アストンマーチン (アストンマーティン)

カーライフニュース - アストンマーチン (アストンマーティン)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アストンマーティンが、2017年秋にTwitterで公開した『ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク』市販型を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

同モデルは、長きにわたるザガートとコラボレーションで誕生する4種のシリーズのうちの1台だ。このほか、「ザガート・クーペ」「ザガート・ヴォランテ」「ザガート・スピードスター」が名を連ねる。

ガスステーションで給油中を捉えた開発車両は、ほぼフルヌード状態。フロント・・・

ニュースを読む

東京オートサロン2019にアストンマーティンが初出展した。同社のサブブランド「AMR」の訴求が大きな目的だという。

アストンマーティンはジュネーブモーターショー2017においてAMRを発表した。このブランドはアストンマーティンのサブブランドと位置付けられ、「アストンマーティンが持つレースの血統を反映し、モータースポーツからテクノロジーとインスピレーションを受け、全てのラインナップに備えるスポーティな本質の強化を図ることを目的に設立され・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に初出展する。

今回の出展では、「AMR(アストンマーティン・レーシング)」を中心にしたプレゼンテーションブースを予定。AMRは、アストンマーティンのモータースポーツ活動から得たテクノロジーを活かし、スポーティな本質の強化を図ることを目的としたサブブランドだ。

今回のブースには、歴代DBシリーズ最強パワーを誇る『DB1・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は12月5日、同社のクラシックモデルをEV化する「EVパワートレインコンセプト」の第一号車を発表した。

アストンマーティンは電動化への取り組みを強化している。『ラピード』をベースにしたEV、『ラピードE』を2019年に量産化する予定で、その後、世界初の高級電動車ブランドの「ラゴンダ」の高性能EVも投入する計画を掲げている。

アストンマーティンは、この電動化戦略の一環として、クラシックモデ・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは11月14日、ブランド初のSUVの車名を『DBX』(Aston Martin DBX)と公式に発表し、同車のプロトタイプ車の画像を公開した。

アストンマーティン初のSUVは2015年春、ジュネーブモーターショー2015に出品された『DBXコンセプト』の市販版となる。DBXコンセプトはアストンマーティンが近い将来、高級GTカーセグメント参入の可能性を探る目的で開発された1台だった。

アストンマーティンは今回、このブ・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は11月7日、英国ウェールズ州セント・アサンに建設中の新工場を、電動化の世界拠点にすると発表した。

最先端の自動車生産拠点となるアストンマーティンのセント・アサン工場の建設は、現在最終段階を迎えている。このプロジェクトには、かつて国防省の空軍基地であった3つのスーパーハンガー(格納庫)を改築する作業が含まれている。新工場では、アストンマーティン初のSUVモデルの生産を、2019年後半から開・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは11月2日、新型ハイパーカー、『ヴァルキリー』(AstonMartinValkyrie)の新たな画像を公開した。

ヴァルキリーは軽量構造のミッドシップ2シーターのボディに、新開発の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果として共同開発され、アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先・・・

ニュースを読む

アストンマーティンが今年6月に初公開した究極のスーパーGT『DBSスーパーレッジェーラ』。現在はクーペのみのラインアップだが、やはりアストンマーティンは「ヴォランテ」を用意していたようだ。プロトタイプの姿をフルヌードで初めて捉えることに成功した。

「DBS」は2012年に生産が終了した後、後継モデルとなる『ヴァンキッシュ』へ世代交代。今年6年振りにDBSの名称が復活した。

小雨の中で捉えた車両は、テールライトに僅かなカモフラージュが・・・

ニュースを読む

アストンマーティン東京(東京都港区)では、4ドアスポーツカー『ラピードS』の高性能バージョン「ラピードAMR」を10月14日まで特別展示する。

ラピートAMRは、ラピードSをベースにAMR(アストン・マーティン・レーシング)が開発した高性能仕様。6リットルV型12気筒エンジンは最大出力を558psから603psに、最大トルクを63.2kgmから64.2kgmへ向上。足回りも強化し、0-100km/h加速はラピードSの4.9秒をしのぐ4・・・

ニュースを読む

アストンマーティンジャパンは10月3日、東京青山のアストンマーティン青山ハウスにおいて、F1日本グランプリのプレイベントとして、アストンマーティン・レッドブルレーシングF1イベントを開催。F1ドライバーのダニエル・リカルドも登場した。

F1グランプリ2018シーズンは、9月30日に第16戦ロシアグランプリが終わり、レッドブル・タグホイヤーアストンマーティンのコンストラクターズポイントは、メルセデス、フェラーリに次いで第3位となっている・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

3150

初めての計測

車種名:日産 マーチ
投稿ユーザー:315***** さん
総合評価:

11.89km/Lでした。どうなのかな?平均がどのくらいかわからないから...[ 続きを見る ]

16gs aristo

The普通

車種名:トヨタ アリスト
投稿ユーザー:16g***** さん
総合評価:

良く言えばオールラウンダー。悪く言えば中途半端。特に不満はありません。と...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針