ジャパンキャンピングカーショー

カーライフニュース - ジャパンキャンピングカーショー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

今年の3月11日で東日本大震災から10年。今年に入ってからも、日本各地で地震が頻発している。地震、災害大国の日本では、10年前の経験を生かし、さまざまな施策、対策が取られている。

◆地震や災害…愛犬の為にいざという時の備えは?

環境省による「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」が策定されているとはいえ、実際に愛犬との避難ともなれば、ほとんどの避難所では屋内にペットを同行させることはできない。飼い主が学校の避難場所の屋内に避難・・・

ニュースを読む

発売されるや大人気となったシトロエン『ベルランゴ』と、プジョー『リフター』にポップアップルーフを装着したキャンパー仕様車が、ホワイトハウスから登場。「ジャパンキャンピングカーショー2021」で初披露された。アウトドア派に魅力的な両車を紹介する。

ホワイトハウスはこれまでにトヨタ『ハイエース』からホンダ『N-VAN』にいたる幅広い車種を対象に、多くのキャンピング仕様車を提供してきた。中でも同社はフランス車であるルノー『カングー』をベース・・・

ニュースを読む

家族や仲間とキャンプするイメージが強いキャンピングカーの中で、あえて「ひとり旅」用とした「マイクロバカンチェス」軽キャンパーが、リンエイプロダクトから登場した。1人用とした軽キャンパーのメリットはどのような点にあるのだろうか。

実は軽キャンパーのオーナーは一人で利用する割合が多いという。軽キャンパーは元々車内のスペースだけでなく幅も狭く、2人分の就寝スペースを用意すると冷蔵庫や電子レンジといった設備を搭載できなくなってしまうからだ。サ・・・

ニュースを読む

株式会社ケイワークスのブース(ジャパンキャンピングカーショー2021)では、移動可能なオフィスをコンセプトにした、オフィスカーが3台展示されている。

これらのオフィスカーは、トレーラータイプ、トヨタ『ハイエース』をベースにしたカスタムモデル、ホンダ『N-VAN』をベースにしたカスタムモデルとなっているが、これらのモデルの特徴、そしてオフィスカーを企業が導入することで、どのようなメリットがあるのか、営業部営業2課営業担当の及部智充氏にお・・・

ニュースを読む

今、人気うなぎ登りの軽キャンパー。そんな中、軽キャンパーでもっと広く快適に過ごしたい! そんな願いを込めてスマイルファクトリー(島根県益田市)が新開発したのが軽キャンパー『オフタイムトラベラー2』の「横開きポップアップルーフ仕様」である。

軽キャンパーが人気である理由、それは子育てを終えたシニア世代が老後に向けて夫婦2人で全国を回るといった使い方や、テレワークが日常化して個室を持ちたいと考える人が増えたことなどが背景にあるからだ。特に・・・

ニュースを読む

株式会社TCL(株式会社ホワイトハウス・グループ)は、簡単に組み立て・分解が可能なドーム型ハウス『イージードームハウス』をジャパンキャンピングカーショー2021に展示。

このイージードームハウスは、上部、下部、床パネルに耐水性、耐衝撃性、耐熱性、耐寒性などに優れた、高密度ポリエチレンが採用された、ドーム型の建築物。使用者のライフスタイルに合わせて、キャンプ施設やオフィススペースとして、または子供の遊び部屋としてなど、様々な使いかたがで・・・

ニュースを読む

ジャパンキャンピングカーショー2021、ケイワークスのブースでは、時間や場所にとらわれない働き方が可能になる、移動可能なオフィスをコンセプトにした、オフィスカーを3台展示した。

これらのオフィスカーは、それぞれトレーラータイプ、トヨタ『ハイエース』をベースにしたカスタムモデル、ホンダ『N-VAN』をベースにしたカスタムモデルとなっていた。

まずトレーラータイプのモデルは、同社がリリースする『トレイルワークス』をベースに、160Ahリ・・・

ニュースを読む

日本最大級のキャンピングカー製造メーカーであるナッツRVは、今年2月の名古屋キャンピングカーショーで発表した最新のサブバッテリー充電システム「Hyper Evolution System(ハイパーEVO)」を紹介した。

◆リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの採用で安全性と高い充放電特性を両立

同社ではこれまで充電システムに鉛バッテリーを使う「Evolution System」を採用していたが、バッテリーの特性上、長時間利用に対する課題・・・

ニュースを読む

「世界一幸せな動物」といえばクォッカワラビーだ。その動物の名前を冠する軽キャンパーをジャパンキャンピングカーショー2021で発見した。クォッカワラビーの笑顔のようになれるキャンピングカーという意味が込められている。

製作したのはミシマダイハツ。ダイハツのディーラーだが、キャンピングカー事業部があり、キャンプ架装にも力を入れいている。取り扱い車両はダイハツに限らず、キャンピングカーメーカー各社の車両も取り扱っている。

「クォッカ」は2・・・

ニュースを読む

株式会社ホワイトハウスオートモービル(株式会社ホワイトハウス・グループ)は、アメリカのポラリス・インダストリーズ社のオフロードビークル『MRZR4』を展示。

MRZR4は、大型特殊自動車としてナンバーを取得し、公道を走行できるモデルとなっている。アスファルト、泥濘(でいねい)地、河川、岩場など、あらゆる悪路を走破できるため、大型車両や一般車両では通行できないような場所へも、迅速にたどり着くことが可能。この機動力を生かし、災害の最前線で・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

ノロマなカメ

BMW 218i アクティブツアラ...

車種名:BMW 2シリーズ (ミニバン)
投稿ユーザー:ノロ***** さん
総合評価:

通勤で往復250km(内高速200km)を走っていますが、毎回20km/...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針