BMW

カーライフニュース - BMW

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWのニュース

好きだなぁ、この無駄を削ぎ落としたミニマルでシンプルなフォルム。どことなくレトロであり、新しくもある。かつて『R80』を所有していた筆者からすると、懐かしい思いが入り交じりつつ、最新ボクサーツインのスタイリッシュさに惚れ惚れしてしまう。

シリンダーヘッドが左右に張り出したBMW伝統の水平対向2気筒エンジンは1169ccの排気量を持ち、最新版では進化と熟成を繰り返した結果、DOHC4バルブへと進化しているが、水冷ではなくあえて空油冷式を・・・

ニュースを読む

BMW M5、新型を発表…600馬力ツインターボ+歴代初の4WD

by 森脇稔 on 2017年08月22日(火) 10時30分

ドイツのBMWは8月21日、新型『M5』を発表した。

新型M5は、6世代目モデル。新型『5シリーズセダン』をベースに開発された。歴代M5として初めて、駆動方式を4WD化。新型『メルセデスAMG E63S 4MATIC+』やアウディ『RS6』などのライバルと同じく、ハイパワーを効率よく路面に伝達するための選択となる。

パワートレインは、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。現行型よりも高回転志向となっており、新開発の・・・

ニュースを読む

BMWモータースポーツのワークスドライバー、アウグスト・ファルフスが、「BMW Team Studie」の第3ドライバーとして、8月26日・27日に鈴鹿サーキットで行われるSUPER GT 第6戦「第46回インターナショナルSUZUKA 1000km」に参戦する。

BMW Team Studieは、BMWモータースポーツのワークスドライバーであるヨルグ・ミューラー、ルマン24時間耐久レースで優勝経験を持つ荒聖治を擁し、BMWグループ・・・・

ニュースを読む

BMWグループ 東京ベイ、二輪モデルの新車販売を開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年08月21日(月) 16時01分

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、東京ベイフロントに昨年開設したブランド体験型販売拠点「BMWグループ 東京ベイ」で、同社のニ輪車モデルであるBMWモトラッドの新車販売を8月21日より開始すると発表した。

日本最大級の自動車ショールームであるBMWグループ 東京ベイでは、これまでBMWおよびMINIブランドの四輪車販売およびサービス、さらに、BMWモトラッド各モデルの展示を行ってきた。今回、BMWモトラッドショールームにて各・・・

ニュースを読む

オートバックス、Ikebukuro BMW をリニューアル…8月26日

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年08月21日(月) 15時12分

オートバックスグループは、BMW正規ディーラー「Ikebukuro BMW」をリニューアルし、8月26日より営業を開始する。

Ikebukuro BMWは池袋駅から一直線、要町通り沿いに面したショールームとサービス工場が併設された拠点。今回の部分改装に伴い、開放感があるショールームに最新CIの床面や家具が導入され、よりプレミアム・ブランドに相応しい空間となる。

オートバックスグループは、オートバックス事業の収益拡大とともに、新事業の・・・

ニュースを読む

BMW M5 新型、カーボン製ルーフ採用へ…歴代モデルで初

by 森脇稔 on 2017年08月21日(月) 11時45分

BMWの高性能車部門、BMW Mは8月18日、新型『M5』にカーボンファイバー製ルーフを採用することを明らかにした。

カーボンファイバー製ルーフはこれまで、BMW Mの一部モデルに採用されてきた。M5の市販モデルへのカーボンファイバー製ルーフの導入は、新型が歴代M5で初となる。

カーボンファイバー製ルーフは、軽量化が目的。車両の重心高を引き下げる効果も狙っている。

なお、新型M5には、新開発の4.4リットルV型8気筒ガソリンツイン・・・

ニュースを読む

アンダー400cc、つまり普通2輪免許で乗れるBMW、それが『G310R』だ。

車体サイズはコンパクトで気負わず乗れるサイズだが、タンクにボリューム感があるし、座面の広いシートやワイド気味なハンドルで、排気量のわりには車格はしっかりとしている。

なのでライディングポジションにも窮屈さがなく、身長175cmの筆者が乗るとしっくりとくるから日本人の標準体型だと、まさに“ちょうどいい”といった印象。

ダウンサイジングモデルでありながら、・・・

ニュースを読む

多くの試乗記は、試乗会で短時間試してみるか、あるいは雑誌媒体などでは通常、箱根あたりまで往復してそのクルマを評価する。

しかし、PHEVに関していえば本当なら1週間ぐらい借りて乗ってみないとその本質はわからないと思う。何故ならば、電気が無くなった後のクルマの動きが重要になってくるからだ。クルマの動きというのは、運動性能という意味ではなくて、要するにバッテリーが無くなった時はエンジンとモーターがどのように動くかという意味である。

BM・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは8月17日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2017」において、BMW『コンセプトZ4』を初公開した。

コンセプトZ4は、2018年に発売される予定の次期『Z4』のデザインスタディモデル。BMWグループの新しいデザインの方向性を示唆したコンセプトカーでもある。

コンセプトZ4は、ロングホイールベースやコンパクトなリアエンドなどに、BMWのロードスターデザインの伝統を表現。短・・・

ニュースを読む

BMWのドイツ本社は8月11日、『M3セダン』と『M4クーペ』のカーボンファイバー製ドライブシャフトを、2017年11月生産分から廃止すると発表した。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

M

最高にカッコイイミニバン

車種名:ホンダ ストリーム
投稿ユーザー:M***** さん
総合評価:

大きすぎない取り回しの良いミニバンを探していて、ウィッシュやプレマシー、...[ 続きを見る ]

あきら

主に通勤での燃費

車種名:日産 ノート(ハイブリッド)
投稿ユーザー:あき***** さん
総合評価:

納車5か月目に入り、走行距離は12,600kmを超えました。 平均燃費...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針