ミニバン

カーライフニュース - ミニバン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SUV人気は、まだまだ上昇中だ。だが、5人以上の家族構成だったり、チャイルドシートを2脚装着しなければならない場合には、ミニバンという選択になりがちだ。でも、やっぱりSUVに乗りたいというなら3列シート仕様はいかがだろうか。

多人数乗りとスタイリッシュさを兼ね備えたのが、プジョーの『5008』。生活感を意識しやすいミニバンと違い、5008はエクステリアデザインが洗練されている。最近はヨーロッパメーカーもSUVのラインアップに力を入れつ・・・

ニュースを読む

三菱『デリカ』の5代目となる『デリカD:5』は「ミニバンの優しさ」と「SUVの力強さ」との融合を開発テーマに、2007年1月に発売された。

オンロードSUVとしてすでに好評を得ていた『アウトランダー』のプラットフォームや電子制御4WDをベースにした。また、乗員を守るボディ構造として、環状骨格構造の新開発「リブボーンフレーム」を採用したのも特徴だ。

モデル発売当初は4WDのみだったが、2007年5月に2WD車を追加。2010年1月には・・・

ニュースを読む

切れ長のヘッドライトと、厚みを少なくしてすっとした印象のリアのテールライト。伸びやかに描かれたボディデザインに油断させられるけれど、実際の数字は全長4900mm、高さは2000mm。いつも使っている駐車場に入れてみて改めて、大きさを実感する。改めて、というのは、走ったときの感覚が軽いからだ。

1830kgの重さを、軽々と前へ押しやるディーゼル・エンジン。4人乗車して2トンを超える状態になっても、トルクの頼もしさは変わらず、アクセルに対・・・

ニュースを読む

カレコ・カーシェアリングクラブは、東京・新宿駅にSUV・ミニバンをメインに取り揃えた新ステーション「新宿サブナード(地下駐車場)ステーション」をオープンした。

ターミナル駅である新宿駅に新設するステーションには、トヨタ『アルファード』や『ハリアー』、『エスクァイア』、スバル『XV』など、長距離利用が多いSUVやミニバンを中心に配車。また、試乗目的の利用者のために、業界初導入となるメルセデスベンツ『GLC220d 4マチック・クーペスポ・・・

ニュースを読む

ミニバンに e-POWER…日産 セレナ e-POWER[詳細画像]

by 高木啓 on 2018年03月03日(土) 23時33分

日産自動車は2月28日に、ミニバンの『セレナ』に電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」を発表、3月1日より全国一斉に発売した。セレナ e-POWERは、搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する。

セレナの室内の広さや使い勝手、乗り心地などはそのままに、さまざまなシーンや走行環境において、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速を実現した。さらに・・・

ニュースを読む

PSAグループ傘下のオペル/ボクスフォールは2月19日、新型『コンボ』を、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開すると発表した。

PSAグループは、プジョー、シトロエン、オペル/ボクスフォールの各ブランド向けに、車台などを共通化した新世代ミニバンを開発する計画を発表。PSAグループの「EMP2」車台をベースとし、5名乗りのショートボディと、7名の乗りのロングボディを設定する。

すでにこの計画に沿う形で、シト・・・

ニュースを読む

PSAグループは2月13日、プジョー、シトロエン、オペル/ボクソールの各ブランド向けに、車台などを共通化した新世代ミニバンを開発すると発表した。

PSAグループは2017年3月、GMからオペルを買収することで合意。同年8月、この買収手続きが完了し、オペルと英国のボクスフォールが、PSAグループに加入した。これで、PSAグループは、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクソールの5ブランドを擁する自動車メーカーに。

また、PSAグルー・・・

ニュースを読む

1月12日に開幕した東京オートサロン。西館マツダブースの主役はステージ上にある。昨年12月に発売されたばかりの3列シート大型SUV『CX-8』だ。が、単にクルマのみを飾っているわけではない。「スノーフレイクホワイトパールマイカ」にはヒッチメンバーが装備され、船外機式のパワーボートを搭載したキャリアを牽引するというイメージディスプレイだ。

CX-8は3列シートミニバンに飽き足らない顧客の受け皿という使命を負って生まれたモデル。それだけに・・・

ニュースを読む

気温が7度を下回ると、ドイツではウインタータイヤを装着しなければならない。この時期にサマータイヤのままで事故を起こすと、保険金が支払われない可能性もある。つまり自己責任の重要性である。

自分の身は自分で守るものだが、同時に自分が安全に走行できなければ、それは他人に危害を与える事になる。裏返せば、タイヤの不備からスリップしたクルマにより自分が被害者になると言う恐れもある。

日本の主流はスタッドレスタイヤ。「最新は最良のスタッドレス!!・・・

ニュースを読む

22日に発表されたばかりの日産『セレナNISMO』。ニスモフェスティバル(26日)のイベント広場にも4台展示され、大いに注目を浴びていた。

専用のエアロパーツを装備し、足回りやエンジン性能を向上させたセレナNISMO。サーキットを疾走するレーシングカーから様々なテクノロジーがフィードバックされ、市販車に落とし込まれている。

エアロパーツだけに止まらず、ボディ下部のブレースなどを補強、高い安定性とボディ剛性を確保している。また専用チュ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H17/2005年式 Z HIDセ...

車種名:トヨタ bB
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

故あって乗ることになり以降の平均は13km/L台。特に省燃費機構の無い1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針