遠藤俊幸

カーライフニュース - 遠藤俊幸

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

開幕戦の予選日を翌日に控えた19日、三重県の鈴鹿サーキットで「全日本スーパーフォーミュラ選手権」(SF)の金曜フリー走行(専有練習走行)が実施された。新人のアレックス・パロウがトップタイムをマークしている。

日本一速い男と日本一速いチームを決める国内最高峰シリーズがいよいよ開幕のレースウイークに突入。予選前日恒例の金曜フリー走行には今季参戦の11チーム20台(20人)が出走し、明日の予選〜明後日の決勝への準備を進めた。この日の走行は1・・・

ニュースを読む

今年8月に2年目の開催を迎える「鈴鹿10時間耐久レース」(4輪)。F1王者ミカ・ハッキネンやスーパーフォーミュラ王者・石浦宏明だけでなく、脇阪寿一&薫一兄弟の参戦も決まり、レース本番まではまだ4カ月以上あるが、“エントリー戦線”から盛り上がりを見せつつある。

鈴鹿10時間耐久レース(鈴鹿10H)は、2017年までの鈴鹿1000kmレース(06〜17年はSUPER GTのシリーズ戦)を継承し、新生されたレース。大会の通算開催回数は今年で・・・

ニュースを読む

現地14日、インディカー・シリーズ第4戦の決勝レースが米カリフォルニア州のロングビーチ市街地コースであり、昨季シリーズ2位のアレクサンダー・ロッシが完勝で今季初優勝を飾った。ロングビーチ戦は2年連続のポール・トゥ・ウイン。前戦に続く2連勝を狙った佐藤琢磨は8位。

インディカー・シリーズといえば、アクシデント等に起因するフルコースイエローコーションが戦局を二転三転させる波乱の展開が元来の特徴だが、近年はそういった傾向がおさまりつつあり、・・・

ニュースを読む

14日に岡山国際サーキットで決勝レースが実施されたSUPER GT開幕戦、GT300クラスでは岡山が地元のK-tunesレーシングが走らせるレクサスRC F GT3が優勝を飾った。新田守男が雨中の“通算最多勝争い直接対決”を制している。

雨中の乱戦とも形容すべき展開になったGT300クラスの今季初戦だが、最前線では緊迫した優勝争いが展開されていた。ポール発進だった#55 ARTA NSX GT3(高木真一&福住仁嶺/タイヤはブリヂスト・・・

ニュースを読む

SUPER GT開幕戦は14日、岡山国際サーキットで決勝日を迎えた。レースは雨に翻弄されることとなり、セーフティカー導入や赤旗中断が相次ぐ展開に。そのなかでGT500クラスを制したのはARTA NSX-GT(野尻智紀&伊沢拓也)だった。昨季最終戦に続く2連勝。

決勝日の岡山国際サーキットは予報通りというべきか、雨に見舞われた。午後2時30分、82周の決勝レースはセーフティカー(SC)先導でスタート。3周終了時にSCが撤収し、実質的開戦・・・

ニュースを読む

13日、SUPER GTシリーズ開幕戦の公式予選が岡山国際サーキットであり、GT500クラスは日産が1-2で最前列を占拠、ニスモ組GT-Rの松田次生&ロニー・クインタレッリがポールポジションを獲得した。GT300クラスのポールはARTA NSX GT3の高木真一&福住仁嶺。

岡山国際サーキットで2019年のSUPER GTが幕を開けた。予選日の路面は一貫してドライ。予選は今季もクラス別2段階ノックアウト方式で、午後2時45分に開始され・・・

ニュースを読む

12日、SUPER GT開幕戦の予選日を翌日に控えた岡山国際サーキットには続々と“参戦人車”が集結、いよいよ開戦のムードが高まってきている。

競技レベルも人気も世界最高峰といっていいハコ車レース、SUPER GT。国内7戦と海外1戦(タイ大会)の計8戦から成るシリーズ戦は、今年も岡山国際サーキットで幕を開ける。予選前日のこの日(金曜)はいわゆる搬入日で、GT500クラス15台、GT300クラス29台、総計44台の参戦マシンと各陣営の人・・・

ニュースを読む

9日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、今年8月の鈴鹿10時間耐久レースに、1998&99年F1王者ミカ・ハッキネンが参戦すると発表した。スーパーフォーミュラ王者の石浦宏明らと組み、マクラーレン「720S GT3」に乗る。

伝統の鈴鹿1000kmレースを受け継いで、昨年から始まった鈴鹿10時間耐久レース(鈴鹿10H)、2度目の開催となる今年は国際的に見ても大きな話題を伴っての開催になることが決まった。1998年と1999年に・・・

ニュースを読む

米アラバマ州のバーバー・モータースポーツパークで現地7日に開催された2019年インディカー・シリーズ第3戦決勝、佐藤琢磨が自身初のポール・トゥ・ウインで通算4勝目を達成した。完封勝利といってもいい、見事な内容だった。

常設ロードコースのバーバーを90周する決勝レース(路面ドライ)、今季初のポールポジションからローリングスタートに臨んだ佐藤琢磨(#30 Rahal Letterman Lanigan Racing/ホンダ)は、しっかり先・・・

ニュースを読む

日本時間8日早朝(現地7日)、「NTTインディカー・シリーズ」の第3戦決勝レースで佐藤琢磨がポール・トゥ・ウイン、今季初優勝を飾った。

米アラバマ州のバーバー・モータースポーツパーク(常設ロードコース)で開催された今季第3戦。シーズン初のポールポジションからスタートした佐藤琢磨(#30 Rahal Letterman Lanigan Racing/ホンダ)は90周のレースをほぼ制圧し、トップでチェッカーを受けた。終盤にコースオフを演じ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ときわ公園

燃費27.0km/L

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

走行距離13500km。長距離通勤に使ってますが、結構なエコ走行だと思い...[ 続きを見る ]

gokuhaze

通勤での実燃費がカタログ燃費をはるかに超えるリッター20km/L なかな...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針