ディーゼル

カーライフニュース - ディーゼル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデス・ベンツ日本は、ドイツ・ダイムラーが発表したディーゼル車300万台のサービスキャンペーンについての概要と日本での取り組みを発表した。

ダイムラーは、欧州での300万台以上のディーゼル車両への自主的なサービスキャンペーン実施と、新しいディーゼルエンジンの市場投入を決定したと表明。

今回のサービスキャンペーンは、ヨーロッパのみで実施する。現時点では日本を含め、他のマーケットでは実施しないとしている。日本に導入されているディーゼ・・・

ニュースを読む

ドイツの自動車大手、ダイムラーは7月18日、欧州市場で販売されたメルセデスベンツ車を含むディーゼル車、およそ300万台を無償修理すると発表した。

今回の発表は、ドイツの一部メディアが、「ダイムラーの一部ディーゼル車およそ100万台に、排ガス不正の疑いがある」と報じたことを受けての対応。その後、世界の主要メディアがこの件を一斉に報道している。

ダイムラーは今回、欧州市場で販売されたディーゼル車およそ300万台を無償修理すると発表。この・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年7月14日付

●「脱時間給」連合が容認、休日104日義務要請、首相と合意(読売・1面)

●トラック輸送他社と連結、ヤマト東名道など実験へ(読売・2面)

●ダイムラー「捜査に協力」独報道、100万台以上排ガス不正か(読売・9面)
・・・

ニュースを読む

日野自動車の下義生社長は7月5日に都内で就任後初の会見に臨み、トラックやバスの電動化について「当然、取り組まなければいけない」としながらも、「トラックの大型を中心とした世界ではディーゼルエンジンが主流で残っていく」との考えを示した。

会見で下社長は今後の商品開発の方向性を問われ「EV(電気自動車)については実証試験で『ポンチョ』という小型バスを走らせているし、当然技術開発としては取り組まなければいけないし、やるべきだと思う。ただ一番大・・・

ニュースを読む

BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューは6月30日、『3シリーズ』のディーゼル車、「320d」に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、燃料装置の燃料供給ホースの不具合が原因。ディーゼルエンジンの燃料装置において、燃料供給ホースの製造が不適切なため、ホースの厚みが均一でないものがある。

そのため、燃料の圧力の変動よって、燃料供給ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。なお、不具合・・・

ニュースを読む

今はシトロエンから独立したDS。“ダブルシェブロン”が外された最新モデルは「どちら様でしたっけ?」と、ミステリアスな印象がより強まったともいえる。

試乗車は現行DSラインアップの中核モデルの『DS 4』のBlueHDi、すなわちクリーンディーゼル搭載モデル。DS 4自体、あとから「クロスバック」が加わっているが、それより全高で30mm、ロードクリアランスで20mm低いのがこちらのベースモデル。とはいえ(話はややこしいが)そもそもSUV・・・

ニュースを読む

経済性に優れるだけでなくパワフル。そんな特徴をもつディーゼルエンジンを搭載したハッチバックモデルがにぎわいを見せている。コンパクトなボディは取り回しに優れるだけでなく、最先端のクリーンディーゼルエンジンを積むことで、ガソリンモデルに負けないスポーツ性能を発揮する。

そんな「ハッチバック×ディーゼル」に注目し、昨年7月に最新クリーンディーゼル「BlueHDi」が搭載したプジョー『308』、北欧生まれで安全装備が充実したボルボ『V40』、・・・

ニュースを読む

JR貨物、新型ディーゼル機関車「DD200形」開発…電気式を採用

by 草町義和 on 2017年06月16日(金) 08時28分

JR貨物は6月15日、新型ディーゼル機関車「DD200形」を開発すると発表した。試作車1両が6月下旬に完成する予定。老朽化した機関車の置換えを図る。

国鉄時代に製造されたDE10形とDE11形に代わる機関車として計画された。DE10・11形は流体変速機(トルクコンバーター)を使って車軸に動力を伝達する液体式を採用しているが、DD200形はディーゼルエンジンで発電した電力でモーターを回す電気式を採用する。

同じく電気式のDF200形デ・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジを受けて5代目となったランドローバー『ディスカバリー』。日本にはガソリンとディーゼル、それぞれのV6・3リットルエンジンモデルが導入される。

なかでもディーゼルエンジンは新開発のもので、シングルターボが組み合わされている。最高出力は258馬力とガソリンの340馬力に比べると80馬力ほど低いが、最大トルクにいたっては600Nmとガソリンの450Nmよりもはるかに高い。しかもその最大トルクの発生回転数はわずか1750回転・・・

ニュースを読む

ファミリーカーという言葉は今や死語かもしれないが、2世帯の家族が乗ろうとすれば、そう呼ばれる類のクルマが必要になる。

『C4グランドピカソ』は3列7人乗りで4枚のヒンジドアを持つミニバンである。否、彼らはミニバンという言葉を使われることには抵抗があるだろうから、敢えて「ピープルムーバー」と呼ぶが、日本でカテゴライズする場合、このクルマはミニバンに属するはずだ。

そのC4グランドピカソに待望のディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
自動運転の実現に向けた国土交通省・警察庁の今後の取組み
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

shu tak

いいね!

車種名:ホンダ オデッセイ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:shu***** さん
総合評価:

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートを購入して2週間ほど運転したので...[ 続きを見る ]

mcatsu96

断熱デッドニング

車種名:スズキ アルト
投稿ユーザー:mca***** さん
総合評価:

断熱デッドニングを施工。まずは、お試しでボンネット裏にレアルシルトを張り...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針