子俣有司@Spyder7

カーライフニュース - 子俣有司@Spyder7

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMW X6M 新型は2020年デビューか、車内&デジタルコックピットを激写

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年03月14日(木) 08時00分

BMWの大型クロスオーバーSUV、『X6』のハードコアモデル『X6M』新型プロトタイプをカメラが捉えた。さらに今回は、その車内を初めて撮影することに成功した。

コックピットに目をやると、フルデジタルクラスタや、ディスプレイの模様を空中に映し出し、映像を指先で触れて操作可能なフローティングタッチディスプレイをセンターに配置している。その下のレジスターとの間やセンターコンソールには、カーボントリムを配置。またコンストラスト・ステッチが施さ・・・

ニュースを読む

BMW『3シリーズ』新型に設定される派生ワゴン『3シリーズツーリング』の次期型プロトタイプが、これまでで最も軽いカモフラージュで現れた。

次期型で最大の注目とされていたのは、リアクォーターウィンドウだ。新型セダンで採用されている、BMW伝統のアイデンティティ「ホフマイスター・キンク」デザイン(ウィンドウ隅が鋭角にキックアップされている)が、ツーリングで廃止される可能性が噂されていた。そしてついに、その秘密が明かされた。

厳密には完全・・・

ニュースを読む

BMW「i」シリーズ第4弾はEVクーペ!クラス最速の加速力

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年03月11日(月) 19時30分

BMWが新たにEV市場に投入する4ドアクーペ、『i4』プロトタイプの実車が豪雪のスカンジナビアを走り抜けた。i4は、『i3』『i8』、そして2019年内にも登場が噂されるクロスオーバーSUV、『iX3』に続く「i」ブランド第4弾のモデルだ。

ベースとなるのは2017年のフランクフルトモーターショーで発表された『i ビジョン ダイナミクス』とされているが、実車を見るとレギュラー幅のフェンダー、実用性を高めたハッチバックデザインなど、『4・・・

ニュースを読む

プジョーは、ジュネーブモーターショーで欧州Bセグメント・ハッチバックの『208』新型を初公開したばかりだが、そのクロスオーバーSUV版となる『2008』をこれまでで最もカモフラージュが軽い状態で捉えた。

『DS 3 クロスバック』新型プロトタイプと一緒に捉えた車輌は、これまで隠されていたフロントグリルを開放。さらに208同様の3本の牙のようなデザインをあしらったヘッドライトや、バンパーに伸びる縦型のLEDデイタイムランニングライトの一・・・

ニュースを読む

ランドローバーの7人乗りコンパクトSUV、『ディスカバリースポーツ』改良新型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。

同ブランドの最小クロスオーバーSUVとして、2015年にデビューした現行モデルは、瞬く間にベストセラーへと成長。初のフェイスリフトが行われる。キャッチしたプロトタイプは、フロントマスク全体がカモフラージュされているが、新グラフィックのヘッドライトの一部や、大型のコーナーエアインテークが見てとれる。また市販・・・

ニュースを読む

アウディの新型クーペSUV『Q4』に設定されるハードコアモデル、『RS Q4』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

ジュネーブモーターショー2019にてアウディは電動SUV『Q4 e-tron』を発表したが、今後発表されるとみられる内燃機関バージョンのQ4シリーズの頂点に設定されるのが「RS Q4」となる。

プロトタイプは、ベースモデルより大型のコーナーエアインテーク、深いサイドシル、「アウディスポーツ」のロゴ入りブレーキキャ・・・

ニュースを読む

フェラーリ ディーノ、V6ハイブリッドで50年ぶり復活か

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年03月08日(金) 08時00分

フェラーリが、今後2〜3か月で発表するとみられる、新型車の開発車両をカメラが捉えた。

豪雪のフィンランドで捉えたプロトタイプは、『488』をベースとしたテストミュールだ。しかし、ミッドシップらしいリアフェンダーの大型エアインテーク、フロントウィンドウの黄色いハイブリッドステッカー、そしてなにより撮影したカメラマンがV6サウンドだと証言していることから、噂されているミッドシップのV6ハイブリッドモデルと予想される。

フェラーリ初の「H・・・

ニュースを読む

VWの次世代EV「ID.」第1弾の名前は『ネオ』…最新テスト車両を目撃

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年03月07日(木) 08時00分

フォルクスワーゲンが、2020年に「ID.」ブランド第1弾として発売を予定している新型車を、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。またその車名は「NEO」(ネオ)と呼ばれる可能性が高いこともわかった。

ネオは、『ゴルフ』サイズのオールエレクトリック・ハッチバックで、「MEB」(モジュラー エレクトリックドライブ マトリックス)を採用する最初のモデルとなる。ネオ以降、SUVやミニバンなど多くのモデルに展開される予定だ。既に公式にプロトタ・・・

ニュースを読む

スペイン車ブランドセアトの人気ハッチバック、『レオン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

フィンランド山中でキャッチした開発車輌は、シャープにつり上がるヘッドライトを装着。以前はBMW『Z4』風ドットタイプのグリルを装着していたが、最新プロトタイプではハニカムメッシュへ変更されているほか、三角に光る新デザインのテールライトもくっきりと見てとれる。

ブレーキをかけると、リアウィンドウ下の第三のブレーキライトも同時に作動。テール・・・

ニュースを読む

アウディ e-tron に早くも派生モデル...「スポーツバック」をスクープ!

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年03月06日(水) 08時00分

3月5日に開幕したジュネーブモーターショーで電動SUV『Q4 e-tron』を発表したばかりのアウディ。早くも“次”のEV『e-tronクワトロ スポーツバック』の情報が飛び込んで来た。市販型プロトタイプの姿を、カメラが初めて捉えた。

e-tronクワトロ スポーツバックは、2017年4月の上海モーターショーで初公開されたコンセプトモデル「Audi e-tron Sportback concept」の市販型となる。超薄型LEDヘッドラ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

nice

さいあく

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:nic***** さん
総合評価:

とにかく燃費が悪い 以前のバモスの方がよっぽど良かった シートレイアウト...[ 続きを見る ]

hiwai

総合力は◎ 欠点はどこだろう?

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:hiw***** さん
総合評価:

古物商を取得して車の売買をしておりますが、軽と電気自動車を抜くとダントツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針