ボッシュ

カーライフニュース - ボッシュ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボッシュ(Bosch)は6月17日、ダイムラートラックとボルボグループの合弁会社「セルセントリック」との間で、燃料電池車向けの電動空気圧縮機の長期供給契約を締結した、と発表した。

燃料電池は、水素を大気中の酸素と反応させて、水と熱、電気エネルギーを生み出す。ろ過された空気を供給する電動空気圧縮機は、燃料電池システムの主要なコンポーネントのひとつだ。

ボッシュは、20kWと30kWの2種類の電動空気圧縮機を用意している。30kW仕様の・・・

ニュースを読む

ボッシュは6月17日、オンラインにて年次記者会見を開催し、2020年度の日本国内における第三者連結売上高は2690億円で、コロナ禍の影響を受けながらも黒字を達成したと発表。併せて2022年後半より「iBooster」を日本でも製造開始することを明らかにした。

登壇したのはクラウス・メーダー代表取締役社長の他、クリスチャン・メッカー副社長、クロスドメインコンピューティングソリューション事業部のエドウィン・リーベマン事業部長の3名。

◆・・・

ニュースを読む

ボッシュは6月7日、ドイツ・ザクセン州の州都ドレスデンに新たな半導体製造工場をオープンさせ、そのオープニング記念イベントを開催した。式典はオンライン形式で行われ、ボッシュのフォルクマー・デナー会長やメルケル首相など複数の要人も参加する盛大なものとなった。

◆「工場の「AIoT」化によりチップ製造における新基準を打ち立てる」ガナー会長

この半導体工場はシリコンウエハーの製造拠点として立ち上げるもので、まずは電動工具向けのチップ生産を7・・・

ニュースを読む

ボッシュは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、日本初出展の燃料電池製品などを紹介する。

◆燃料電池パワーモジュール(商用車向け燃料電池システム・日本初出展)

出力に応じて規模を変更できる燃料電池システムは、水素をもとに電気を発生。主に商用車、特に長距離車両向けとなる。同システムは燃料電池スタック、スタックの稼働に必要な水素の供給や吸気を扱うサブモジュール、冷却回路、電流供給装・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年の1年だけでeモビリティ=電動ドライブシステムに対する大規模な追加投資を7億ユーロ(約910億円)行うと発表した。

eモビリティは、ボッシュのパワートレインテクノロジー関連のコア事業となりつつある。ボッシュのeモビリティ分野への投資は、すでに合計で50億ユーロに達している。

電動パワートレインコンポーネントの売上高は、市場の2倍のペースで成長を続け、約40%増加している。ボッシュは202・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年から2024年にかけて、燃料電池関連のテクノロジーに10億ユーロ(約1300億円)以上を投資する計画を発表した。

ボッシュは、メガトレンドのひとつである水素関連の成長市場に注力している。EU内のグリーン水素市場の年間成長率は65%で、2030年までに400億ユーロ規模に成長すると予測している。燃料電池は水素を電気に変換するもので、ボッシュは自動車などのモビリティ用途と定置用の燃料電池ソリュ・・・

ニュースを読む

ボッシュグループ(Bosch Group)は4月22日、2020年通期(1〜12月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、2020年通期の売上高は715億ユーロ(約9兆3350億円)。前年に対して、6.4%減だった。

また、2020年通期のEBIT(支払金利前税引き前利益)は、およそ20億ユーロ(約2610億円)。前年の33億ユーロに対して、39.4%減少している。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大と、・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は4月14日、燃料電池システムの量産に向けて、新たな合弁会社の「ボッシュ水素パワートレインシステムズ(重慶)」を中国に設立した、と発表した。

この合弁会社は、中国の商用車メーカーの慶鈴汽車と共同で設立された。新会社は、燃料電池システムを生産・販売する。両社の技術とノウハウを合わせて、中国の燃料電池市場の発展と自動車産業の変革に貢献することを目標に掲げている。

中国自動車技術者協会の予測によると、燃料電池システム・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は3月10日、二輪車向けの自動緊急通報システムの「ヘルプコネクト」が、ボッシュの電動アシスト自転車向けアプリ「eBikeSystems」と、二輪車向けナビゲーションアプリ「calimoto」でも利用できるようになった、と発表した。

ヘルプコネクトは、万一の事故の際、ライダーが迅速に救助を受けられるようにするのが目的だ。ヘルプコネクトは、ボッシュのモーターサイクル用「スタビリティ コントロール(MSC)」の主要構成・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は2月18日、マイクロソフト(Microsoft)と提携を結び、自動車をクラウドに接続するためのソフトウェアプラットフォームを共同開発すると発表した。

この提携の目標は、自動車のライフサイクルを通じて、車載ソフトウェアの開発と展開を簡素化し加速することにある。新しいプラットフォームは、マイクロソフトの「アジュール(Azure)」をベースにする。これに、ボッシュのソフトウェアモジュールを組み込む。両社が共同開発する・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

KP-61

愛犬用の車(130G)

車種名:トヨタ iQ
投稿ユーザー:KP-***** さん
総合評価:

3月に愛犬とのドライブ用にセカンドカーとして2014年型(2014年11...[ 続きを見る ]

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針