セアト

カーライフニュース - セアト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スペインの自動車メーカー「セアト」の高性能モデル『クプラ レオン』に、初のプラグインハイブリッド車が登場する。その市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

これまで目撃されていたベースモデルの『レオン』より大型のコーナーエアインテークを装備し、ボディをローダウン。ブレンボ製ブレーキキャリパーやデュアルエキゾーストパイプを装着していることから、ハイパフォーマンスモデルと確認できる。

セアトのCEO、Luca De Meo氏は、すでに・・・

ニュースを読む

スペインの自動車ブランドであるセアトのコンパクトハッチバック『レオン』次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。またそのコックピットの撮影に初めて成功した。

これまでで最もカモフラージュが薄い状態で捉えた最新プロトタイプは、薄くシャープにつり上がるヘッドライト、六角形のワイドなメッシュグリルが装着され、3分割されていたエアインテークは左右がつながったデザインとなっている。テールライトにも偽装が残るものの、スポーティな三角ライトが確認できる・・・

ニュースを読む

スペイン車ブランドセアトの人気ハッチバック、『レオン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

フィンランド山中でキャッチした開発車輌は、シャープにつり上がるヘッドライトを装着。以前はBMW『Z4』風ドットタイプのグリルを装着していたが、最新プロトタイプではハニカムメッシュへ変更されているほか、三角に光る新デザインのテールライトもくっきりと見てとれる。

ブレーキをかけると、リアウィンドウ下の第三のブレーキライトも同時に作動。テール・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン傘下のスペイン車ブランド、セアトのDセグメント・ハッチバック『レオン』次期型プロトタイプを、これまでで最も鮮明に捉えることに成功した。

初代レオンは『ゴルフ』の兄弟車として、1998年にデビュー。第3世代の現行モデルは2012年に発売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

次期型では、VW最新世代の「MQB」プラットフォームを採用しホイールベースが延長される。鮮明に捉えたプロトタイプは、シャープなL・・・

ニュースを読む

暗闇に見た開発車両の正体は? VWグループ渾身の主力モデルか

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年10月04日(木) 11時30分

暗闇で1台の開発車両をカメラが捉えた。見慣れぬテールライトを光らせ走り去るのは、フォルクスワーゲングループ傘下のセアトの主力ハッチバック『レオン』次世代型プロトタイプだ。

レオンは1998年、VWの「Aプラットフォーム」により、『ゴルフ』の兄弟車として誕生。今回オーストリア山脈で捉えた車両は7年ぶりとなる次世代型で、ゴルフやアウディ『A3』にも採用されている、最新世代の「MQB」プラットフォームを採用する。

次期型では、全長はほぼ同・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は7月17日、2018年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を公表した。アウディやセアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総販売台数は、過去最高の551万9000台。前年同期比は7.1%増だった。

上半期実績を市場別で見ると、単一国としては最大市場の中国が、199万4400台。前年同期比は9.2%増と、プラスに転じた。中国を含めたアジア太平洋地域も、8.9%増の216万・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループは6月22日、グループ内で組織の再編を行うと発表した。

今回の組織再編は、フォルクスワーゲングループの世界戦略の一環として実施されるもの。フォルクスワーゲングループ内のブランドが、地域ごとに責任を分担するリードブランド体制を導入する。

例えば、フォルクスワーゲンブランドは、北米と南米、サハラ砂漠より南のアフリカ地域の責任を負う。アウディはアジア太平洋地域と中東を担当。シュコダはロシアとインド、セアトは北アフ・・・

ニュースを読む

情熱の国スペインの自動車メーカー、セアトの主力車種『レオン』次世代型テストミュールを、初めてカメラが捉えた。歴代モデルでは、同じVWグループの『ゴルフ』やアウディ『A3』とプラットフォームを共有してきたが、次世代型でもゴルフの兄弟車となる。

レオンは、スペイン北部、カンタブリカ山脈のふもとの都市「レオン」から由来する通り、大自然の中で誕生した情熱のハッチバックだ。初代は1998年にVWの「Aプラットフォーム」を採用しゴルフの兄弟車とし・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、「クプラ」(CUPRA)ブランド第一弾モデル、『クプラ・アテカ』を初公開すると発表した。

クプラは、セアトの主力車種に設定される高性能グレード。2014年には、Cセグメントハッチバックの『レオン』の「レオン・クプラ280」がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、当時の市販FF車の最速ラップタイム、7分・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは2月19日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開予定の新型SUVの車名を『タラッコ』(Tarraco)と発表した。

タラッコの車名は、セアトが実施したファン投票の結果、最も人気が高かったネーミング。「ジュネーブ・チャレンジ」と題されたファン投票には、世界134国から14万6124人が参加。その結果、全体の35.5%、5万1903人によって、タラッ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針