宮崎壮人

カーライフニュース - 宮崎壮人

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは11月20日より2代目となる新型『N-ONE』を発売する。好評だった外観デザインをほぼそのまま踏襲し、内装やプラットフォームを一新するという斬新なモデルチェンジをおこなった。先進安全装備を充実させ、6MTを採用するモデルも設定。価格は159万9400円から。

N-ONEは1960年代にヒットしたホンダの代表車種『N360』の魂を受け継いだモデル。レトロ感あふれる親しみやすいフロントマスクや、ホンダらしい素性の良い走行性能から、・・・

ニュースを読む

トヨタが「究極のエコカー」とうたう燃料電池車(FCV)『MIRAI(ミライ)』新型の市販モデルに関する概要が2日、明らかになった。FCVの市場開拓を命題とした従来型の初代に対し、新型は「FCVであることは魅力の一部」であるとして、クルマの本質である上質なセダンとしての魅力を磨き上げた。

市販プロトタイプの生写真とともに、初代との違いを含め、明らかになった内容を紹介する。

◆「トヨタの最上級セダン」を目指した


12月の発表が予告さ・・・

ニュースを読む

10月21日、ポートメッセなごやで自動車技術展、「第3回 名古屋オートモーティブワールド」が開幕した。毎年1月に開催される東京展と双璧をなす規模に成長した同展は、今回で3回目。自動車のコネクティッド、自動運転、シェア&サービス、電動化であるCASEの最新技術がわかる計5展で構成し、410社が出展する。一方で、コロナ禍の影響を鑑み、新たに「オンライン商談サービス」も開始した。

オートモーティブワールドは、クルマの先端技術分野で世界最大ク・・・

ニュースを読む

三菱自動車は15日、クーペSUVの新型『エクリプスクロス』の予約注文を開始した。新型は車体前後のデザインを大幅に変更しイメージチェンジ。さらに新たにPHEV(プラグインハイブリッド車)を追加したのが目玉だ。発売は12月で、PHEVモデルのメーカー希望小売価格は約385万円から。SUVと電動化、三菱の強みを活かしてブランド強化を図る。

◆フロント・リヤデザインを一新


新型ではガソリンモデル、今回追加されるPHEVモデルともにデザイン・・・

ニュースを読む

2020年9月13日、ホンダが世界に誇るミッドシップ・スーパーカー『NSX』が、初代の発表から30周年を迎える。これを記念してホンダは、ウェブサイトに特設ページを開設。NSXの歴史やストーリー動画、開発者からのメッセージなどを公開する。

NSXは世界初のオールアルミ・モノコックボディのミッドシップ・スポーツカーとして、1990年9月13日に発表された。2代目となる現行NSXは、3モーターハイブリッド・スーパーカーとして2016年8月2・・・

ニュースを読む

ホンダは9月1日、2020年秋にマイナーチェンジを予定している上級ミニバン『オデッセイ』に関する情報をホームページで先行公開した。大きく変わったフロントマスクのほか、計3点の画像が公開されている。

現行のオデッセイは2013年に登場。オデッセイとして初めて両側スライドドアを採用し、従来よりも高級色を強めたことで話題となった。2017年の改良では、デザイン意匠の変更や先進安全装備の標準採用化などを実施。登場から7年を迎え、より大胆なイメ・・・

ニュースを読む

営業マンのための運転マナー講習や、役員送迎車両運転手の運転技術教育などで実績を持つショーファーデプトが新サービス「ドライビングフィットネス for Senior」を提供する。

近年、高齢ドライバーの運転ミスによる痛ましい交通事故が問題視されている。このため高齢者の運転免許更新には、認知力や運転技能の検査が義務付けられるなど、政府も対策を急いでいることは周知の通りである。

コロナ禍で感染リスクが低く安心できる移動手段として、自家用車が・・・

ニュースを読む

大ヒットコンパクト『ヤリス』の資質を継承した新型コンパクトSUV、トヨタ『ヤリスクロス』。今秋の発売に先駆けお披露目されたプロトタイプの姿からは、想像以上に本格派な一面が見えてきた。明かされた新情報とともに、60枚の写真を紹介しよう。

◆ヤリスの系譜というよりも「ミニRAV4」的


ヤリスクロスは、ヤリスと同じコンパクトカー向けTNGAプラットフォーム「GA-B」、1.5リットル・ダイナミックフォースエンジン、そしてハイブリッドシス・・・

ニュースを読む

レクサスは12日夜、延期していた新型『IS』の世界初披露を6月16日午前8時00分にオンライン上でおこなうことを発表した。同時に、わずか5秒のティザー動画をYoutubeで公開している。

新型ISの発表は当初、6月10日におこなわれる予定だったが、世界情勢を鑑みて延期を決定していた。

ティザー動画からは、シルバーのボディ色、「F」のエンブレム、Cピラーの形状、そしてこれまでは特徴的なリアコンビネーションプの形状しかわからなかった車体・・・

ニュースを読む

トヨタは、新型『RAV4』のプラグインハイブリッドモデル『RAV4 PHV』をまもなく発売することを正式に発表した。EV走行距離95km、ハイブリッド走行で航続1300kmを実現。さらに最高出力306psを発揮するなど、最上位モデルにふさわしい走行性能も手に入れた。トヨタのSUVとしてプラグインハイブリッドシステムを搭載するのは初めて。

RAV4は1994年に初代が登場、今年4月には世界販売1000万台を達成するなど国内外で高い人気を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針