宮崎壮人

カーライフニュース - 宮崎壮人

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディは4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、「レベル4」自動運転に対応したEVコンセプト『AI:ME』を公開した。「未来の大都市のためのモビリティ」を提案するモデルとして様々なアイデアや機能が盛り込まれているが、注目はインテリアに生えた「草」だ。これは自動運転時代のクルマの居住空間のあり方を示す、アウディならではのアプローチだという。


展示されたAI:MEのコックピットを見ると、まずステアリングが見当たらない。メータ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、3列シートPHEVのコンセプト『MITSUBISHI e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)』を発表した。3月のジュネーブモーターショーで初公開となった『エンゲルベルクツアラー』の進化版としての位置付けで、外装の一部やADAS機能がアップデートされているという。

e-Yi CONCEPTは、ツインモーター4WDのPHEVで、三菱自動車のブランド・メッセージ“Driv・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、新型電気自動車(EV)『C-HR EV』と『イゾアEV』を世界初公開。電動化とトヨタの新プラットフォーム「TNGA」を軸として、「中国の多様なニーズに対応していく」(吉田守孝副社長)とアピールした。

開幕の封切りとなったプレスカンファレンスでは、“ミスターTNGA”とも言われる吉田副社長が登壇。「中国で新たに販売する新型車について2つの軸から紹介する。ひとつはモビリティ・・・

ニュースを読む

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開した。トヨタ『アルファード』と車体を共有するが、シートは3列ではなく2列、独立した4席を持ち、ビジネスクラス以上の豪華で快適な空間を作り上げた。

LMはレクサスの最上級シリーズ、『LS』『LC』『LX』に加わる新たなモデルで、「最上級の空間」を実現したモデルとなる。

デザインはアルファードな・・・

ニュースを読む

クルマ好きのための祭典「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」が4月14日に開催された。国内外のメーカーによる話題の新型車の展示や試乗、サーキット走行や体験イベントなど、様々な催しが用意され、多くのクルマ好きで賑わった。

前日まで厳しい寒さや雨が予想されたが、この日は晴天に恵まれ、周辺で満開の桜と合わせてクルマ文化をたっぷりと味わうことができるイベントとなった。


今年で4回目となるモーターファンフェスタは「“試・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車ブランド・アウディが世界的な取り組みとして展開する体験型イベント「アウディ・ドライビング・エクスペリエンス(ADE)」。そのひとつである「アウディ・アイス・エクスペリエンス・イン・スウェーデン」に参加することが叶った。参加費用40万円(しかも渡航費は別)と高額にも関わらず、世界中から申し込みが殺到、しかも参加者にはリピーターも多いという。なぜそこまで人を惹きつけるのか。その魅力に迫った。

◆アウディRS4アバントで「走り・・・

ニュースを読む

スノーモービルや水上バイクを製造・販売するBRPから、新型3輪モーターサイクル『カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)』が登場。3月29日より販売を開始した。AT限定の普通自動車免許でも運転できる新感覚の3輪モーターサイクル(トライク)で、価格は135万9000円から。

BRPはカンナムブランドとして、大型の3輪モーターサイクル『カンナム・スパイダー』を販売している。新型ライカーは、これよりも小型で車体も低く、また2気筒600・・・

ニュースを読む

国内最大のマリンイベント、「ジャパンインターナショナルボートショー2019」が7日、パシフィコ横浜で開幕した。総額110億円にものぼる約260艇のボートを展示、4日間で5万5000人の来場を見込む。会場で最大面積を誇るヤマハ発動機ブースでは、新型を含む17艇など展示するほか、会員制マリンクラブ「Sea-Style」やボート免許教室などソフト面の充実をアピールする。

大型ボートや大型船外機の需要は世界で伸び続けており、ヤマハの2018年・・・

ニュースを読む

ADIVA(アディバ)は22日、クラシカルなスタイルで人気の125ccネオレトロスクーター、プジョー『ジャンゴ』シリーズの2019年モデルとして、3機種を発表。同日より全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売を開始する。

2019年モデルとして発表されたのは、スタンダードな「ジャンゴ 125 ABS」、2トーンカラーがポップな「ジャンゴ 125 エバージョン ABS」、スポーティイメージの「ジャンゴ 125 スポーツ ABS」の3・・・

ニュースを読む

ADIVA(アディバ)は22日、クラシカルなスタイルで人気のネオレトロスクーター、プジョー『ジャンゴ』シリーズの「アリュール」に、追加装備を施した特別仕様車「ジャンゴ 125 アリュール ABS DX」を設定。同日より全国のプジョーモトシクル正規ディーラーで販売を開始する。

ジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルに、ABS、スマートフォン用電源・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ときわ公園

燃費27.0km/L

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

走行距離13500km。長距離通勤に使ってますが、結構なエコ走行だと思い...[ 続きを見る ]

gokuhaze

通勤での実燃費がカタログ燃費をはるかに超えるリッター20km/L なかな...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針