマックスは、XMAXの新仕様だ。アルミ製フットレストや専用デザインのシ・・・

ニュースを読む

洗練されたスタイリングと「MAXシリーズ」ならではの走りの良さ、快適性と実用性を高次元でバランスさせた新世代のスポーツコミューターが『XMAX』だ。排気量的にも『TMAX』と『NMAX』の中間を担うことになるが、ヤマハでも250ccクラスのスクーターとしては久々のニューモデルである。

加速と環境性能にも優れるBLUE COREエンジンを軽量&高剛性の新設計フレームに搭載していることに加え、注目すべきはフロントサスペンションの構造だ。モ・・・

ニュースを読む

いま、ヨーロッパで人気なのが、この『XMAX』だ。ヤマハは『TMAX』で欧州にて大成功を収めてきたが、そのダウンサイジング版も好調。最新型は2017年に300ccエンジンを積んでデビューした。

これまでもヨーロッパでは『XMAX250』が販売されていたが、新型で環境性能の高い「BLUE CORE(ブルーコア)」エンジン搭載となり、ヤマハはその250cc版を今年1月に国内ラインナップにも投入。待望だったヤマハの新型250ccスクーターで・・・

ニュースを読む

ヤマハ TMAX530 DX / XMAX 300、レッドドットアワードを受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年04月09日(月) 17時30分

ヤマハ発動機は4月9日、『TMAX530 DX』と『XMAX 300』が、世界的デザイン賞「レッドドットアワード プロダクトデザイン2018」を受賞したと発表した。2モデルは「グッドデザイン賞 2017」「iFデザインアワード 2018」に続き、3つ目のデザイン賞受賞となった。

TMAX530 DXは、スポーツバイクと同等の運動性能と、快適な移動を実現する装備や機能を融合させたスポーツコミューター。平日はコミューティング、週末はファン・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機、軽二輪スポーツスクーター XMAX ABS の日本導入を発表

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月26日(木) 09時30分

ヤマハ発動機は、新型水冷4ストローク249cc「BLUE COREエンジン」を搭載する軽二輪スポーツスクーター『XMAX ABS』を2018年1月25日に発売すると発表した。

新型スポーツスクーター「XMAX」シリーズは、すでに「XMAX300」を欧州で発売、「XMAX250」も3月の大阪モーターサイクルショーで初公開。スポーツスクーターとして一時代を築いたホンダ『フォルツァ』も生産終了が正式アナウンスされ、XMAXの国内販売が待たれ・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、欧州向け軽量スクーターの新製品『XMAX 300』を2017年3月より発売する。

欧州の126〜300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があり、通勤用途を主体に安定推移が見込まれている。今回発売するXMAX 300は、スタイリングと走りの良さで好評だった『XMAX 250』の後継モデルだ。

XMAX 300は、“MAXimize, commuting FUNction”のコンセプトのもと、走る楽しさと実用機・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、ダンロップの「エナセーブ」コンセプトタイヤが、三菱自動車が2017年秋に市販する予定の、スモールサイズのクロスオーバーMPVのコンセプトカー『ミツビシXMコンセプト』に採用された

XMコンセプトは8月11日から開幕した「インドネシア国際オートショー」で世界初公開された。

今回装着された「エナセーブ」コンセプトタイヤは、三菱自のフロントデザイン共通コンセプトである「ダイナミックシールド」をイメージし、SUVらしいスタイ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、11日から21日まで開催されるインドネシア国際オートショーに出展し、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー『ミツビシXMコンセプト』を世界初公開した。

『ミツビシXMコンセプト』は乗員7名の居住空間を確保、SUVらしいスタイリングや機能を融合させた、クロスオーバーMPVのコンセプトカー。このコンセプトを採用したスモールサイズのクロスオーバーMPVの市販が予定されている。新型車は、2017年より稼動するインドネ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、8月11日から21日まで開催される「インドネシア国際オートショー」に、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー「ミツビシ XMコンセプト」を世界初公開する。

ミツビシ XMコンセプトは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7名がゆったりくつろげる居住空間を確保。フロントフェイスには、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。また、伸びやかでスポ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぶひお

七年経過

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:ぶひ***** さん
総合評価:

いろいろ修理代がかかっています。ターボ冷却系交換、エンジン冷却系の液漏れ...[ 続きを見る ]

なついち

スバル・サンバー~本田バモス。今年の8月にバモスが車検で10万以上の見積...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針