三菱自動車

カーライフニュース - 三菱自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産、新社長兼CEOに内田専務執行役員

by 池原照雄 on 2019年10月08日(火) 22時12分

日産自動車は10月8日、同日開いた取締役会で次期社長兼CEOに中国の合弁会社である東風汽車有限の総裁を務める内田誠専務執行役員(53歳)を任命することを決議したと発表した。

同時に、三菱自動車工業のCOOであるアシュワニ・グプタ氏(49歳)を代表執行役兼COOに、日産の専務執行役員である関潤氏(58歳)を執行役副COOに任命することも決議した。いずれの人事も2020年1月1日付の発令を目指すとしている。

同日夜に横浜市の本社で記者会・・・

ニュースを読む

三菱自動車は10月4日、岡山県、倉敷市、総社市とそれぞれ災害時協力協定を締結した。

災害時協力協定の締結は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できるプラグインハイブリッド電気自動車『アウトランダーPHEV』などの電動車をタイムリーに被災地・避難所等へ届けることが目的だ。

三菱自動車では、2022年度を目標として、全国の自治体と災害時協力協定を締結する「DENDOコミュニティサポートプログラム・・・

ニュースを読む

ディーゼルのメリットは、加速するときにぐぐぐっと推し進めてくれる頼もしいトルクのあるエンジンと燃費のよさ。軽油単価の安さも魅力である。一方、デメリットは音。ガラガラとした独特の音は、住宅地ではEVモードで静かに走れるハイブリッドが増速中の日本において漢気にあふれすぎているし、音自体もそれなりに大きい。

2.2リットルのディーゼルエンジンが追加された『エクリプスクロス』である。もともと、カタマリ感のある乗り心地で、ハンドルに対してシャー・・・

ニュースを読む

米国市場の日系メーカー各社は10月1日、2019年1〜9月の新車販売台数の結果を発表した。スバルと三菱がプラスのほかは、前年同期比マイナス。日産(日産+インフィニティ)は7.1%、マツダは11.5%のマイナスだった。

●トヨタ……米国トヨタ販売(Toyota)の総販売台数は177万9302台、前年同期比は2.5%減だった。トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が新型効果で1〜・・・

ニュースを読む

三菱 デリカD:5 と eKクロス/ワゴン、2019年度グッドデザイン賞を受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月03日(木) 15時00分

三菱自動車のオールラウンドミニバン『デリカD:5』と、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が10月2日、「2019年度グッドデザイン賞」を受賞した。

今年2月にモデルチェンジしたデリカD:5は、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」と機能的かつ特徴的なフロントランプを採用。プレステージ性を高め、アクティブで洗練されたデザインを特徴としている。

今回の受賞では、先代モデルの優れた基本設計を踏襲しながら、そ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー『MI-TECHコンセプト』と新型軽コンセプトカー『スーパーハイト軽ワゴンコンセプト』を世界初披露する。

また、3月のジュネーブモーターショーで世界初披露したミッドサイズの電動SUVコンセプトカー『ミツビシ エンゲルベルク ツアラー』を日本初披露するほか、プラグインハイブリッドEV『ア・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、サニックスと提携し「電動DRIVE HOUSE」を10月3日から東日本三菱自動車販売世田谷店で販売を開始する。

電動DRIVE HOUSEは、太陽光パネルやV2H機器などで構成するシステムをパッケージ化し、電動車の購入と合わせて販売会社で販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップで案内するサービス。電動車による燃料代の節減はもとより、停電時での非常用電源としても使えるなど、電動車を中心とした新しいエネルギーサイ・・・

ニュースを読む

三菱 ミニキャブ トラック、一部グレードで予防安全技術を機能強化

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年09月24日(火) 16時33分

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブ トラック』の一部グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化し、9月24日から販売を開始する。

今回の一部改良では、「G」グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化。従来装備の誤発進抑制機能や後方誤発進抑制機能に加え、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを新規追加。サポカーS・・・

ニュースを読む

三菱自動車はコンパクトSUV『RVR』を一部改良し、全車をサポカーSワイドに該当させ、8月22日より全国で販売している。

改良されたRVRは、エクステリアデザインコンセプトを「Impact and Impulse」とし、三菱自動車のSUVがもつ力強さに加えて、洗練された都市型SUVとして、都会に映える魅力的で存在感あるデザインを目指している。また、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、左右から中央に向かって包み・・・

ニュースを読む

三菱 アウトランダーPHEV、2020年モデルを欧州発表

by 森脇稔 on 2019年09月18日(水) 16時15分

三菱自動車の欧州部門は9月16日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の2020年モデルを発表した。

アウトランダーPHEVは2013年10月、欧州最初の市場としてオランダで販売を開始した。その後順次、欧州各国に販売エリアを拡大してきた。現在はこのアウトランダーPHEVが、三菱自動車の欧州市場における最量販モデルに成長している。

◆装備充実の入門グレード設定

2020年モデルには、新たな・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針