アストンマーチン (アストンマーティン)

カーライフニュース - アストンマーチン (アストンマーティン)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

「終活ショップ絆モデルカー店」では、オープン記念に「アストン・マーティン・フェア」を開催。1/43スケールの店主愛蔵品32台を一挙公開している。

終活を考える年代になった収集家には、元気な間に自分の意思で同じ趣味を持つ収集家に譲ることで、自ら収集した愛蔵品を末長く大切にしてほしいという気持ちがある。その橋渡しをするのが「終活ショップ絆」。今回のモデルカー店はその第1弾となる。

70歳となる店主ASTON-HAMADA氏は、1964年・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は5月6日、2021年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は2億2440万ポンド(約340億円)だった。前年同期の8880万ポンドに対して、およそ2.5倍と伸びた。

一方、第1四半期の最終損益は、1530万ポンド(約23億円)の赤字。前年同期の6790万ポンドの赤字から、赤字幅が縮小している。

赤字の縮小は、新車販売の回復による部分が大きい。2021年第・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは4月28日、世界限定88台を生産する予定の『V12スピードスター』(Aston Martin V12 Speedster)に、カスタマイズ仕様の「DBR1」を設定すると発表した。

V12スピードスターは、アストンマーティンのオーダーメイドサービス部門の「Q byアストンマーティン」と、アストンマーティンのデザイナー&エンジニア、ボーイングが共同開発した。アストンマーティンによると、最先端のモータースポーツと航空技術・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは3月22日、『ヴァンテージF1エディション』(Aston Martin Vantage F1 Edition)を発表した。クーペとロードスターが用意されている。

同車は「ヴァンテージ」をベースに、アストンマーティンが60年以上の歳月を経て、F1に復帰したことを記念したモデルだ。アストンマーティンのトビアス・ムアース新CEOの意向を直接反映させた最初の製品になるという。

◆F1公式セーフティカーのノウハウを導入

・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は3月19日、新型車を3月22日に初公開すると発表した。

アストンマーティンは、この新型車のティザーイメージを1点配信した。ボディ側面のシルエットから判断すると、『ヴァンテージ』がベースの可能性が高い。

ヴァンテージは1951年、初代モデル『DB2ヴァンテージ』がデビューした。以来、70年の間、世代交代を繰り返しながらも、優れたパフォーマンスを維持してきたアストンマーティンの高性能モデル・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは3月8日、SUVの『DBX』(Aston Martin DBX)が2021年シーズンのF1の公式メディカルカーに起用されると発表した。2021年シーズンは、アストンマーティンと従来からのメルセデスAMGの2つのメーカーが、公式メディカルカーを供給する。

◆60年ぶりのF1参戦マシンにインスパイアされたカラーリング

アストンマーティンDBXのメディカルカーは、ライムグリーンのアクセントを配した「2021アストンマー・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは3月8日、『ヴァンテージ』(Aston Martin Vantage)が2021年シーズンのF1の公式セーフティカーに起用されると発表した。2021年シーズンはアストンマーティンと従来からのメルセデスAMGの2つのメーカーが、公式セーフティカーを供給する。

◆アストンマーティンとメルセデスAMGの提携が関係

これは1960年以来、およそ60年ぶりにアストンマーティンがF1に参戦することと、アストンマーティンが、テ・・・

ニュースを読む

3月を迎え、F1の今季型マシン発表が“ラッシュ”状態だ。3日には新生アストンマーティンが「AMR21」を公開。他にも王者メルセデスの「W12」、アルピーヌ(前ルノー)の「A521」といったマシンが続々とアンベールされている。

2月中に今季型マシンを発表したのは、マクラーレン、アルファタウリ、レッドブル、アルファロメオの4陣営。3月に入って2〜3日に3陣営が続いた。そのなかには今季、新たなチーム名(コンストラクター名)で臨む2陣営が含ま・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は2月25日、2020年通期決算のデジタルプレゼンテーションにおいて、パートナーのメルセデスベンツの技術を導入しながら、2023年までに新型車10車種以上を発売すると発表した。

この新型車のうちの1台が、アストンマーティン初のSUVとして2020年に発売された『DBX』に続くブランド第2のSUVだ。DBXには、4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。すでに、スポーツカー・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは2月25日、新型ハイパーカーの『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の納車を、2021年後半から開始すると発表した。

◆追加の空力デバイスなしで高レベルのダウンフォース獲得

ヴァルキリーでは、ティアドロップ(水滴)型をしたコックピット上面と、丸みを帯びたサイドパネルが、コクピットフロアの両側を走る巨大なベンチュリトンネルを包み込むように輪郭を形成している。これらのトンネルは、大量のエアをボ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針