ディーゼル

カーライフニュース - ディーゼル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新生ボルボの起爆剤となったミドルサイズSUV『XC60』。先代の販売末期には7〜8割の顧客がクリーンディーゼル車を選んでいたといい、ボルボのディーゼル戦略を後押しするモデルとなった。2017年10月に登場した新型XC60は、先行してガソリン車がデリバリーを開始したこともあり、現在はおよそガソリン車5:ディーゼル車5の販売比率だというが、販売の本格化に伴いこれからディーゼル車の需要はさらに高まりそうだ。

メディア向けにもようやくのお披露・・・

ニュースを読む

登場時は1.5リットルのクリーンディーゼルのみを搭載するコンパクトSUVとして注目を集めた『CX-3』。今回のマイナーチェンジを知ったSKYACTIV-D 1.5(以下D1.5)のオーナーは、かなりの衝撃を受けたはずだ。

排気量が小さいながらマツダ独自の最新ディーゼルとして好評を得ていた。2017年6月には2リットルのガソリンエンジンを追加したもののD1.5の販売は悪くはなかった。それなのに排気量を拡大した、新開発のSKYACTIV-・・・

ニュースを読む

VW、罰金10億ユーロを支払うことに…ディーゼル不正問題

by 高木啓 on 2018年06月15日(金) 02時00分

フォルクスワーゲン(VW)は13日、同社のディーゼル不正問題に対して独ブラウンシュヴァイク市の検察に罰金を命じられた、と発表した。金額は10億ユーロ=約1300億円。VWはこれを受け入れ、罰金を払うことにより不正の責任を認めた。

ブラウンシュヴァイク検察はVW本社のあるウォルフスブルク市を管轄とする。

VWのパワートレイン開発部門では、車両検査において排ガス中の有害物質の数値を不正に操作するソフトウェアをディーゼルエンジンに仕込んで・・・

ニュースを読む

マツダは6月14日、『CX-8』および『CX-5』ディーゼルモデルのエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年9月29日〜2018年5月8日に製造された2万3208台。

今回の不具合は、エンジン制御プログラムが不適切なため、エンジン停止時の僅かな回転を異常と判定し、ECUへの電源供給が停止しなくなるというもの。そのため、スタート・ストップ・ユニッ・・・

ニュースを読む

低燃費ディーゼルトラックの導入を補助する制度を開始 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年06月12日(火) 10時06分

国土交通省は、低燃費ディーゼルトラックの導入を補助する制度を開始する。

トラック輸送でのCO2排出削減を図るため、投資余力の少ない中小トラック運送業者を対象に、低炭素型ディーゼルトラック導入を支援する補助事業を環境省連携事業として実施する。

具体的には、中小トラック運送業者におけるトラックの更新需要をトップクラスの燃費レベルに誘導するため、低炭素型ディーゼルトラック導入経費の一部を補助する。

応募期間は6月11日から2019年1月・・・

ニュースを読む

昨年、日本のカーオブザイヤーを獲得し、弟分となる『XC40』は既に2018年分が完売しているという絶好調のボルボ。カーオブザイヤーを獲得した『XC60』に待望のディーゼルが追加された。

このクルマ、正直待望だった。何故なら、よりコンパクトなXC40にはディーゼル版が設定されておらず、何と今後もディーゼルを設定する予定はないというからだ(因みに本国には有るのだが)。そしてボルボでは、今後とも内燃機関のみで動くクルマを削減し、2019年以・・・

ニュースを読む

目線の高いコンバーチブル。それは『イヴォークコンバーチブル』の大きな特徴だ。2年前にこのクルマが登場した時、これはこれで有りだと感じた。そのイヴォークコンバーチブルにディーゼルエンジンが搭載された。

ガソリン仕様でも車重は、このサイズ(全長4355×全幅1900×全高1660mm)ながらすでに2トンを超える(2013kg)というかなりの重量級だったから、例え240ps、340Nmでも、その走りには少しまどろっこしさを覚えていた。今回の・・・

ニュースを読む

3列シートの『CX-8』がデビューし、そこに新しい2.2リットルディーゼルが搭載されていた時点で、『CX-5』にもその新しいディーゼルが搭載されるであろうことは容易に想像が付いたが、ガソリンの2.5リットルが新しくなるのを機に、それが搭載された。

新しい2.2リットルディーゼルには高圧インジェクター、可変ジオメトリーターボが組み込まれ、ピストンにも改良が加えられた結果、 最大トルクを450Nmまで高め、最高出力も20psアップの190・・・

ニュースを読む

マツダはコンパクトSUV『CX-3』を大幅改良するとともに、専用ナッパレザーシートを採用した特別仕様車「エクスクルーシブ モッズ」を新設定して、5月17日より予約受注を開始、5月31日に発売する。

商品改良のテーマは「気品ある美しさと先鋭さ」。操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域で改良を施し、日常シーンにおいて、「乗員の感覚と一体となった走行性能」と「優れた環境・安全性能」を高次元で実現している。

操縦安定性に・・・

ニュースを読む

ボルボカーズは5月16日、近い将来発表する予定の新型『S60』に、ボルボカーズとして初めて、ディーゼルエンジンを設定しないと発表した。

ボルボカーズは、2019年以降に発売する新型車のパワートレインを、全車電動化していく戦略を発表済み。新型S60も、この戦略に沿う形で、ディーゼルエンジンの搭載を見送る。

新型S60では、ガソリンエンジンをベースとした2種類のプラグインハイブリッド車(PHV)とマイルドハイブリッド車が用意される計画。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針