ランチア

カーライフニュース - ランチア

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランチアのニュース

ステランティス傘下のランチアは2月14日、新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)をイタリア・ミラノで初公開した。4代目となる新型は、13年ぶりにモデルチェンジを受け、5ドアハッチバックのプレミアムEVとして登場している。


◆伝説的な『ストラトス』に着想を得た丸いテールランプ
新型イプシロンのフロントマスクには、2023年4月に発表されたコンセプトカーのランチア『Pu+Ra HPE』のモチーフを取り入れている。新型イプシロ・・・

ニュースを読む

イタリアのトリノ工科大学は2024年1月12日、自動車デザイナーのマルチェロ・ガンディーニに機械工学の名誉学位を授与した。機械、技術、スタイルを融合した画期的なエンジニアリング・ソリューションを自動車およびそれ以外の領域に応用した業績を評価したもの。

式典にあたりガンディーニは自身の青年時代を振り返り、「16歳のとき、ラテン語の本を買うべき小遣いで、代わりにダンテ・ジャコーザ著の内燃機関に関する本を買ったのが始まりだった。エンジニアリ・・・

ニュースを読む

キメラ・アウトモビリ(Kimera Automobili)は、往年のランチアのラリーカーをモチーフにした『EVO38』を、2月22日に発表する。同車のティザー写真を公開している。

同車は、グループBマシンのランチア「ラリー037」を現代的に解釈して、キメラ・アウトモビリが2021年に発表した『EVO37』の後継モデルだ。ランチアのラリー037は1983年、世界ラリー選手権でコンストラクターズのタイトルを獲得している。

キメラ・アウト・・・

ニュースを読む

ランチアは、ワールドプレミアを2月14日にイタリア・ミラノで行う予定の新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)について、新たなティザー写真を公開した。

◆新型の充電シーンやリアスタイルの新写真を公開
新たなティザー写真では、新型イプシロンの充電シーンを紹介している。また、リアスタイルの新写真も配信された。数々のラリーで勝利を収めた伝説的なランチア『ストラトス』に着想を得て、新型イプシロンには丸いLEDテールランプを装着する。・・・

ニュースを読む

ランチア復活の狼煙として開発が進められている第3世代『イプシロン』。2月にワールドプレミアが予定されている新型イプシロンの実車を、フルヌード姿で捉えることに成功した。

初代イプシロンは、1995年に誕生。バリエーション豊かな内外装をもつイタリア製コンパクトカーとして、世界で人気を博した。もともとはアウトビアンキが販売していたが、同じフィアットグループのランチアが受け継いだという経緯をもつ。

今回スクープしたのは、イタリアの市街地でプ・・・

ニュースを読む

日産『マーチ』に最初の“ボレロ”が設定されたのは、1997年10月、2代目マーチの時のことだった。

オーテックジャパン(当時)が手がけたモデルで、専用の“装い”を施すことでベースのマーチに対して外観、内装を差別化。所有する楽しみ、乗る楽しみをよりグレードアップしたモデルとなっていた。

方向性としてはクラシック調で、外観ではメッキのフロントグリル、バンパー部のオーバーライダー肩口のモール、ホイールキャップなどが特徴。

とくにフロント・・・

ニュースを読む

ランチアは、コンパクトモデルの新型『イプシロン』を2024年2月に、イタリア・ミラノにてワールドプレミアすることを発表した。現在ティザーキャンペーンを展開中だが、その市販型デザインに関する情報をスクープ班が入手した。復活する新生イプシロンの姿とは。

「Y」と表記された初代イプシロンは、1995年に誕生。バリエーション豊かな内外装をもつイタリア製コンパクトカーとして、世界で人気を博した。もともとはアウトビアンキが販売していたが、同じフィ・・・

ニュースを読む

ランチアは12月28日、ワールドプレミアを2024年2月に行う予定の新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)の新たなティザー写真を公開した。

新たなティザー写真では、新型イプシロンのリアスタイルの一部を紹介している。数々のラリーで勝利を収めた伝説的なランチア『ストラトス』に着想を得て、丸いLEDテールランプを装着する。このテールランプの赤いリングの内側には、新しいデザイン要素「Y」の文字が横向きにあしらわれている。

新しい・・・

ニュースを読む

ランチアは12月21日、2024年2月にワールドプレミアする予定の新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)の新たなティザー写真を公開した。

初代イプシロンは、『Y』のネーミングで1995年に登場した。小型車でありながら、約100色もの内外装色を自由に組み合わせられる点が人気を呼び、欧州で支持された。2011年春、ジュネーブモーターショー2011で発表されたのが、現行の3代目イプシロン。従来の3ドアハッチバックボディから、実用・・・

ニュースを読む

ステランティスは、傘下の「ランチア」ブランドが2026年に復活させる予定の『ガンマ』(Lancia Gamma)を、イタリア・メルフィ工場で生産すると発表した。

オリジナルのガンマは、ランチアが1976〜84年に生産し、販売していたミドルクラスモデルだ。ファストバックセダンと2ドアクーペの2種類が用意されていた。

2026年に復活させる予定のガンマは、ステランティスの4種類の次世代グローバルEVプラットフォーム「STLA」シリーズの・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

imzine

オイル消費が激しい

車種名:シトロエン C3
投稿ユーザー:imz***** さん
総合評価:

A55F01は、燃費には少し悪影響だが、オイル下がりがあるようだ。 1万...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針