ミニバン

カーライフニュース - ミニバン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本ではミニバンというと子供のいるファミリーの定番のイメージ。けれど欧米ではMPV、つまり多人数乗車が可能な乗用車として広く愛用されている。いずれにしても生活に根ざしたクルマだけに、それぞれのお国柄がクルマにもカタログにも反映されているところがおもしろい。

◆ルノー・メガーヌセニック


実は今回のテーマを考えるキッカケになったのが、この初代『メガーヌ・セニック』の本国版カタログだった。

というのも、ご覧いただけばおわかりのとおり、・・・

ニュースを読む

日産自動車は2月25日、スーパーハイトの軽自動車『ルークス』を3月19日に発売すると発表した。6年1か月ぶりの全面改良で、これを機に激戦市場での知名度向上を狙い、名称は従来の『デイズルークス』から改めた。

消費税込み価格は141万円台から206万円台で、月間9000台の販売を計画している。安全運転支援システムの「プロパイロット」を1年前に発売した『デイズ』に続いて搭載した。センサーには新たにミリ波レーダーも追加、2台前の走行車両も検知・・・

ニュースを読む

キャンピングカー市場が成長を見せる中で、国内では「一見キャンピングカーには見えない」モデルが人気を集めている。今年で30周年のを迎えたバンテック新潟はミニバンベースの車中泊仕様車『MR』記念モデル等を展示した。

1月31日から2月2日まで幕張メッセにて開催されたジャパンキャンピングカーショー2020。国内最大級の同キャンピングカーイベントには、300台を超えるバラエティーに富んだキャンピングカーが一堂に会した。

バンテック(VENT・・・

ニュースを読む

レクサスは1月15日、ブランド初のミニバンの『LM』(Lexus LM)の詳細と価格を中国で発表した。ハイブリッドの「LM300h」グレードのみが設定され、現地価格は、116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)だ。

レクサスLMは、レクサスブランドにこれまでラインナップされていなかったミニバンだ。レクサスの車名に「L」を冠するモデルには、最上級サルーンの『LS』、最上級SUVの『LX』、最上級クーペの・・・

ニュースを読む

11月4日まで開催していた東京モーターショーのホンダブースで、『ハンターカブ』の復活版と言える二輪車のコンセプトモデル『CT125』とともに展示されていたのが『フリード』/『フリード+』のクロスターだった。筆者はまずCT125に目が行ったのだが、フリード+クロスターもそれに負けないアウトドアテイストを発散していたことに感心した。

◆随所に感じるアウトドアテイスト

その印象は東京都内の道で再会しても変わらない。
フリード/フリード+は・・・

ニュースを読む

VWのマルチバン『T6』(トランスポーター6)の後継モデルとなる『T7』市販型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

初期開発車両のため、一切のディテールは隠されている。しかし、コンパクトEV『ID.3』を彷彿させるスクエアで薄いヘッドライト、その左右をつなぐ直線的グリルの一部が見て取れるほか、新デザインのテールライトの一部も見てとれる。さらにAピラーに三角窓が設置されており、フロントの視界が向上しそうだ・・・

ニュースを読む

トヨタ車体は、10月23日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「Creating New Value」をテーマに、移動に新しい価値を生み出すクルマを紹介する。

2018年11月にトヨタ自動車のバン事業がトヨタ車体に移管されて以降、最初のモーターショーとなる今回は、年内発売予定の『グランエース』を初披露する。

グランエースは、ワイドなボディを活かした圧倒的な存在感を持ち、上質かつ快適・・・

ニュースを読む

VWが開発を進める新型の高級ミニバン『Viloran』(ヴィロラン)開発車両を、カメラが初めて捉えた。

ヴィロランは、アーキテクチャに「MQB」プラットフォームを採用、VWと上海汽車集団(SAIC)の合併会社「上海VW」が開発を手掛け、中国、ロシアで販売が予定されている。3列7人乗りクロスオーバーSUVの『アトラス』より長いホイールベース、ミニバン『シャラン』より広い居住空間を持ち、レクサス『LM』やビュイック『GL8』をライバルに見・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、9月10日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、ミニバンの『Vクラス』がベースの新型EV、『EQV』(Mercedes-Benz EQV)を初公開すると発表した。

メルセデスベンツは2018年秋、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』を発表した。「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の・・・

ニュースを読む

“欧州のハイエース”とも言われるVWの商用バン『T6』後継モデルの開発車両を、約1年ぶりにカメラが捉えた。

「Tシリーズ」の歴史は1950年に登場した『T1』に始まる。その系譜は1967年の『T2』、1979年の『T3』、1990年の『T4』、2003年の『T5』へと続いている。現在『T6.1』世代が最新モデルとして販売されており、欧州では不動の人気を誇っているが日本での正規販売はされていない。

捉えたプロトタイプは、T6のテストミ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

アポロ1

CX-3

車種名:マツダ CX-3(ディーゼル)
投稿ユーザー:アポ***** さん
総合評価:

試乗車を購入しましたが、アテンザワゴン の2200や アクセラスポーツ ...[ 続きを見る ]

はたけ

MTミッション

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:はた***** さん
総合評価:

最初の冬に書き込みましたが、MTミッションの渋い事やギア鳴りの件です。 ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針