ミニバン

カーライフニュース - ミニバン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年3月24日付

●証人喚問、籠池氏「首相夫人に相談」「寄付100万円」も主張、ファックス公表、首相側関与否定(読売・1面)

●電動バイク開発で協力、日本郵便・ホンダ、CO2排出削減へ(読売・10面)

●マイクロソフト特許、トヨタに・・・

ニュースを読む

子育て夫婦、4割がミニバンを所有…ホンダアクセス調べ

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年03月23日(木) 19時09分

ホンダアクセスは3月23日、自家用車を保有している既婚ドライバーを対象とした「夫婦のライフスタイルとカーライフに関する調査2017」の結果を発表した。

調査は2月21日〜2月22日の2日間、インターネットリサーチにて実施、自家用車を保有している30歳〜69歳の既婚ドライバー1000名の有効サンプルを集計した。

調査結果によると、所有する自家用車のタイプは「軽自動車」24.6%と「ミニバン」24.4%、「コンパクト」24.2%がほぼ同・・・

ニュースを読む

5代目となる新型『ワゴンR』には3つの顔が与えられた。今回紹介するのは標準タイプの上級グレードとなる「ハイブリッドFZ」。2分割ヘッドライトを採用した専用のスタイリングで、『アルファード』&『ヴェルファイア』や『エルグランド』などの国産Lクラスミニバンを想起させる、迫力あるフロントマスクが特徴だ。

スタイリングの雰囲気は先代『ワゴンRスティングレー』に通じるものがある。先代のデザインが気に入っていた人は、現行よりもこちらのほうがしっく・・・

ニュースを読む

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)ジャパンは1月13日、クライスラー『グランドボイジャー』など2車種に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回のリコールは、イグニッションキーの不具合が原因。イグニッションキーシリンダーの「ON」位置の節度が弱いものがある。そのため走行中、イグニッションキーに触れると、キーポジションがONから「ACC」へ動き、エンジンが停止するおそれがある。

また・・・

ニュースを読む

米国の自動車大手、FCA USは12月上旬、クライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『パシフィカ ハイブリッド』の生産を開始した。

パシフィカは、クライスラー伝統のミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに変更した。

そのパシフィカに設定されるのが、PHVのパシフィカ ハイブリッド。クライスラーによると・・・

ニュースを読む

スズキ、3列シート8人乗りミニバン ランディ を発売…セレナOEM

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月13日(火) 14時36分

スズキは、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車『ランディ』を全面改良し、12月20日より発売する。

新型ランディは、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ミニバンクラストップとなる室内長3240mm、室内幅1545mmの広い室内空間を実現。2列目シートの690mm超ロングスライドに加え、3列目シートにもスライド機構を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそ・・・

ニュースを読む

トヨタの新型ミニバン、販売5万台突破…インド発売6か月

by 森脇稔 on 2016年12月13日(火) 08時15分

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は12月上旬、5月上旬にインド市場で発売した新型MPV『イノーバ・クリスタ』の累計販売台数が発売から6か月で5万台を突破した、と発表した。

イノーバ・クリスタは2016年2月、インドで開催されたデリーモーターショー(オートエキスポ)16で初公開。『イノーバ』は、トヨタの新興国向けの世界戦略車、「IMV」(イノベーティブインターナショナル・マルチパーパス・ビー・・・

ニュースを読む

【日産 セレナ 新型】上質な大人のミニバン

by 内田俊一 on 2016年11月29日(火) 09時15分

日産『セレナ』新型にはこれまで同様基準車とハイウエイスターの2種類が設定されている。

「開発当初、ハイウエイスターのデザインはいまよりおとなしめだった」と振り返るのは、日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プログラム・デザイン・ダイレクターの入江慎一郎さんだ。その場合、基準車は更におとなしくなってしまう。また一方で、「もっと新しさ、新鮮さが欲しいということもあり、途中から基準車のデザインを優先した」という。

その基準車・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車が、主に北米市場で販売している大型ミニバン、『シエナ』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは11月22日、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。2011‐2016年モデルのシエナに関するリコールの内容を公表している。

今回のリコールは、スライドドアの不具合によるもの。米国トヨタ販売によると、シエナの電動スライドドアのモーター回路に負荷がかかり、ヒューズが切れる可能性がある。その結果、走行中にスラ・・・

ニュースを読む

ホンダ『フリード』が生み出した3列シートミニバンは、今や国内市場で重要な車種。そんな中、新型フリードには、今までこのクラスにはなかった魅力的な機能が装備された。それがミリ波レーダー+単眼カメラを使う『ホンダ センシング』だ。

この機能は、これまでホンダ車のミドルクラス以上の車種に搭載されてきた“セーフティパッケージ”だ。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブ・クルーズコントロール(ACC)など全8種類の安全装備ががセットされる。これだけの・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

sar

初遠乗り!

車種名:BMW 2シリーズ (ミニバン)
投稿ユーザー:sar***** さん
総合評価:

埼玉から茨城まで1泊で遊びに行って来ました。6人と小型犬1匹。やはり3列...[ 続きを見る ]

hiroyuki ookura

期待はずれ

車種名:トヨタ カローラアクシオ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:hir***** さん
総合評価:

フィルダーからアクシオへ買い替え フィルダーが22kmくらい平均燃費のた...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針