アストンマーチン (アストンマーティン)

カーライフニュース - アストンマーチン (アストンマーティン)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アストンマーティンは、11月20日から21日にかけて、“Aston Martin Deserves be driven”と題したオールラインナップを展示するイベントを東京六本木ヒルズ大屋根広場にて開催している。

◆走りの楽しさを訴求するために

今回の展示車両は、最新のSUV、『DBX』をはじめ、『DBS』、『DB11』、『ヴァンテージ』の4台が置かれ、同社のラインナップが勢ぞろいしたことになる。

アストンマーティンジャパンマネージ・・・

ニュースを読む

アストンマーティン最初のSUVモデルであり、最新モデルの『DBX』をはじめ、アストンマーティンのオールラインナップが展示される。題して「Aston Martin Deserves to be driven」=アストンマーティンは運転されるに値する。

アストンマーティンジャパンは、11月20〜21日に、東京の六本木ヒルズ大屋根プラザにオールラインナップを展示する。アストンマーティンでは「新しいブランドコンセプトを展開、アストンマーティン・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は11月2日、SUVの『DBX』の「130ウィリアム・アジャイ・スペシャルエディション」を発表した。米国ニューヨークに完成したタワーマンションの5戸の特別ルームの購入者に、もれなく付帯するという。

このタワーマンションは、マンハッタンにそびえ立つ高さ244mの66階建てで、「130ウィリアム」と名付けられた。アストンマーティンは、このマンションの59階と60階の5戸を、建築家のデビッド・ア・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、2020年1〜9月の世界新車販売台数の結果を発表した。総販売台数は1555台。前年同期比は60.5%減だった。

市場別の2020年1〜9月の販売実績では、地元の英国が470台を売り上げた。前年同期比は50%のマイナスだった。英国を除いた欧州は、440台を販売した。前年同期比は40%減だった。

南北アメリカは2020年1〜9月、342台にとどまった。前年同期に対して、74%・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、2020年1〜9月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は2億7000万ポンド(約365億円)だった。前年同期の6億5000万ポンドに対して、58%減と引き続き減少した。

また、2020年1〜9月の最終損益は、2億2910万ポンド(約310億円)の赤字となった。前年同期の2970万ポンドの赤字から、赤字幅が拡大した。

赤字の拡大は、新型コロナウイルス(SARS・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)とアストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、戦略的提携を強化すると発表した。

メルセデスベンツとアストンマーティンは2013年、メルセデスAMGのV8エンジンの供給と、電動アーキテクチャ部品の供給を柱とした戦略的提携を締結した。同時に、メルセデスベンツはアストンマーティンに出資し、全株式の5%を取得した。2018年にアストンマーティンはIPOを実施。メルセデスベンツは現・・・

ニュースを読む

◆ラグジュアリーだが華美ではなく…

アストンマーティン初のSUV『DBX』が日本でも発売された。いち早く試乗することができたのでその印象をお届けしたい。

まず106年歴史を誇る英国のスポーツカー・ブランドがSUVを開発したことに驚く人は少なくないだろう。しかし実際にDBXを見ると、クルマ好きならほとんどの人が感心、感嘆するのではないかと思う。DBXのスタイリング、デザインはしっかりと“アストンマーティンらしさ”を継承しているからだ。・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは10月4日、ブランド初のSUVの『DBX』(Aston Martin DBX)が、英国『サンデー・タイムズ』の「モーターアワード」において、「ベストデザインカーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

DBXは、アストンマーティンならではの力強くバランスの取れたパフォーマンスを目指して開発された。そのダイナミックなボディには、従来のスポーツカーラインナップの範囲を超えた多用途性を反映させた。アストンマーティンによると・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は9月14日、初のレーシングシミュレーター、「AMR-C01」を欧州で発表した。

◆アストンマーティンのワークスドライバーが代表のハイテク企業と共同開発

AMR-C01は、バーチャルの世界でレースを楽しみたいユーザーだけでなく、実際のレースにも参戦したいドライバーを対象にしている。アストンマーティンがこのようなシミュレーターを開発したのは、今回が初めてだ。

AMR-C01は、アストンマ・・・

ニュースを読む

10日、今季限りでフェラーリを離れることが決まっていたセバスチャン・ベッテルの来季去就が明らかになった。4度のF1王座獲得歴を誇るベッテルは来季、アストンマーティン(現レーシングポイント)からF1に参戦する。

ドイツ出身のセバスチャン・ベッテル(現在33歳)は2007年にF1デビュー。09〜14年はレッドブルで走り、10〜13年に4年連続でワールドチャンピオンの座に就いた。15年からフェラーリに所属。今年5月には今季限りでのフェラーリ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針