4WD

カーライフニュース - 4WD

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダ『ZR-V』を雪上で走らせた。まだ発売前というのに、街中や高速道路を走らせてもらったと思えば今度は雪上。試乗記のティザーと考えても盛り沢山といった感じだ。ホンダ広報に聞いても発売のこんな手前からメディアに複数回乗ってもらうのは初めてではないかと言う。確かに国産車では珍しい。輸入車ではかつてあったかもしれないが。

試乗は山形駅を起点に蔵王方面で行われた。メインに走らせたのはe:HEV(ハイブリッド)+4WD。ガソリン車の4WDとe・・・

ニュースを読む

日産自動車は12月21日、ミドルクラスミニバン『セレナ』新型について、未定としていたガソリン車4WDの価格を発表した。

ガソリン車4WDモデルは303万4900円から353万5400円で2023年春に発売する。ガソリン車2WDモデルは276万8700円から479万8200円で12月22日より販売を開始。e-POWER車は来春の発売となる。

6代目となるセレナ新型は、初代から受け継がれる室内空間の広さや利便性はそのままに、移動時の快適・・・

ニュースを読む

アルファロメオは11月17日、新型コンパクトSUV『トナーレ』(Alfa Romeo Tonale)の欧州仕様車に設定するブランド初のPHEVのモデル名を、「トナーレ・プラグインハイブリッドQ4」と発表した。「Q4」とは、アルファロメオの4WD車に付される名称だ。

PHEVシステムは、排気量1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「MultiAir」エンジン(最大出力180hp)が6速ATを介して前輪を駆動し、電気モーター(最大出力12・・・

ニュースを読む

シトロエン『2CV』に乗るオーナーを中心とした2cv camping 2022 秋が、11月19日から20日にかけて開催された。

今回で4回目となるこのキャンプは、長年2CVに乗っている友人同士の会話から始まったそうだ。「その友人がキャンプ場を始めるというので、ほかの2CVに乗っている友人たちに声をかけてキャンプをしよう」。一方で、2CVに乗っている人たちが果たしてキャンプに参加してくれるか心配だったとも。しかしいざ蓋を開けてみると、・・・

ニュースを読む

ジープ『レネゲード』、全車4WDに

by 森脇稔 on 2022年10月02日(日) 10時30分

ジープは9月30日、『レネゲード』(Jeep Renegade)の2023年モデルを米国で発表した。

2023年モデルでは、入門グレードの「スポーツ」を廃止した。「ラティチュード」、「リミテッド」、「トレイルホーク」の3グレード構成となり、全グレードが4WDのみとなる。

また、2023年モデルでは、装備の充実が図られた。パワートレインは、1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンに、セグメント初の9速ATを組み合わせている。・・・

ニュースを読む

ミニバンやSUVの普及ですっかり小型貨物商用車専用モデルになってしまった『タウンエース』だが、キャンピングカーとしても見直されつつある。「横浜キャンピングカーショー2022」でトヨタ系ディーラーがタウンエースのキャンピング特別仕様車を展示。

「トヨタモビリティ神奈川」のブースで、ホワイトとブルーグレーの2トンカラーのタウンエースを発見。展示車は「DX」グレードをベースにした同社のキャンパーパッケージにオプションパーツを装着したもの。キ・・・

ニュースを読む

日産自動車は、『NV200バネット』のバン4WDモデルを一部仕様向上し、9月9日より販売を開始した。

今回の一部仕様向上では、バン4WDの最大積載量を2名乗車時は従来より150kgアップの650kgに、5名乗車時は100kgアップの400kgとすることで、使い勝手を向上させた。

NV200バネット バン4WDモデルの価格は256万1900円から279万8400円。

また、日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は、NV200バ・・・

ニュースを読む

2022年7月19日、日産はコンパクトSUV『キックス』のマイナーチェンジを発表、待望の4WDモデルを追加し、同日より発売することを発表した。

約2年前に登場したキックスは、SUVでありながらも、全車FFのみのラインアップ。南米向けに2016年から製造されていたキックスであったので、日本ほど4WDを必要とされていなかったのだが、日本導入の際にも4WDが設定されなかったのは、「e-POWER」と組み合わせることができる適切な4WDシステ・・・

ニュースを読む

日産 セレナ 4WD車、ブレーキパイプ損傷・液漏れのおそれ…リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月01日(金) 12時45分

日産自動車は6月9日、日産『セレナ』/スズキ『ランディ』4WD車のブレーキに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2021年12月8日〜2022年2月16日に製造された824台。

対象車両はブレーキホースブラケットの車体への溶接作業が一部不適切なため、ブラケットが外れ走行振動によりブレーキパイプが車体に干渉し異音が発生する。そのままの状態で使用を続けると、ブレーキパイプが損傷し液漏れが発生す・・・

ニュースを読む

兄貴分にあたる『Eクラス』のそれと同じ、「オールテレイン」の名称が『Cクラス』にも誕生した。

Eクラスのオールテレインが登場したのは2017年。現行Cクラスオールテレインと同じ「220d」の名を持つOM654というエンジンを搭載していたのだが、最新のC220dはそれよりも進化したOM654Mと呼ばれるエンジンを搭載する。

40mm引き上げられた地上高、だがロール剛性は
ただ、最新のカタログを見るとEクラスのオールテレインは少なくとも・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針