BMW

カーライフニュース - BMW

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWのニュース

BMW最強の2ドアクーペ「M8」、輸送中の姿を激写…2018年秋登場か

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年12月11日(月) 21時00分

20年振りの復活となるBMWの最高級2ドアクーペ『8シリーズ』。その頂点に君臨するスポーツモデル『M8』市販型プロトタイプの姿を、輸送中に激写した。全体のカモフラージュもかなり薄くなり、ディティールもほぼ露出している。

ルーフエンドからトランクリッドへの流れるようなフォルム、鋭いヘッドライト、ワイドなキドニー・グリル、サイドからセンター方向へ伸びるテールライトは、コンセプトモデルの意匠が継承されているようだ。そしてM8ならではの特徴と・・・

ニュースを読む

動的な質、幅広いバリエーションを評価したBMW 5シリーズ…斎藤慎輔【カーオブザイヤー2017-18】

by 《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》 on 2017年12月11日(月) 20時30分

今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの斎藤慎輔氏はBMW『5シリーズ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。


なにより動的な質の素晴らしさを高く評価しました。単なるエンジン・・・

ニュースを読む

BMW M3次期型をスクープ!後ろ姿でもわかるハイパフォーマンス

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年12月11日(月) 12時00分

BMW『3シリーズ』次期型の頂点に設定されるであろう、『M3』(コードネームG80)開発車両をレスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

その瞬間は突然訪れたという。スクープカメラマンがミュンヘンのホテルへ向かう途中、「G80」は偶然目の前を通り過ぎ、とっさにシャッターを切ったという。その勇ましいエキゾーストノートは、明らかにベースモデルとは異なるものだったと語っている。

リアビューからは、Mサイドスカート、トラン・・・

ニュースを読む

BMWグループは、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017で初公開した『i8ロードスター』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

i8ロードスターには、ブレーキ機能を備えたクルーズコントロールシステムと、サラウンドビューを含む運転支援システムを標準装備。シティブレーキ機能を備えた衝突警告と歩行者警告、前後のセンサーによるパークディスタンスコントロール、ハイビームアシスタント、スピードリミットインフォメ・・・

ニュースを読む

BMWグループは12月5日、2017〜2018年に40の新型車を投入する計画を発表した。

この40車種には、新型車と改良モデルが含まれる。二輪車のBMWモトラッドについては、カウントされていない。

BMWグループは40車種の一部車名を公表。BMWブランドでは、『8シリーズクーペ』、その高性能版の『M8』、最上級SUVの『X7』がスタンバイ。また、「i」ブランドでは、『i8ロードスター』、ロールスロイスは新型『ファントム』を発売する予・・・

ニュースを読む

BMWグループは12月5日、「i」ブランドが『i1』から『i9』までの車名を商標登録した、と発表した。

BMWグループは「i」ブランドを、サスティナビリティを重視したライフスタイル提案ブランドに位置づけ。現行のラインナップは、小型EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』、PHVスポーツカーの『i8』の2車種のみ。

そのiブランドが今回、車種ラインナップの拡大を図る目的で、i1からi9の車名を商標登録。すでに市販されてい・・・

ニュースを読む

ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2017(12月3日、パシフィコ横浜)のBMWモトラッド ジャパンのブース、もっとも目立つ場所に置いてあったのは『R5 Hommage(アールファイブ オマージュ』だ。

80年以上も前に発売された『R5』を再現しつつ、現代の技術も採り入れているから面白い。まず、排気量500ccの水平対向2気筒にはスーパーチャージャーがセットされ、カバー類やグリップエンドから伸びるレバーはアルミ削り出し、エキパイはス・・・

ニュースを読む

BMWの「i」ブランドは12月5日、自動車のブランドとして初めて、「iOS 11」に搭載のアップル「ARKit」に対応した拡張現実感(AR)アプリを配信すると発表した。

ユーザーは、iOS用の「BMW i Visualiser App」を介して、インタラクティブにBMW i車を体験することが可能に。このアプリは6s / 6s Plus以降のiPhoneにダウンロードでき、アップルのiPad ProまたはApple iPadでも動作する・・・

ニュースを読む

BMWグループは12月5日、「i」ブランドが『iX1』から『iX9』までの車名を商標登録した、と発表した。

BMWグループは「i」ブランドを、サステイナブル(持続可能)なブランドに位置づけ。現在、コンパクトEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』、PHVスポーツカーの『i8』をラインナップしている。

そのiブランドが今回、iX1からiX9の車名を商標登録。BMWの「X」は、SUVを指すことから、iブランドが電動SUVの・・・

ニュースを読む

BMW X5 次期型、M社チューンの「M50i」を初投入へ

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年12月06日(水) 20時00分

BMWのクロスオーバーSUV『X5』次期型(コードネームG05)に投入される高性能モデル『M50i』の姿をキャッチ。軽偽装のプロトタイプを鮮明に捉えることに成功した。

剥き出しにされた大型キドニーグリル、新世代のヘキサゴンLED、大径エアインテークが確認出来る。さらにブルーの「Mパフォーマンス ブレーキキャリパー」や「Mスポーツエキゾースト」などから、新たに設定される「M50i」に間違いないと思われる。

専用のインテリアやアグレッシ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

FD乗り

燃費と5AGS

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

500km走行後の感想。標準モードではCVTのにゅるにゅる感がなく、ギア...[ 続きを見る ]

もぶすけ

ビックリしました!

車種名:三菱自動車 eKスポーツ/アクティブ
投稿ユーザー:もぶ***** さん
総合評価:

25年位前に三菱の軽自動車を中古車で購入した所、直ぐパワステが壊れて返品...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針