フィアット

カーライフニュース - フィアット

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ステランティスジャパンは、フィアット『500(チンクエチェント)』シリーズに、新グレード「1.2 Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を追加し、4月25日より販売を開始した。価格はハッチバックが309万円、カブリオレが326万円。

1.2リットルエンジンを搭載したフィアット500/500C 1.2ドルチェヴィータは、日常の運転でよく使う低回転域で安定した性能を発揮。スムーズな加速と安定した走り、低燃費を実現している。

また、新グ・・・

ニュースを読む

フィアット 500X、 電動ソフトトップ特別装備の限定車発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月28日(木) 16時00分

ステランティスジャパンは、フィアットのコンパクトSUV『500X』をベースにした特別仕様車『500X Brezza(ブレッザ)』を3月28日より150台限定で発売する。価格は420万円。

500X ブレッザは電動開閉式ソフトトップを特別装備し、ジェラートホワイトとパッションレッドの2色を用意。ジェラートホワイトは100台、パッションレッドは50台の限定販売となる。

発売を記念して、2つのキャンペーンが行われる。「FIAT 500X ・・・

ニュースを読む

フィアット・ヌォーヴァ500モチーフのティッシュケース登場

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月20日(水) 18時00分

フェイスが運営するノリモノの雑貨ブランドCAMSHOP.JPは、フィアットの中でも特にクラシックカーファンに人気の『Nuova 500(ヌォーヴァ・チンクエチェント)』をモチーフにしたティッシュケースを発売する。価格は6600円。

1957年から1977年にかけてフィアットが製造・販売したヌォーヴァ500は、その丸みを帯びたヘッドライトと愛嬌ある外観で、今も世界中の多くの人々に愛されている。初代「500」と区別するために「ヌォーヴァ(・・・

ニュースを読む

フィアット 500 1.2カルト、仕様向上しながらプライスダウン---3万円

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月19日(火) 18時40分

ステランティスジャパンは、フィアットのコンパクトカー『500 1.2 Cult(チンクエチェント 1.2カルト)』の仕様を変更し、3月19日より発売する。新たな価格は259万円からとなり、従来モデルよりも3万円低価格で提供される。

今回の仕様変更では、装備の向上が図られている。具体的には、従来の14インチスチールホイールから15インチのアルミホイールへの変更、ミラーキャップのカラーをボディ同色からブラックに変更、そしてフィアットロゴが・・・

ニュースを読む

犬の散歩で我が家の前を通りがかったボストンテリアの飼い主さんに「随分大きく“500”って書いてあるけど、島崎さんのクルマ(=500のツインエア)とは違うの?」と訊かれ、「同じ(フィアット)ですが(車種は)違います」と答えた。500のロゴは、相当目立つらしい。

ご存知のとおりフィアット『500X』は、ジープ『レネゲード』とプラットフォームを共有して誕生。日本市場には2015年から導入開始し、2022年11月のマイナーチェンジで、『500・・・

ニュースを読む

フィアットは2023年末、ツインエアエンジンの生産終了に伴って伝統あるコンパクトカー『パンダ』現行モデルも終了となることを発表。その後、延命が決定されたものの次期型へのモデルチェンジも予告されている。2月には次期型を示唆するコンセプトカーを公開したが、果たしてパンダはどのような姿に進化するのだろうか?

次期パンダは、同じステランティス傘下のシトロエン『e-C3』と同じEV対応プラットフォームを採用するEVとなるのが最大の目玉だ。そして・・・

ニュースを読む

フィアットのオリビエ・フランソワCEOは2月25日、製品ラインナップの次のステップを明らかにした。常に変化する世界のモビリティ市場にフィアットは、『パンダ』にインスパイアされた製品コンセプトの新型車ファミリーを導入する。


◆パンダ、メガパンダ、ギガパンダ
新型車は共通のグローバルプラットフォームを共有し、電気、ハイブリッド、ICEパワートレインを用意して、世界中の顧客に提供される。2024年7月には新ファミリーの最初の車が発表され、・・・

ニュースを読む

フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入

by レスポンス編集部 on 2024年02月27日(火) 13時30分

フィアットは2月25日、SUVコンセプトを欧州で発表した。フィアットのオリヴィエ・フランソワCEOは同日、フィアットの製品ラインアップの次のステップを発表し、その中の1車種だ。

新しいモデル群は、世界中のストリートを制覇し、ブランドのラインナップを完成させるためにデザインされている。ステランティスグループの一員として、フィアットは車体設計に新開発のグローバルプラットフォームを利用し、それにイタリアン・クリエイティビティ、すなわち美しさ・・・

ニュースを読む

フィアット『パンダ』次期型を示唆、コンセプトカー発表

by 森脇稔 on 2024年02月26日(月) 14時20分

フィアットは2月25日、コンセプトモデル『シティカー』を欧州で発表した。次期『パンダ』を示唆している。フィアットは同日、製品ラインアップの次のステップを発表した。シティカーは複数が発表されたコンセプトカーの一つ。

シティカーは、現行パンダよりもボディサイズが大きい。フィアットが“メガパンダ”と呼ぶサイズ感だ。デザインは、ブランド発祥の地のイタリア・トリノの象徴的な建物、屋上にテストコースがあった「リンゴット」からインスピレーションを得・・・

ニュースを読む

「世界で最も醜い車」という不名誉な称号を持つフィアットのMPV『ムルティプラ』。このある意味伝説のモデルともいえるムルティプラが復活する可能性があるという情報を、スクープ班が入手した。果たしてその姿とは…?

その個性的なデザインが話題に上がるムルティプラは、1998年に登場した2代目。丸みを帯びたボディに、ドアパネルよりも大きなガラスエリア、小型ボディの2列シートでありながら6人乗車が可能な、実用性に優れたMPVとして登場した。評価の・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針