アストンマーチン (アストンマーティン)

カーライフニュース - アストンマーチン (アストンマーティン) (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アストンマーティン(Aston Martin)は2月25日、2020年の世界新車販売台数の結果を発表した。総販売台数は3394台。前年比は42%減だった。

市場別の2020年の販売実績では、地元の英国が820台を売り上げた。前年比は43%のマイナスだった。英国を除いた欧州は、865台を販売した。前年比は19%減だった。

南北アメリカは2020年、923台にとどまった。前年に対して、55%減と落ち込んだ。アジア太平洋地域は786台を売・・・

ニュースを読む

アストンマーティン、赤字が拡大 2020年通期決算

by 森脇稔 on 2021年03月01日(月) 06時30分

アストンマーティン(Aston Martin)は2月25日、2020年通期(1〜12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は6億1180万ポンド(約908億円)だった。前年の9億8050万ポンドに対して、38%減となった。

また、2020年通期の最終損益は、3億2290万ポンド(約480億円)の赤字となった。前年の5200万ポンドの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字の拡大は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2・・・

ニュースを読む

日本のメーカーでも出展を見送ったところが複数ある東京オートサロン2021だが、輸入車インポーターではキャデラック(GM、Cadillac)とアストンマーティン(Aston Martin)がバーチャルオートサロンに出展している。東京オートサロン2021バーチャルオートサロンは11月30日まで開催中だ。

キャデラックは『XT4』『CT5』『エスカレード』の走行動画をバーチャルオートサロン向けに新たに編集・制作して配信している。『XT4』は・・・

ニュースを読む

2021年、実に60年以上ぶりとされるF1復帰を果たすのがアストンマーティンだ。年が明け、あらためての参戦決意が語られたのちにはタイトルパートナーも発表されるなど、新生アストンマーティン“出航”の動きが活発化してきている。

昨季2020年までレーシングポイントの名で活動していた陣営が今季2021年からアストンマーティンを名乗ることは昨年の早い段階で既決事項となっていたが、実際に年が明け、1月1日にはアストンマーティン首脳から意気込みが・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は12月7日、SUVの『DBX』に「ボウモアエディション」を設定し、世界限定18台を販売すると発表した。

「ボウモア」は1779年創業し、シングルモルトウイスキーで知られる。英国スコットランドのアイラ島に蒸溜所があり、職人が昔ながらの手法でシングルモルトウイスキーを生産している。

DBXのボウモアエディションは、アストンマーティンとボウモアとのパートナーシップから生まれた特別モデルだ。D・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは、11月20日から21日にかけて、“Aston Martin Deserves be driven”と題したオールラインナップを展示するイベントを東京六本木ヒルズ大屋根広場にて開催している。

◆走りの楽しさを訴求するために

今回の展示車両は、最新のSUV、『DBX』をはじめ、『DBS』、『DB11』、『ヴァンテージ』の4台が置かれ、同社のラインナップが勢ぞろいしたことになる。

アストンマーティンジャパンマネージ・・・

ニュースを読む

アストンマーティン最初のSUVモデルであり、最新モデルの『DBX』をはじめ、アストンマーティンのオールラインナップが展示される。題して「Aston Martin Deserves to be driven」=アストンマーティンは運転されるに値する。

アストンマーティンジャパンは、11月20〜21日に、東京の六本木ヒルズ大屋根プラザにオールラインナップを展示する。アストンマーティンでは「新しいブランドコンセプトを展開、アストンマーティン・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は11月2日、SUVの『DBX』の「130ウィリアム・アジャイ・スペシャルエディション」を発表した。米国ニューヨークに完成したタワーマンションの5戸の特別ルームの購入者に、もれなく付帯するという。

このタワーマンションは、マンハッタンにそびえ立つ高さ244mの66階建てで、「130ウィリアム」と名付けられた。アストンマーティンは、このマンションの59階と60階の5戸を、建築家のデビッド・ア・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、2020年1〜9月の世界新車販売台数の結果を発表した。総販売台数は1555台。前年同期比は60.5%減だった。

市場別の2020年1〜9月の販売実績では、地元の英国が470台を売り上げた。前年同期比は50%のマイナスだった。英国を除いた欧州は、440台を販売した。前年同期比は40%減だった。

南北アメリカは2020年1〜9月、342台にとどまった。前年同期に対して、74%・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、2020年1〜9月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は2億7000万ポンド(約365億円)だった。前年同期の6億5000万ポンドに対して、58%減と引き続き減少した。

また、2020年1〜9月の最終損益は、2億2910万ポンド(約310億円)の赤字となった。前年同期の2970万ポンドの赤字から、赤字幅が拡大した。

赤字の拡大は、新型コロナウイルス(SARS・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

ノロマなカメ

BMW 218i アクティブツアラ...

車種名:BMW 2シリーズ (ミニバン)
投稿ユーザー:ノロ***** さん
総合評価:

通勤で往復250km(内高速200km)を走っていますが、毎回20km/...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針