アストンマーチン (アストンマーティン)

カーライフニュース - アストンマーチン (アストンマーティン)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

英アストンマーティン、『V12気筒ヴァンテージ』を復活へ

by 森脇稔 on 2021年12月02日(木) 12時15分

アストンマーティンは12月1日、『V12ヴァンテージ』(Aston Martin V12 Vantage)を、2022年に復活させると発表した。

2017年に発表された現行『ヴァンテージ』は、V8エンジン搭載車のみで、V12エンジン搭載車は用意されていない。従来型ヴァンテージには2013年5月から、『V12ヴァンテージS』が設定されていた。

V12ヴァンテージSには、6.0リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは11月4日、新型ハイパーカーの『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の量産第一号車が完成した、と発表した。間もなく、最初の顧客に納車される予定だ。

すべてのアストンマーティンのスポーツカーと同様に、ヴァルキリーは英国ゲイドンの本社工場で製造されている。専任のプロジェクトチームが、ヴァルキリーの特別な生産エリアで、組み立て工程を管理している。高度なスキルを備えたエンジニアが、世界限定150台の・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は11月4日、2021年1〜9月の世界新車販売台数(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は4250台。前年同期の1555台に対して、およそ2.7倍の伸びを達成している。

車種別の2021年1〜9月の世界販売実績では、ブランド初のSUVの『DBX』が2186台を販売して最量販車に。アストンマーティン全体の販売台数の半数以上を占めた。

また、『ヴァンテージ』などのスポーツカテゴリーは95・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は11月4日、2021年1〜9月期の決算を発表した。

同社の発表によると、1〜9月期の売上高は7億3640万ポンド(約1130億円)だった。前年同期の2億7000万ポンドに対して、およそ2.7倍と回復を果たした。

一方、1〜9月期の最終損益は、6820万ポンド(約105億円)の赤字だった。前年同期の2億2910万ポンドの赤字から、赤字幅が縮小している。

前年同期は新型コロナウイルス(S・・・

ニュースを読む

1億円超ハイパーカー『ヴァルハラ』日本公開

by 内田俊一 on 2021年11月05日(金) 12時00分

アストンマーティンジャパンはミッドシップレイアウトのハイパースポーツカーの第2弾、『ヴァルハラ』のほぼ完成モデルを日本で公開した。2023年後半から生産を開始し、総生産台数は最大999台。価格は1億0200万円から。

◆1万台計画に向けて

「ミッドエンジンプログラムは会社にとって大変重要なプログラムのひとつ」と述べるのは、アストンマーティンジャパンオペレーションズディレクターの寺嶋正一氏だ。「ミッドエンジンの新しいラインナップを導入・・・

ニュースを読む

アストンマーティン初のクロスオーバーSUVとなった『DBX』は、現在派生モデルを開発中だ。その1つである『DBX S』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

DBXは2019年にデビュー。メルセデスAMGから供給される4.0リットルV型8気筒エンジン「M177」を搭載、最高出力は550psを発揮する。現在改良新型、ハイブリッド、パフォーマンスモデル、クーペ、PHEVなど6つの派生モデルを開発して・・・

ニュースを読む

アストンマーティンの電動スーパーカー、ゲームに登場

by 森脇稔 on 2021年10月07日(木) 12時30分

ゲーム『ロケットリーグ』は10月5日、アストンマーティンの新型電動スーパーカーの『ヴァルハラ』(Aston Martin Valhalla)が、10月7日に同ゲームに登場すると発表した。

ヴァルハラとは、北欧の神話において、9の王国のひとつ「アスガルド」の壮大な館に由来している。近年のアストンマーティンは、スポーツカーの車名に「V」から始まる単語を用いており、ヴァルハラもその例に従う。

◆4.0リットルV8ツインターボ+モーターで9・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は9月28日、映画『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の10月1日公開を控えて、作品に登場する『DB5』のスタントシーンの舞台裏を紹介した映像を公開した。

アストンマーティンDB5は、映画『007』シリーズにおいて、最も有名な「ボンドカー」と称される。DB5が起用されたのは、第3作『007ゴールドフィンガー』と、第4作『007サンダーボール作戦』(1965年公開)な・・・

ニュースを読む

謎のアストンマーティン DBX、その正体は噂のV12モデルなのか?

by Spyder7編集部 on 2021年09月19日(日) 20時00分

アストンマーティンのクロスオーバーSUV、『DBX』と見られる謎の開発車両をニュルブルクリンク付近で目撃した。

DBXは、同社初のクロスオーバーSUVとして2019年に誕生。今後数年間で、ハイブリッド、パフォーマンスモデル、クーペ、PHEVなど6つの派生モデルをラインアップすることを計画していると言われる。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーの大部分がカモフラージュで覆われているが、エアインテークが拡大され、グリルパターンが現行・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは8月31日、映画『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の10月1日公開を控えて、ボンドカーの『DB5』の“ミニカー(1965年製)をフルサイズ化したレプリカ”を英国ロンドンで初公開した。実物大レプリカは当時のパッケージを模した箱入りだ。

◆最も有名な「ボンドカー」がDB5

アストンマーティンDB5は、映画『007』シリーズにおいて、最も有名な「ボンドカー」と称される。DB5が起用されたのは、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針