ロールスロイス

カーライフニュース - ロールスロイス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロールスロイスのニュース

ボートショーに高級自動車が展示されることは珍しくなかったが、ここ数年のジャパンインターナショナルボートショーでは、運営側も高級車の展示に積極的なようだ。2019年のパシフィコ横浜に飾られた自動車の中でもっとも注目すべきはロールスロイス『カリナン』。

2018年に発表された、ロールスロイス初のSUVで、日本では1月からデリバリーが始まった。価格は3800万円からとアナウンスされているが、オプションやビスポークでカスタマイズされるのであま・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは、1907年型の名車『シルバーゴースト』へのオマージュとして、現行『ゴースト』をベースにした35台限定のビスポークコレクション(特別注文モデル)「シルバーゴーストコレクション」を日本に1台導入し、2月18日に都内で日本初公開した。

1907年型シルバーゴーストは、当時前例のない連続走行距離の新記録1万4371マイル(約2万3000km)を達成。空気のように静かに走行し、銀色の備品と塗装を施したことからシル・・・

ニュースを読む

ロールスロイス『ゴースト』次期型プロトタイプを全方向から、かつ鮮明にカメラが初めて捉えた。

ゴーストは、フラッグシップである『ファントム』の下に位置するモデルだ。ライバルにはベントレー『フライングスパー』やメルセデス・マイバッハ『S600』が挙げられる。2009年に初代がデビューして以来、実に10年ぶりのフルモデルチェンジを果たすことになる。

ドイツ・ミュンヘンの公道でキャッチした開発車両は、フルカモフラージュされているものの、次世・・・

ニュースを読む

ロールスロイス ゴースト 次期型を激写!ボディスタイルに大きな変化

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年01月26日(土) 08時00分

ロールスロイスの高級4ドアサルーン『ゴースト』次期型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ゴーストは2009年のジュネーブモーターショーで『200EX』として初公開。その年のフランクフルトモーターショーでは、ゴーストとしてワールドプレミアされている。その後2014年には、約5年ぶりにマイナーチェンジが行われ、「シリーズII」へと進化し、ヘッドライトやグリルがリフレッシュされた。日本では2014年10月か・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は同社の115年の歴史で過去最高の4107台で、前年比は22.2%増とプラスに転じた。

ロールスロイスの世界新車販売が、前年実績を上回ったのは、2年ぶりだ。これは、ブランド初のSUV、『カリナン』を投入した効果もある。

ロールスロイスによると、カリナンの受注は好調で、すでに2019年後半の生産・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは10月31日、ブランド初のSUV、ロールスロイス『カリナン』(ROLLS-ROYCE CULLINAN)の最初の量産モデルがラインオフした、と発表した。まずは地元英国の顧客に向けて、8台のカリナンが納車されている。

カリナンはボディサイズが全長5341mm、全幅2164mm、全高1835mm、ホイールベース3295mmと堂々の大きさを持つ。排気量6.75リットルのV型12気筒ガソリンツインターボエンジンを・・・

ニュースを読む

◆最高級のSUV、カリナンに試乗する

キャデラック『エスカレード』のロングボディ(日本未導入)やメルセデスベンツ『Gクラス』の6輪車といった特殊なモデルを除けば、ロールスロイス(RR)のニューモデル『カリナン』は今、世界最大にして最長のSUVであろう。なにせ、レンジローバーのロングボディよりも長いのだから。

もっとも、世界最大のサルーン・RR『ファントム』よりはさすがにひと回り小さい。フラッグシップモデルとしてのファントムの地位に揺・・・

ニュースを読む

中国の自動車大手の第一汽車(FAW)は9月7日、ロールスロイスの前のチーフデザイナー、ジャイルズ・テーラー氏をデザイン担当グローバル副社長兼最高クリエーティブ責任者(CCO)に任命した、と発表した。

第一汽車は、中国で最初の自動車メーカー。フォルクスワーゲングループやトヨタ、マツダなどと、合弁会社を設立している。

ジャイルズ・テーラー氏は、高級車のデザインで豊富な経験を持つ。ジャガーカーズに13年間勤務し、この間にジャガー『XJ』や・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は8月31日、中国で開幕した成都モーターショー2018において、新型『ファントム』の「プライバシー・スイート」を発表した。

プライバシー・スイートは、ロールスロイスの後席に座る乗員向けに、プライバシーを重視した新技術として設定されるもの。運転手との間で、プライバシーを確保することにより、さらに快適に移動したいというVIPの要望に応える。

プライバシー・スイー・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は8月28日、『ドーン・ブラックバッジ』のビスポークモデルを、グーグルのベンジャミン・スロス副社長に納車した、と発表した。

ドーン ブラックバッジは、ロールスロイスの2ドアオープンモデル、「ドーン」のスポーティ仕様。直噴6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジンは、パワーアップ。最大出力は563psから30ps引き上げられ、593psを獲得。最大ト・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Shone

燃費良いです

車種名:ホンダ CR-V(ハイブリッド)
投稿ユーザー:Sho***** さん
総合評価:

150 kmほど走行しました.とても燃費が良いです.現時点での平均燃費は...[ 続きを見る ]

よっちゃん

Suzuki カプチーノのエンジン...

車種名:スズキ ジムニー
投稿ユーザー:よっ***** さん
総合評価:

YouTubeを見ると、価格の残存率が、ポルシェ911並みだそうで、いい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針