軽自動車

カーライフニュース - 軽自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

軽自動車販売、日産 デイズ が前月比7割減で10位転落 4月車名別

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月11日(月) 13時30分

全国軽自動車協会連合会は5月11日、2020年4月の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で、各モデルの販売台数は大きく落ち込んだ。

ホンダ『N-BOX』は5か月連続のトップとなったものの、販売台数は前年同月比27.6%減の1万4034台と伸び悩んだ。2位のダイハツ『タント』は同28.7%減の8295台。3位のダイハツ『ムーヴ』は同31.5%減の6877台だった。

前月(・・・

ニュースを読む

全国軽自動車協会連合会は5月1日、2020年4月の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同月比33.5%減の9万8255台、東日本大震災による影響があった2011年5月以来、8年11か月ぶりに10万台を割り込んだ。

軽自動車新車販売台数はこれで7か月連続のマイナス。3月は7.6%減と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による影響は現れていなかったが、4月に入り、販売に大きな影響を与えていることが明らかになった。

車種別では、・・・

ニュースを読む

「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、軽自動車に乗る前の印象と実際に乗った後とのギャップを調査。イメージはしていたけど、と想像以上のギャップの大きさが浮き彫りになった。

軽自動車は普通自動車に比べて車検代金や自動車保険料、税金などが安く設定されているため、維持費が抑えられる。その一方、購入の際、積載性や動力性能などに不安を抱くユーザーも多い。今回、実際に軽自動車を選んだ人に対し、実際に乗る前と乗った後とのイメージのギ・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会は、2019年度に実施した軽自動車使用実態調査の結果を取りまとめた。

調査は、1981年より隔年で実施しており、軽自動車の使用状況や軽自動車ユーザーの生活意識・消費行動の実態から、社会の要望に対して軽自動車が置かれている位置づけを明らかにすることを目的としている。

調査結果によると、軽自動車を使用している人は乗用系で65歳以上が約3割と増加し、年収400万円未満の人が3割以上を占めている。使用頻度では「ほとんど毎日」・・・

ニュースを読む

軽自動車への移行やハイブリッドの増加が継続 乗用車市場動向調査

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年04月09日(木) 11時45分

日本自動車工業会は、2019年度に実施した乗用車市場動向調査結果をまとめた。

調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯における乗用車の保有、今後の購入意向などを隔年で調査し、需要の質的変化の見通しに役立てようとするもの。今年度は保有状況・使用実態・今後の購入意向について時系列の動きに主眼を置いた。また、トピックとして次世代自動車、先進安全技術、次世代技術、高齢層および若年層に注目した。

時系列調査の結果では、乗用車世帯保有率は79.8%・・・

ニュースを読む

全国軽自動車協会連合会は4月6日、2019年度(2019年4月〜2020年3月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年度比3.3%増の24万7707台で、5年連続のトップとなった。

2位には、昨年9月にフルモデルチェンジしたダイハツ『タント』が前年の3位から1ランクアップ。同21.1%増の17万2679台と好調なセールスを記録したが、首位N-BOXに7万5028台の大差をつけられた。3位には同0.9%・・・

ニュースを読む

国交省の燃費ランキング2019 登録車1位はプリウス、軽自動車はアルト

by レスポンス編集部 on 2020年04月02日(木) 10時45分

国土交通省が発表した2019年自動車燃費ランキングによると、最も燃費の良い乗用車は、普通・小型自動車がトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』、マツダ『キャロル』となった。

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の高い自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表するとともに、燃費の良い乗用車のランキングを公表している。

今回、2019年末時点の「自動・・・

ニュースを読む

軽自動車新車販売、3年ぶりのマイナス…3.5%減の185万5967台 2019年度

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年04月02日(木) 07時45分

全国軽自動車協会連合会は4月1日、2019年度(2019年4月〜2020年3月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年度比3.5%減の185万5967台で3年ぶりのマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同3.1%減の143万9482台、貨物車は同4.7%減の41万6485台でともに3年ぶりのマイナス。貨物車の内訳は、ボンネットバンが同8.3%減の4万5099台で2年ぶりのマイナス。キャブオーバーバンは同5.2%減の19万1776・・・

ニュースを読む

軽自動車新車販売、7.6%減の20万6483台で6か月連続マイナス 3月

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年04月01日(水) 17時45分

全国軽自動車協会連合会は4月1日、2020年3月の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同月比7.6%減の20万6483台となった。

軽自動車新車販売台数はこれで6か月連続のマイナス。前月2月の9.6%減から若干改善しており、新型コロナウイルスによる大きな影響はまだ数字に現れていないようだ。

車種別では、乗用車が同6.8%減の16万3342台、貨物車は同10.5%減の4万3141台でともに6か月連続のマイナス。貨物車の内訳は、ボン・・・

ニュースを読む

日産自動車はスーパーハイトワゴンの軽自動車、新型『ルークス』を3月19日に発売する。日産が、日本の四輪市場の約30%を占める軽自動車市場に参入したのは2002年、スズキからOEM供給された『モコ』だった。18年間の日産軽自動車の歴史を振り返る。

◆モコ

モコ初代…2002年4月10日発表・発売。日産自動車が初めて軽自動車市場に投入したモデルはトールワゴン。スズキよりOEM供給され、兄弟車は『MRワゴン』だった。日産では商品コンセプト・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

つね

すばらしい

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:つね***** さん
総合評価:

バイクを積むトランポとしても使ってます。 N-VANの前はハイエース ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針