宮崎壮人

カーライフニュース - 宮崎壮人 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国内最大のマリンイベント、「ジャパンインターナショナルボートショー2019」が7日、パシフィコ横浜で開幕した。総額110億円にものぼる約260艇のボートを展示、4日間で5万5000人の来場を見込む。会場で最大面積を誇るヤマハ発動機ブースでは、新型を含む17艇など展示するほか、会員制マリンクラブ「Sea-Style」やボート免許教室などソフト面の充実をアピールする。

大型ボートや大型船外機の需要は世界で伸び続けており、ヤマハの2018年・・・

ニュースを読む

ADIVA(アディバ)は22日、クラシカルなスタイルで人気の125ccネオレトロスクーター、プジョー『ジャンゴ』シリーズの2019年モデルとして、3機種を発表。同日より全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売を開始する。

2019年モデルとして発表されたのは、スタンダードな「ジャンゴ 125 ABS」、2トーンカラーがポップな「ジャンゴ 125 エバージョン ABS」、スポーティイメージの「ジャンゴ 125 スポーツ ABS」の3・・・

ニュースを読む

ADIVA(アディバ)は22日、クラシカルなスタイルで人気のネオレトロスクーター、プジョー『ジャンゴ』シリーズの「アリュール」に、追加装備を施した特別仕様車「ジャンゴ 125 アリュール ABS DX」を設定。同日より全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売を開始する。

ジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルに、ABS、スマートフォン用電源・・・

ニュースを読む

ADIVA(アディバ)は22日、世界最古のモーターサイクルブランドである「プジョー」の120年を超える歴史を記念した限定モデル『ジャンゴ125 ABS 120thリミテッドエディション』を設定。同日より限定100台を、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売すると発表した。

モーターサイクルブランドとしてのプジョーは、1898年にディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー初のモーターサイクルを第1回パリモーターショーで発表した・・・

ニュースを読む

レクサスの新たな主力モデルとして2018年11月に登場した都会派クロスオーバーSUV『UX』。SUV人気もさることながら、GA-Cプラットフォームの採用や軽量化によるハンドリングの良さ、新開発のパワートレーンによる動力性能の高さなど、クルマとしての基本性能は一定の評価を受けている。今回は、2リットルガソリンモデルの「UX200 F SPORT」を36枚の写真で紹介する。

UXのボディサイズは全長4495mm、全幅1840mm、全高15・・・

ニュースを読む

車いす乗降時の作業の煩雑さ、時間がかかるなど、タクシードライバーや車いす利用者から改善の声が上がっていたトヨタの『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』。これに対しトヨタ自動車は2月4日、一部改良車を3月に発売することを発表。さらに、すでに販売した約1万台に対し、乗降作業を簡素化する交換部品を無償配布することを明らかにした。一部改良車では、一連の作業を3分程度まで短縮するという。

ジャパンタクシーは2017年10月に発表、以来2018・・・

ニュースを読む

ベントレーモーターズジャパンは31日、英国ベントレーのラグジュアリーSUV『ベンテイガ』に日本限定特別仕様車『ベンテイガ A limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan』を設定、限定10台を販売すると発表した。

ハンドメイドにこだわるベントレーのパーソナルコミッショニング部門「マリナー」が手がけた、極上のビスポークモデルだ。

エクステリアカラーは専用色。ベージュやパールのように・・・

ニュースを読む

イギリスの高級車ブランド・ベントレーは、第3世代となるオープン・グランドツーリングカー『コンチネンタルGT コンバーチブル』を31日に日本初公開。2019年第3四半期よりデリバリーを開始すると発表した。価格はクーペのコンチネンタルGTより250万円高い2818万円(税込)。

エクステリアデザインの基本要素はコンチネンタルGTと共通。流麗なシルエットはそのままに、開閉可能なソフトトップルーフを備える。開閉状態にかかわらず、ベントレーらし・・・

ニュースを読む

「プロ仕様」がウケてるというトヨタの本格ピックアップトラック『ハイラックス』。そのハイラックスに、トヨタ公式カスタムとも言える特別仕様車「Z“Black Rally Edition”」(ブラックラリーエディション)が登場した。オフロード性能はそのままに、ストリートでも存在感を放つ「ブラック」な専用エクステリアを採用しているのが特徴だ。

ブラックラリーエディションのベースとなっているのはハイラックスの上級グレード「Z」。これに、様々なブ・・・

ニュースを読む

平成最後の東京オートサロン2019が開催されているが、会場に「昭和の香り」を感じさせるアイテムを見つけた。ダイハツブースで販売されている『1/32 ミゼットMP4 ダイキャストミニカー』だ。今回のショーで初公開、限定1500台のプレミア商品となっている。

映画『三丁目の夕日』にも見られた昭和レトロな「オート三輪」の代名詞ミゼット。1957年から1972年まで販売され、多い月では8500台を販売したという名車だ。今回はこれを精巧なディテ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Dr.バスケ馬鹿

実燃費 27.2063492063...

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:Dr.***** さん
総合評価:

発表されて直ぐに買い、もう直ぐ4年になります。 暖かくなってきたので、や...[ 続きを見る ]

NV200

一人で使うにはいい車

車種名:日産 NV200バネットバン
投稿ユーザー:NV2***** さん
総合評価:

5万キロ乗りましたがMTで燃費計で14.4キロ/L 実際は13キロ台でし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針