広島県

カーライフニュース - 広島県

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車と広島県府中市、日産サティオ福山の3者は6月30日、電気自動車(EV)を活用した「災害連携協定」を締結した。

協定の内容は、府中市が災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等にて、日産サティオ福山より貸与される自動車(EV)『日産リーフ』を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、避難者の生活環境の向上に努めるというもの。また、市公用車として日産リーフを導入し、平常時でも避難訓練等で活用する予定だ・・・

ニュースを読む

テュフ ラインランド ジャパンは1月15日、安全ガラス広島の本社・庚午店が、広島県で初めて「ガラスリペアショップ認証」を取得したと発表した。

昨今、自動車技術の急速な進歩に伴い、自動車修理業界では高度化していく技術への対応力、安全や環境に配慮した姿勢など業務品質が問われるようになっている。また、進化する自動車が正しく整備されるように、特定整備工場制度の導入に伴う法改正や2021年以降の新車へ適用されるOBD車検など、さまざまな法改正も・・・

ニュースを読む

MONETテクノロジーズは9月12日、次世代モビリティサービスに関する連携協定を、広島県府中市と締結したと発表した。

今回の連携協定は、地域活性化のためにIoTやAI(人工知能)など先端技術を活用した次世代モビリティサービスを通して地域課題を解決し、住民サービスの向上に寄与することが狙い。

まず、協和地区(阿字町、木野山町、行縢町、斗升町)では、あらかじめ指定された自宅付近の場所と、公民館や商店などで乗降できる予約制の乗り合いバス「・・・

ニュースを読む

グリーンモビリティが初の事業化、広島県・鞆の浦でタクシーが稼働

by レスポンス編集部 on 2019年04月22日(月) 11時30分

国土交通省は4月19日、グリーンスローモビリティによるタクシー事業が開始されたと発表した。

グリーンスローモビリティは環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能で、地元の高齢者の足の確保や観光客の散策支援などの「新たなモビリティ」として期待され、国土交通省が2018年度から支援している。

2018年度の実証事業から今回、広島県福山市鞆の浦でアサヒタクシーが「グリスロ潮待ちタクシー」としてタクシー事業を開始する。グリーンスローモビリテ・・・

ニュースを読む

広島県でバスの定時運行を確保へ---渋滞対策 平成30年7月豪雨

by レスポンス編集部 on 2018年07月25日(水) 08時45分

国土交通省は、平成30年7月豪雨の影響で、広島市と呉市を結ぶ道路を中心に渋滞が原因でバスの一部が定時制を確保できていないことから、渋滞対策を強化する。

広島・呉駅間のバスは、広島から呉方面の平日6〜7時台のバスは、依然として1.5〜2時間を要している状況にあり、定時性確保に向けた対策を強化する必要がある。このため、バス運行ルート上でボトルネックとなっている、坂北ICでのバス通行方法の改善などの対策を検討する。

バスへの交通転換を促す・・・

ニュースを読む

広島県内の渋滞対策を強化---ボランティア増加を想定 平成30年7月豪雨

by レスポンス編集部 on 2018年07月23日(月) 10時45分

国土交通省は、平成30年7月豪雨で道路などが被災した広島県での新たな渋滞対策を決めた。

夏休み期間でのボランティアの増加も見込まれるため、県や市を通じて社会福祉協議会と連携して、交通への影響軽減に向けた取り組みを強化する。具体的には、公共交通機関の利用を促す取り組みの強化や、朝ピーク時間帯の国道31号呉方向の渋滞状況の周知、駐車場位置の事前周知の徹底、国道31号の横断歩道橋の利用を促進する。

また、広駅周辺住民に対して東広島呉道路・・・・

ニュースを読む

広域迂回誘導で一定の効果…広島県の渋滞対策 平成30年7月豪雨

by レスポンス編集部 on 2018年07月19日(木) 16時45分

国土交通省は、平成30年7月豪雨で大きな被害を受けた呉市に向かう道路での渋滞対策の効果と対策をまとめた。

それによると朝ピーク時間帯(6〜9時)に、広島市と呉市を結ぶ国道31号の交通量は、連休前(7月13日6〜9時)の約1.2倍に増加している。

呉駅から広島バスセンター方面(6〜9時発)の所要時間は、約1時間に短縮している。広島バスセンターから呉駅方面の所要時間(6〜9時発)は、広島呉道路・天応西IC〜呉IC間のバスを通行可能とする・・・

ニュースを読む

経済産業省は、平成30年7月豪雨の被害・対応状況を発表した。

それによると7月9日19時30分現在、石油の供給体制では、道路の通行止めのためアクセスが非常に悪化している広島県呉市でガソリン・軽油が不足し始めている。現在、道路の早期再開作業を国土交通省と調整して進めている。同時に、自衛隊の船によるタンクローリー運搬についても調整している。

昭和シェル石油の広島油槽所(広島県安芸郡)では、大雨による施設への直接的な被害はなかったが、油槽・・・

ニュースを読む

三井不動産リアルティ、NTT西日本、テルウェル東日本の3社は6月1日、大画面ディスプレイによる地域情報発信やフリーWi-Fi、災害対策用品の備蓄機能を備えた次世代型駐車場を「三井のリパーク」として初めて広島県内に開設した。

3社は2016年5月に協業契約を締結して以来、「安心安全」「先進性」「環境配慮」「災害支援」の4つのキーワードを軸に駐車場づくりを推進。NTTグループが提供するICTサービスを備えた「高機能自動販売機」を設置した次・・・

ニュースを読む

ナビタイムジャパンは、「PC-NAVITIME」と、バス専用ナビアプリ「バスNAVITIME」にて、広島県内を走る路線バス8社のバス接近情報を3月25日より提供開始した。

バス接近情報とは、運行中のバスの現在地を確認できる機能で、これまで「都営バス」「京王バス」「西鉄バス」の3社に対応。今回新たに広島県内を走る8社の路線バスに対応した。

対応するのは、広島電鉄、広島交通、広島バス、芸陽バス、HD西広島、第一タクシー、中国バス、鞆鉄道・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針