ロータス

カーライフニュース - ロータス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スポーツカーのロータスカーズを擁するグループロータスは6月4日、ジャン マルク・ゲールズCEOが退任し、新CEOが就任した、と発表した。

ジャン マルク・ゲールズ氏は2009〜2012年、PSAグループの社長を務めた人物。高級ブランド、「DS」の立ち上げに尽力したことで知られ、2009〜2010年には、PSAグループに過去最高の新車販売をもたらした。

また同氏は、PSAグループ以前には、ダイムラー、GM、フォルクスワーゲンなど、大手・・・

ニュースを読む

ロータス70周年、エキシージ 限定モデルを国内導入 1058万4000円

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月18日(金) 16時30分

エルシーアイは、ロータス70周年を記念した限定モデル「エキシージ 70th アニバーサリーエディション」の販売を5月17日より開始した。限定16台で価格は1058万4000円。

ロータス創業者のコーリン・チャップマンが最初のクルマを製造した1948年から70年、2018年はロータスカーズにとって70周年のアニバーサリーイヤー。今回、アニバーサリーイヤーを記念して欧州にて25台限定で発売したエキシージ 70th アニバーサリーエディショ・・・

ニュースを読む

英国のスポーツカーメーカーのロータスカーズは、『エキシージ・スポーツ410』を発表した。

同車は、「エキシージ」の新グレード。サーキット走行を重視した「エキシージ・カップ430」のノウハウを生かしながら、完璧なロードカーを目指して開発されたのが、エキシージ・スポーツ410となる。

エキシージ・スポーツ410では、エアロダイナミクス性能を追求。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、・・・

ニュースを読む

英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは4月5日、『エキシージ・カップ430タイプ25』を発表した。

同車は、「エキシージ・カップ430」をベースにした特別モデルで、25台を限定生産する計画。1963年にF1に参戦したロータス「タイプ25」に敬意を払い、タイプ25のモチーフをエキシージ カップ430に取り入れた。

エキシージ カップ430タイプ25では、ボディカラーに「ロータスレーシンググリーン」と「オールドイングリッシュホワイ・・・

ニュースを読む

イギリスのバックヤードビルダーとしてスタートしたロータスは、ライトウエイトスポーツを得意とするメーカーとして有名だ。

その歴史は紆余曲折したものであるが、現在のロータスには、まるで創業者のコーリン・チャップマンが復活して作り上げたのではないかと思わせるほどにピュアなライトウエイトスポーツモデル、『エリーゼ』が存在する。

試乗した「スプリント220」は878kgのボディに、最高出力は220馬力、250Nmのトヨタ製1.8リットルスーパ・・・

ニュースを読む

ジャパンインターナショナルボートショー2018の会場には、クルマの展示も多数みられた。どういった狙いがあるのだろうか。

まず神奈川トヨタ、名古屋トヨペットなど、マリン事業を手掛ける自動車関連の企業ブースが出展されている。さらに会場にはランボルギーニ、アストンマーティン、ロールスロイス、ロータス、マクラーレン、テスラなどが実際に車両をを持ち込み、来場者に訴求していた。

狙いは何だろうか。一つには価格帯。「何かのイベントに出展すると出展・・・

ニュースを読む

ロータスカーズは2月20日、ロータス『3-イレブン』の最終モデル、「3-イレブン430」を発表した。

3-イレブンは2015年、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初公開。ロータスカーズが開発を進めてきた新型スポーツカーで、歴代ロータス車で最速のパフォーマンスが追求されている。

3-イレブンは、ウインドスクリーンやサイドウインドウのないスパルタンなデザインを採用。ロータス車らしく、カーボンファイバーやア・・・

ニュースを読む

『エリーゼ』は、ロータスが1996年から販売しているモデルで、現在のロータスのモデルラインアップのなかでもっともベーシックなモデルとなる。

アルミ製のフレームにFRPのボディを組み合わせるというロータスらしい、ハンドメイドセクションの多い作りも多くのファンに支持されている理由のひとつとなっている。そのアルミフレームの結合はリベットではなく、接着剤を用いるという手法が採られている。

エンジンとミッションはコクピット後方に搭載される純粋・・・

ニュースを読む

ロータス エヴォーラ に410hpの軽量仕様、GT410スポーツ発表

by 森脇稔 on 2018年01月13日(土) 09時15分

ロータスカーズは1月11日、『エヴォーラ』に「GT410スポーツ」を設定すると発表した。

このエヴォーラGT410スポーツは2016年春、ジュネーブモーターショー2016で発表された「エヴォーラ・スポーツ410」の後継モデルとなる。

エヴォーラ GT410スポーツでは、さらなる軽量化が図られた。ロータスチューンのオーリンズ製ダンパーによりマイナス13kg、チタン製エグゾーストによりマイナス10kg軽量化。従来のエヴォーラ スポーツ4・・・

ニュースを読む

英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは11月9日、『エキシージ カップ430』を発表した。

同車は、最強の『エキシージ』を目標に開発。『エヴォーラ』の最強グレード、『エヴォーラGT430』のノウハウを導入し、史上最強のエキシージを目指した。

エキシージ カップ430には、エアロダイナミクス性能を追求した新デザインのボディを採用。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、最大22・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針