東北地方太平洋沖地震

カーライフニュース - 東北地方太平洋沖地震

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダは、東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「サポート・アワー・キッズ」の「第8回海外ホームステイプログラム」を支援すると発表した。

サポート・アワー・キッズは、東日本大震災により被災した子どもたちの継続した自立支援と復興のリーダーづくりを目的とするプログラム。各国の駐日大使館をはじめとする多くの支援のもと、海外ホームステイや駐日大使館等での異文化交流などに取り組む。マツダが本プログラムを支援するのは、2013年以降6年連続とな・・・

ニュースを読む

SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート

by レスポンス編集部 on 2018年04月18日(水) 17時00分

ソフトバンクグループのSBドライブは、東京電力ホールディングスの福島第一原子力発電所に導入される自動運転EVバスの運行支援を開始した。

福島第一原子力発電所構内で使用されるバスは、ハンドルや運転席がないナビヤ製の自動運転EVバスで、4月18日から運行開始した。

SBドライブでは、ナビヤの自動運転EVバスを使用した実証実験で得た知見を生かして、自動運転を行うためのソフトウエアの設定やオペレーターの育成などを支援していく。

今夏には、・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年3月27日付

●日産へ過料適用通知、国交省、地裁に「組織の責任大きい」(読売・9面)

●日産、EV電池安く換えます。初代リーフが対象(朝日・9面)

●トヨタの車シェア、世界規模でタッグ、中国勢と連携準備進む(朝日・9面)

●佐・・・

ニュースを読む

日産自動車と関連会社のフォーアールエナジー(4R)、福島県浪江町は3月22日、『リーフ』の使用済バッテリーを再利用して製作した「外灯」を設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表した。

現在、世界的にEVの普及が加速しているが、近い将来、バッテリーの多量生産、多量廃棄という問題に直面することが予想される。そこで、東日本大震災からの復興に向けて新しいインフラを必要とする浪江町は、日産と4Rの協力の元、リーフの中古バッ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年3月9日付

●シャープV字回復、鴻海の販売網が威力(読売・8面)

●スズキ4車種12万台リコール(読売・35面)

●浪江に日産・住商が工場、EV開発会社、数十人雇用目指す(読売・36面)

●パラリンピックきょう開幕(朝日・1面・・・

ニュースを読む

原発事故による母子避難者の高速道路無料措置を2019年3月末まで延長

by レスポンス編集部 on 2018年03月05日(月) 10時30分

国土交通省は3月2日、福島第一原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置期間を2019年3月31日まで延長すると発表した。

福島第一原発事故による避難で、二重生活を強いられている家族の再会を支援するため、2013年4月26日から原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置を実施しているが、2018年3月31日までとなっている。

依然として避難によって二重生活となっている家族が少なくないため、措置を1年間延長して2019・・・

ニュースを読む

気仙沼線 BRT、志津川-清水浜間の専用道化は7月…新駅も設置

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2018年02月23日(金) 06時45分

JR東日本仙台支社は2月22日、宮城県の前谷地駅(石巻市)と気仙沼駅(気仙沼市)を結ぶ、気仙沼線バス高速輸送システム(気仙沼BRT)のうち、南三陸町内の志津川〜清水浜間のルートを、7月頃に変更することを明らかにした。

これは、現在、一般道を通っている同区間をBRT専用道化することに伴なうもので、専用道は、2017年3月に完成した志津川中央団地や、同年7月に完成した複合商業施設「アップルタウン南三陸」へのアクセスを考慮して、現ルートより・・・

ニュースを読む

石巻地域おこしレンタカー…牡鹿・雄勝・北上エリアの復興支援

by 中込健太郎 on 2018年01月21日(日) 22時00分

東日本大震災後に、モビリティの領域から被災地支援を行ってきた日本カーシェアリング協会が、「石巻地域おこしレンタカー」を実施中だ。震災以降、観光客が半減してしまった石巻市の牡鹿・雄勝・北上エリアを応援するレンタカー企画だ。

エリアの協力店で1000円以上の買い物をして、スタンプカードにスタンプを押してもらい、レンタカー返却時にスタンプカードを提示すると、スタンプの数に応じて最大2000円のキャッシュバックが受けられるというもの。

「私・・・

ニュースを読む

原発事故の避難者に高速道路が無料になるカード…無料措置も2年延長

by レスポンス編集部 on 2017年12月22日(金) 16時45分

国土交通省は、福島原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路無料措置を延長するとともに、利便性向上を図るため、カードを発行すると発表した。

原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路の無料措置は2012年4月1日から、政府として避難を指示または勧奨している区域に住む避難者の一時帰宅など、生活再建に向けた移動を支援する目的で実施している。

これまで福島県、関係市町村と協議してきた結果、避難者の出口料金所の通行を迅速化す・・・

ニュースを読む

クラブハーレー、東北支援のツーリングツアー&イベント 10月開催

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月05日(火) 21時00分

えい出版社は、ハーレー専門誌『クラブハーレー』が立ち上げた「ルート三陸プロジェクト」の新企画として、ツーリングツアー「ルート三陸ツアー」およびイベント「ルート三陸フェスティバル」を10月に開催する。

東日本大震災から6年。いまだに避難生活を送る被災者も多いが、復興は着々と進み、被害の大きかった三陸沿岸エリアも活気を取り戻しつつある。「ルート三陸プロジェクト」は、新しくスタート切った三陸の人たちの力になりたい、震災の記憶を後世へと語り継・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

けむりおじさん

Heavy Smoke Car

車種名:日産 ノート(e-power)
投稿ユーザー:けむ***** さん
総合評価:

納車後 1年日常の足として乗り、20,000Km超えました。モータードラ...[ 続きを見る ]

アッキー♂

こんなもの。!

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:アッ***** さん
総合評価:

夏場、エアコンかけて6km/L、ちょい乗りだと燃費伸びません。(TT) ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針