東北地方太平洋沖地震

カーライフニュース - 東北地方太平洋沖地震

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは、8月15日から29日に予定していた、第3回「TOMODACHI ホンダグローバル・リーダーシップ・プログラム」の中止を発表した。

同プログラムは、東日本大震災で被害のあった岩手・宮城・福島県の高校生を対象に2014年から2016年まで行われた「TOMODACHI Honda 文化交流プログラム」の成功を受け、2018年に設立。次世代を担う日本の若い世代が、事前・事後研修を含む体験型学習を通して、夢を原動力に挑戦する人々との出・・・

ニュースを読む

日本カーシェアリング協会は、大規模災害発生時の被災地における車不足解消を目的とした「災害時返却カーリース」の申込受付を開始した。

日本カーシェアリング協会は、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で設立した非営利組織。全国から寄付された車(現在:228台)を活用した生活支援や災害支援活動を行ってきた。

災害時返却カーリースは、災害発生時に返却する約束のもと、低価格で車を貸出すサービス。同協会に寄付された中古の軽自動車や軽トラッ・・・

ニュースを読む

福島原発事故での母子避難者、高速道路無料措置を1年延長 2021年3月まで

by レスポンス編集部 on 2020年03月11日(水) 10時18分

国土交通省は3月10日、福島第一原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置期間を、2021年3月31日まで延長すると発表した。

原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置は、2013年4月26日から原発事故で避難して二重生活を強いられている家族の再会を支援することを目的に実施している。

従来はは2020年3月31日まで実施することとしていた。しかし、依然として多数の避難者がいることから無料措置期間を2021年3月31・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「3・11」。あの悪夢のような東日本大震災から9年となる。一つの区切りとされる「10年ひと昔」にはあと1年あるが、関連死を含めた死者・行方不明者が2万2167人、今も全国で4万7737人が避難生活を余儀なくされているという厳しい現状からみても、復興・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、2月3日に大船渡市、5日に陸前高田市とそれぞれ災害時協力協定を締結。震災を経験した岩手県自治体と連携を加速させている。

三菱自動車は災害発生時に電動車を速やかに被災地・避難所へ提供できる体制づくりを全国で目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進。災害発生時に自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できる『アウトランダーPHEV』などの電動車をいち早く被災地に届けている。

東日本大震災発・・・

ニュースを読む

福島原発事故避難者の高速道路無料措置を期間延長 2021年3月末まで

by レスポンス編集部 on 2020年02月05日(水) 10時41分

国土交通省は2月4日、原発事故による警戒区域から避難している人に対する高速道路の無料措置期間を延長すると発表した。

原発事故による警戒区域等からの避難者に対する高速道路の無料措置は、2012年4月1日から原発事故により政府として避難を指示又は勧奨している区域の住民の生活再建に向けた一時帰宅移動を対象に実施している。

無料措置は2020年3月31日まで実施する予定だったが、復興・創生期間を考慮して2021年3月31日まで期間を延長する・・・

ニュースを読む

横浜ゴムは、東日本大震災被災地域の高齢者を対象としたカーシェアリングを支える「コミュニティ・カーシェアリング(CCS)」に社会貢献活動の一環として、乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード6」40本を寄贈した。

CSSは、日本カーシェアリング協会が地域に住む高齢者のための新たな試みとして、2011年7月よりスタート。横浜ゴムは、今年9月よりCSSの新たな企業パートナーとして、タイヤ寄贈のほか、持続可能な地域の支え合い体制を強化するため・・・

ニュースを読む

日本カーシェアリング協会は、免許返納後の無免許運転による交通事故減少を目的に、8月1日から31日を「乗らない車を寄付する月間」とし、乗らなくなった車の寄付を日本全国(沖縄県・離島除く)から募集している。

日本カーシェアリング協会では東日本大震災以降、寄付による車を活用した支援活動を行っている。今まで延べ300台超が集まり、災害支援活動や、地域の足を確保するための活動に活用。災害で車を失ってしまった人、何らかの事情で車を所有できない人、・・・

ニュースを読む

東日本大震災の復興道路・復興支援道路は2020年度末までの全線開通にメド

by レスポンス編集部 on 2019年08月11日(日) 10時00分

国土交通省は、東日本大震災の復興道路・復興支援道路が2020年度までに全線開通すると発表した(8日)。

東日本大震災からの復興に向けたリーディングプロジェクトとして、国土交通省が中心となって整備を進めている復興道路・復興支援道路の路線全長550kmの整備を進めている。

今回新たに三陸沿岸道路・普代〜久慈間の25km、三陸沿岸道路・田野畑南〜尾肝要患間の6km、宮古盛岡横断道路・平津戸・岩井〜松草間の7km、三陸沿岸道路・気仙沼〜唐桑・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業と関西学院大学・理工学部・田中裕久研究室の研究グループは7月22日、福島第一原発廃炉に向けた課題の1つである水素安全の確立のため、自動車触媒を応用した「ハニカム型水素安全触媒」を開発したと発表した。

ハニカム型水素安全触媒は、外部からの電力供給が不要で、燃料デブリ等の保管容器内で発生する水素を、安全な濃度(4%未満)に保つことができる。また、セラミックス・ハニカムに塗布されているため、軽量で取扱いが容易なほか、コンパクトで・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hayabusa

スバル製造最終型を新車で購入してもうすぐ十年、見たくれ使い方と好みはある...[ 続きを見る ]

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針