青木タカオ

カーライフニュース - 青木タカオ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

「いつかはフロリダで水上バイク」ヤマハマリン女性社員の夢

by 青木タカオ on 2021年05月12日(水) 12時15分

ヤマハの最新水上バイク『GP1800R SVHO』そして『SUPER JET(スーパージェット)』の試乗インプレッションをお届けしたが、試乗会が開かれたヤマハマリーナ浜名湖には、ヤマハ発動機マリン事業部企画統括部の女性社員・川村奈々子さんの姿もあった。

聞けば、普段は庶務業務などがメインだが、自社製品が実際に使われているところを見る良い機会と、見学のために足を運んだとのこと。ヤマハといえば、女性社員を主体とした社内プロジェクトチーム『・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機の新型マリンジェット試乗会に参加したバイクジャーナリストの筆者(青木タカオ)。スーパーチャージャー付き1.8リットルエンジン搭載の超弩級モンスター『GP1800R SVHO』にまず乗り、その加速力と旋回性の高さには舌を巻くばかりだった。

そして、ヤマハスタッフにもう1台の新作マシンを紹介される。3気筒4ストローク「TR-1エンジン」を搭載する、その名も『SUPERJET(スーパージェット)』だ。

これまで水上バイク(特殊・・・

ニュースを読む

スロットル全開など、瞬時でさえできるかどうか。ハンドルバーを握り、超弩級250馬力の凶暴なまでの加速にこらえる。

搭載される4気筒エンジンは排気量1812cc、なんとスーパーチャージャー付き。そんなバイクあったっけ……!? そう、バイクじゃない。バイクジャーナリストとして活躍中の青木タカオが乗るのは、ヤマハの最新マリンジェット『GP1800R SVHO』だ!

◆モーターサイクルとは別物の強力パワーユニット


「ヤマハボート教室」な・・・

ニュースを読む

嵐の後はパンク3倍!? 関西・四国を中心に被害をもたらした2018年の台風21号の後、道路はガレキやガラスなどが散乱し、パンク修理が前年の約3倍に。

チューブレスタイヤなら修理キットさえあれば比較的簡単に修理できるが、タイヘンなのはチューブ入りタイヤ。あらかじめパンク防止剤を注入しておくことでパンクを未然に抑止し、愛車を「災害仕様」にチューンできる。パンクロッカーがシャウトしているコミック調のイラストに惹きつけられ、気軽にスラスラ楽し・・・

ニュースを読む

ヤマハの原付2種スクーター『シグナスX』で、都会をスイスイ快走。いつも行っている場所へ、公共交通機関を使って行くより速いし、そして断然気持ちがいい!

『シグナスX』は「バイクっていいな」と気になっている人にオススメできる。そのポイントを解説しよう。

◆1ランク上がオススメな理由


三密を避ける移動手段としても、いま注目されているバイク。なかでも原付2種クラスは、幅広い層に人気がある。クルマの免許を持っていれば、教習時限数は最短9時・・・

ニュースを読む

なんて、すばしっこいのだ! 混雑する都心を走りまわっていると、つくづく感じる。

なんといってもコンパクトな車体が、ヤマハ原付2種スクーター『アクシスZ』の持ち味。足まわりは原付1種も採用する前後10インチで、見るからにこじんまりとして乗りやすそう。シート高は770mmと低く、足つき性に不安はないが、そもそも車体重量が100kgしかないため、小柄な人でも片足立ちで地面に足を下ろせば車体を支えるのは容易く、取り回しに苦労することはないはず・・・

ニュースを読む

401cc以上の大型バイクに乗るには、まだ「限定解除」という難問がライダーたちの前に立ちふさがっていた1980年代後半。ホンダは『スティード400』を発売し、90年代に“アメリカンブーム”を引き起こす立役者となった。

そのホンダが、今度は1100ccもの大排気量エンジンを積むカジュアルなクルーザーを新発売する。『REBEL(レブル)1100』だ。

先行して3月11日に、クラッチレバー操作やシフトチェンジをオートマ化した『レブル110・・・

ニュースを読む

大排気量が主流のアドベンチャーモデル。ゆとりの車体と余裕あるパワー、リラックスできる乗車姿勢と快適性で長距離をこなし、山岳路やダートも突き進む。

欧州ではアルプスローダーなどとも呼ばれ、タフな長旅の相棒として人気を博す。四輪車ではSUV、はたまたクロスカントリーか、はっきりと定義づけるのは難しいが、バイクにもそんなカテゴリーがある。

◆パリダカレプリカの末弟


ルーツは世界一過酷と言われるパリ・ダカールラリーを駆けるマシンで、ホン・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジしたホンダ『CRF250L』は、スタイルからしてアグレッシブで見るからに軽快に走りそうだ!

ヘッドライトレンズの大きかったフロントマスクが刷新され、LED2灯式のシャープな顔立ちに。贅肉が削ぎ落とされた車体は、テールエンドまでシャープに跳ね上がり躍動感あふれるものに生まれ変わっている。

新型は4機種が設定され、従来型ではCRF250LDとしていたシート高が低いモデルがスタンダード扱いとなって『CRF250L』を名乗・・・

ニュースを読む

ホンダ『PCX』がフルモデルチェンジし、4代目となった。

新型は「eSP+」(イーエスピープラス)エンジンを搭載し、ドラム式だったリヤブレーキをディスク化。Honda セレクタブル トルク コントロールを新たに装備し、2021年1月28日に発売する。車体価格は35万7500円(税込み)だ。

2010年に登場して以来、原付2種スクーターの人気を牽引してきた『PCX』。12年に燃費性能を向上した「eSPエンジン」を搭載すると、14年に全・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針