軽自動車

カーライフニュース - 軽自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは7月18日、『N-WGN』新型を8月9日に発売すると発表した。“売り”は、日常の足としての機能性と運転のしやすさ、そして安全性能。シンプルデザインをコンセプトとする外観に似合わない多くの特徴を持っている。

車両ラインナップは、「N-WGN」と「N-WGNカスタム」の2種類。それぞれのモデルに「G」、「L」、「Lターボ」の3種類(N-WGNには助手席回転シート車の設定もある)のタイプが用意された。駆動方式はすべてのタイプでFFと・・・

ニュースを読む

ファーストカーとして軽自動車を選ぶ層が広がっているという。車内の広さ、ユーティリティ、衝突被害軽減ブレーキや誤発進防止装置といったADAS機能も充実し、スペックだけでは普通車と区別がつかないくらいだ。

その一方で、軽自動車は、そのサイズなどから衝突時にキャビンの生存空間が確保しにくい。また、多くの場合、自分より大きく重い車両との衝突になり、事故を考えると軽自動車は乗りたくないという人も存在する。

◆安全性能も進化する軽自動車

車同・・・

ニュースを読む

新車販売総合、10か月連続でトップ3を軽自動車勢が独占 6月車名別

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月05日(金) 08時30分

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は7月4日、6月の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』を筆頭にトップ3を軽自動車勢が10か月連続で独占した。

N-BOXは前年同月比14.1%増の2万3605台、2位に約9000台の差をつけ22か月連続トップとなった。2位は初のフルモデルチェンジを受けた日産『デイズ』。同41.0%増の1万4462台で、前月の3位から順位を上げた。スズキ『スペーシア』は同4.8%減の1万・・・

ニュースを読む

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は7月4日、2019年上半期(1〜6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表ホンダ『N-BOX』が前年同期比2.9%増の13万1233台を販売し、3年連続でトップとなった。

スズキ『スペーシア』は同12.6%増の8万9750台で、2位の座をキープ。3位は同14.0%増のダイハツ『タント』が2ランクアップでランクイン。さらに同11.2%増の7万9789台を販売した日産『デイズ』が4位に入り、・・・

ニュースを読む

ホンダ N-BOX、大差で5年連続トップ 軽自動車販売2019年上半期車名別

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月04日(木) 18時30分

全国軽自動車協会連合会は7月4日、2019年上半期(1〜6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比2.9%増の13万1233台で、5年連続のトップとなった。

2位は前年同様、スズキ『スペーシア』で、同12.6%増の8万9750台と好調をキープ。しかし、首位N-BOXとは4万1483台差と大きく引き離された。3位には、ワンラックアップで同14.0%増の8万1828台を販売したダイハツ『タント』が・・・

ニュースを読む

軽自動車新車販売、1.8%増の101万8071台で3年連続プラス 2019年上半期

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月02日(火) 08時30分

全国軽自動車協会連合会は7月1日、2019年上半期(1〜6月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同期比1.8%増の101万8071台で3年連続プラスとなった。

車種別では乗用車が同0.1%減の78万9399台で3年ぶりのマイナス、貨物車は同8.9%増の22万8672台で3年連続のプラスとなった。貨物車のうち、ボンネットバンはホンダ『N-VAN』の登場により同455.6%増の3万1801台となり、19年ぶりのプラス。キャブオーバ・・・

ニュースを読む

◆ライバル不在の“超”個性派モデル

三菱自動車は『アウトランダー PHEV』や『デリカD:5』など、ほかにない魅力、機能溢れるクルマをそろえている。そんな三菱がおよそ6年ぶりに刷新した軽自動車、まるで新型デリカD:5をスケールダウンしたような顔つきを持つ『eKクロス』もまた、ライバル不在の超個性派モデルと言っていい。



eKシリーズは、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画し、三菱自動車の水島工場で生産される軽自動車であり、日産版は『・・・

ニュースを読む

懐かしきスモールカーが集結…昭和平成の軽自動車展示会

by 嶽宮 三郎 on 2019年05月26日(日) 22時30分

埼玉県羽生市のキャッセ羽生駐車場特設会場で5月27日、「昭和平成の軽自動車展示会」が行われ、2ストから4スト、360ccから660ccまでの様々な軽自動車が100台近く集まった。

旧車イベントが盛んに開催されるようになった昨今、軽自動車に特化したイベントが少ないことから昨年、この場所で始まったもの。古い軽自動車のオーナー会員を数多く抱える「オール日本ライフクラシックカークラブ」と「日本旧軽車会」(いずれも吉崎勝会長)が全面的にバックア・・・

ニュースを読む

日産自動車グループの部品メーカー、ジヤトコは自慢のCVT群を人とくるまのテクノロジー2019に展示した。その中で同社関係者が今回の目玉製品と示したのが、軽自動車専用CVT「Jatco CVT-S」で、世界初出展だという。

最大の特徴は小型、軽量で軽自動車に最適な変速比幅を持つ低燃費トランスミッションということ。従来の同クラスCVTに比べて約8%のフリクション低減と、約4.2kgの軽量化を実現した。「開発には非常に苦労し、3年ぐらいかか・・・

ニュースを読む

福祉車両の販売台数、4年ぶりにプラス…軽自動車好調 2018年度

by レスポンス編集部 on 2019年05月20日(月) 10時00分

日本自動車工業会は5月17日、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の福祉車両販売台数を発表した。

それによると総販売台数は前年度比0.5%増の4万3712台と、4年ぶりに前年度を上回った。

車種別では、普通・小型自動車が同4.2%減の2万2075台と2年連続マイナスだったが、軽自動車が同15.0%増の1万6615台と高い伸び率だった。バスは同16.4%減の5022台と落ち込んだ。

普通・小型自動車の内訳は車いす移動車が1・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しゅうちゃん

最高燃費は36キロ

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しゅ***** さん
総合評価:

買って最初の年に50キロの市街地走行(郊外?会社の行き帰りで)出ました。...[ 続きを見る ]

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針