豊田通商

カーライフニュース - 豊田通商

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ネクセンのスポーツパフォーマンスSUVタイヤがポルシェ マカン に採用

by レスポンス編集部 on 2018年01月11日(木) 10時48分

豊田通商グループのネクセンタイヤジャパンは、スポーツパフォーマンスSUVタイヤ『N'FERA RU1』がポルシェ『マカン』の標準装着用タイヤに採用されたと発表した。

N'FERA RU1は、高性能SUVの走りを支えるSUVスポーツタイヤとして開発した。ポルシェへの標準装着用タイヤ供給は、『カイエン』に続いて2モデル目。

ネクセンタイヤのカン・ホ・チャン社長は「ネクセンタイヤの品質と技術を向上させるとともに、世界の自動車メーカーに標準・・・

ニュースを読む

豊田自動織機と豊田通商は、メコン地域での販売強化を目的とした産業車両地域販売統括会社「トヨタ マテリアル ハンドリング(TMHTH)」をタイ・バンコクに設立し、2018年1月から営業開始すると発表した。

タイを中心にしたメコン地域は、自動車産業をはじめとした製造業を基盤に発展してきた。近年は著しい経済成長を背景に、食品・小売物流の発展が目覚しく、アジア経済共同体内での関税撤廃など、今後さらなる物流の拡大が見込まれている。

現在タイで・・・

ニュースを読む

豊田通商は12月15日、欧米で電気自動車(EV)の車載蓄電池を活用したVehicle to Grid(V2G)電力事業を展開する米国のベンチャー企業、ヌービー社に、仏大手電力の関連会社とともに出資参画すると発表した。

ヌービー社は、充電ステーションに接続中のEVの車載蓄電池から、電力系統の電力需給バランスに応じて電気を充放電するV2Gシステムを展開する米国のベンチャー企業。同社システムは複数台の駐車中EVの充放電を同時に制御し、あたか・・・

ニュースを読む

デンソーと豊田通商は、世界初となる交通系商用アプリケーションを用いた量子コンピュータの実証実験を2017年12月より開始すると発表した。

今回の実証実験は、大規模な車両位置や走行データを量子コンピュータ上でリアルタイムに処理するもの。タイ国内のタクシー・トラック約13万台に取り付けられた専用車載器から収集した位置情報を活用し、クラウド接続したカナダのD-ウェイブ・システムズ社製の量子コンピュータ内で処理。実証を通じ、量子コンピュータを・・・

ニュースを読む

トヨタなど11社、水素ステーション本格整備に向け新会社を来春設立

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月12日(火) 16時41分

トヨタ自動車など11社は12月12日、水素ステーションの本格整備を目的とした新会社を2018年春に設立することで合意し、契約を締結したと発表した。

新会社設立に合意したのは、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダといった自動車メーカー3社のほか、インフラ事業6社(JXTGエネルギー、出光興産、岩谷産業、東京ガス、東邦ガス、日本エア・リキード)、さらに豊田通商、日本政策投資銀行の計11社。これら11社は、2017年5月より燃料電池自動車(FC・・・

ニュースを読む

「ハローキティ」柄のタイヤが登場、仕事を選ばない 2018年夏発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月01日(金) 19時45分

ネクセンタイヤジャパンは、「ハローキティ」とコラボレーションした、世界初の自動車用キャラクタータイヤ「ハローキティ・タイヤ」を2018年夏頃を予定に発売すると発表した。

韓国ネクセンタイヤは、豊田通商と合弁で日本販売総代理店「ネクセンタイヤジャパン」を設立し、2017年1月より日本市場に参入。最先端のフルオートメーション工場と厳密な品質管理で、高品質かつ経済的な製品を世界に供給しており、ポルシェをはじめ数多くの欧州高級車や日系車種に、・・・

ニュースを読む

豊田通商は、新たなモビリティサービス領域における協業推進を目的に、グラブに出資したと発表した。

デジタル技術の発達やスマートフォンなどのモバイルデバイスの普及で、カーシェアリングやタクシー配車サービス、ライドシェアが多くの国・地域で急速に発展している。東南アジア各国でも、公共交通インフラの未整備を背景に、新しい移動サービスが急拡大している。

グラブは、2012年に創業した東南アジア最大のオンデマンド配車、モバイルペイメントサービス会・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、JXTGエネルギー、出光興産、岩谷産業、東京ガス、東邦ガス、日本エア・リキード、豊田通商、日本政策投資銀行の計11社は5月19日、燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーションの本格整備に向けた新たな協業の検討を開始すると発表した。

水素・燃料電池戦略協議会の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、2020年度までに水素ステーション160箇所整備、FCV4万台普及などの官民目標を掲げている。今後は・・・

ニュースを読む

日本発の空飛ぶクルマの開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Management(CRM)は、トヨタグループ15社より、今後3年間で総額4250万円の支援を受けることが決定したと発表した。

CARTIVATORは、若手技術者・ベンチャー関係者を中心に、空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動。乗り物からもらった夢を次代に繋いでいきたいという想いの下、メンバーが業務外の時間を使い・・・

ニュースを読む

豊田通商は、子会社の豊通マテリアルが4月1日付で、豊通レアアースを吸収合併し、業務内容・サービスの拡充を行うと発表した。

豊通マテリアルは、豊田通商グループの非鉄金属・鉄鋼原料を取り扱う商社として鉄鋼原料・非鉄製品を調達・販売。また、環境負荷低減や資源の有効利用を目的に、スクラップや廃車から発生するレアアース等のリサイクルを行っている。一方、豊通レアアースは、レアアース・リチウム・その他レアメタル及び磁性材料の販売により、素材や製品の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

南風88

ミライースL

車種名:ダイハツ ミライース
投稿ユーザー:南風***** さん
総合評価:

ミライースLを購入し、2ヶ月半経っての個人評価です。 最初に燃費なので...[ 続きを見る ]

tanu21

冬は厳しいね。

車種名:日産 モコ
投稿ユーザー:tan***** さん
総合評価:

昨年の11月1日より3万キロのモコドルチェを使用していますが、今年の冬は...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針