日立製作所

カーライフニュース - 日立製作所

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車およびJR東日本、日立製作所の3社は10月6日、水素をエネルギー源とした鉄道用ハイブリッド車両(燃料電池)試験車両「HYBARI」を連携して開発すると発表した。

水素は様々な原料や再生可能エネルギーを活用して製造することができるうえ、エネルギーとして利用する際は二酸化炭素を排出しないという優れた環境特性を持つ。3社は水素をエネルギー源とする次世代鉄道車両の開発により、地球温暖化防止やエネルギーの多様化などによる脱炭素社会の・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車とデンソーの車載半導体開発の合弁会社ミライズテクノロジーズは8月17日、東京大学などと、データ駆動型社会の実現に向けて「先端システム技術研究組合」(略称=ラース)を設立したと発表した。

ラースを設立するのは同社、東大のほか、凸版印刷、パナソニック、日立製作所。

ラースは、IoTデバイスでセンシングしたデータを5Gで集めてAIで高度な分析を加えてサービスとして提供するデータ駆動型社会を支えるシステムに必要な専用チップのデザ・・・

ニュースを読む

産業技術総合研究所人工知能研究センターと日立製作所は6月2日、人や自動車などの移動体の位置情報の時間変化を表す移動体データ形式「MF-JSON形式」が地理空間情報の国際標準化団に提案し、国際標準仕様として採択されたと発表した。

自動運転や防災、公衆衛生対策などで、人や自動車などの移動データの流通・共有が重要視されているものの、統一的なデータ形式がなかったため、異なるシステム間での円滑なデータ連携を図る方法が求められていた。

産総研と・・・

ニュースを読む

日立など4社、「電動車活用推進コンソーシアム」を設立

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月12日(火) 13時00分

NTT、日立製作所、リコー、東京電力ホールディングスの4社は5月11日、企業・団体等、合計40事業者の賛同を得て、電動業務用車両の普及を目的とした「電動車活用推進コンソーシアム」を設立した。

地球温暖化が進む中、運輸分門におけるCO2排出量削減方策として車両の電動化が期待されている。また車両の電動化は、災害時には電気を取り出せる等、企業活動はもとより、地域の人々の生活を守る、災害に強いまちづくりへの貢献にもつながる。その一方、業務車両・・・

ニュースを読む

ワンストップ型で ETC の普及を促進する---神奈川県道路公社が社会実験へ

by レスポンス編集部 on 2020年03月01日(日) 15時45分

システム整備コストが安価なキャッシュレス決済システム「ワンストップ型ETC」の導入に向けて、モニターによる社会実験が本町山中有料道路料金所(神奈川県横須賀市)で2020年3月23日から5月21日まで実施される。

高速道路ではETC(ノンストップ型自動料金支払いシステム)が普及しているが、地方道路公社などではシステム整備コストが負担となるため、整備されていない。いっぽうで、ETC技術を活用した、初期費用および維持管理費用が安価なネットワ・・・

ニュースを読む

官民連携で地方交通の課題解決 日立地域でMaaSの実証実験を実施へ

by レスポンス編集部 on 2020年01月29日(水) 10時30分

茨城交通やみちのりホールディングス、日立製作所などで構成する日立市新モビリティ協議会は、2020年2月から日立地域でMaaS(モビリティアズアサービス)の実証実験をスタートする。

実証実験は、自家用車の依存度が高い地方部にMaaSを導入して公共交通の利便性を高め、地域における社会課題の解決を目指す。具体的には、通勤時、自宅近辺のバス停を指定できる「通勤型デマンドサービス」を運行するとともに、「大沼BRT」バス停と大沼エリアの間を相乗り・・・

ニュースを読む

日立製作所と羽後交通は、秋田県初の取り組みとして、スマートフォン向けWebアプリとQRコードを活用した、路線バス運賃のキャッシュレス決済システムの実証実験を1月24日から3月31日まで実施する。

近年、国内ではキャッシュレス決済の普及に向けた動きが加速。主要都市の交通機関では交通系ICカードを用いた運賃決済が主流となっているが、地方の路線バス事業では、導入コストなどの問題で、キャッシュレス決済の導入が困難だった。このような状況の中、日・・・

ニュースを読む

AIが疾病者の緊急度を判定へ 日立と京都橘大が研究

by レスポンス編集部 on 2019年12月30日(月) 15時30分

日立製作所は12月24日、京都橘大学と、119番通報を受信する通信指令員向けに、AI(人工知能)を活用して傷病者の緊急度判定を支援するシステムを共同研究すると発表した。

共同研究では、豊中市消防局の協力を得て、119番通報時の聴取内容を活用してAIによる予測モデルを構築、年齢や性別、症状、既往歴といった通報時における聴取内容からリアルタイムで緊急度と病名を予測するシステムを開発する。今後、京都橘大学と日立は、AIによる判定内容と搬送先・・・

ニュースを読む

ホンダと日立製作所は10月30日、傘下の自動車部品メーカー4社を統合し、新会社を設立と発表した。まずホンダが筆頭株主のケーヒン、ショーワ、日信工業にTOBを行い、完全子会社化した後に、日立オートモティブシステムズがその完全子会社を吸収合併する。

「これからの自動車業界の技術進化は、電動化やシャーシ制御、運転支援システムが個々に進化しながら今まで以上に連携し、統合に向かうと認識している。ホンダの機能部品を担ってきた3社の強み、日立オート・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ…………。

日立製作所とホンダが、傘下の自動車部品会社4社を統合し、1年後をめどに新会社を設立すると正式に発表した。

10月30日午後5時から東京・台東区にある日立グループが入る「上野イーストタワー」で行われた臨時の記者会見には、日立製作所から小島啓二副・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

カンノマン

デイズハイウエイスター(B21W 4WD)からデイズハイウエイスターシン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針