ジープ(Jeep)

カーライフニュース - ジープ(Jeep)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆マイナーチェンジでインテリアが「別世界」に

YJ、TJ、JK、JL……マニアックな『ラングラー』のユーザーは、自分のクルマを年式ではなく社内コードで言うのが慣わしらしい。べつに張り合うつもりはないが、さしずめ今回の『コンパス』は“M6”のマイナーモデルチェンジ版である。

“MK”から一新され『コンパス』の2代目として“M6”が導入されたのが2017年。今回の変更は、外観、内装のアップデートと、安全性と快適性の機能、装備の充実を主眼・・・

ニュースを読む

ジープブランドは6月11日、新型『グランドチェロキーL』(Jeep Grand Cherokee L)の生産を、米国ミシガン州デトロイトの新工場で開始した、と発表した。

新型グランドチェロキーLはグランドチェロキーの4世代目だ。従来型の2列シート仕様ではなく、3列シート仕様であることから、「L」の名称が付された。

新型は、卓越したパフォーマンス、快適性、機能性で新境地を開拓するという。新型は、伝説的な4WD機能と改良されたオンロード・・・

ニュースを読む

ジープ(Jeep)ブランドは6月10日、オフロードナビゲーションアプリの「onX Offroad」を、米国の2021年モデルの顧客向けに導入すると発表した。

onX Offroadアプリは、初心者と上級者の両オフロードファン向けに開発された。キャンプ場、非エタノール燃料ステーション、美しい景色など、延べ55万マイルのオフロードと50万か所のレクリエーションポイントを紹介している。

onX Offroadアプリの旅行計画機能を利用する・・・

ニュースを読む

ジープブランドは6月7日、新型『グランドチェロキーL』(Jeep Grand Cherokee L)を6月中に米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、3万6995ドル(約405万円)だ。

新型グランドチェロキーLは4世代目モデル。従来型の2列シート仕様ではなく、3列シート仕様であることから、「L」の名称が付く。新型は、卓越したパフォーマンス、快適性、機能性で新境地を開拓するという。

伝説的な4WD機能と改良されたオンロード性・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは内装デザイン変更や安全装備の充実など一部改良したジープ『コンパス』を6月26日から販売を開始すると発表した。価格は346万円から。

ジープのチーフ・インテリア・デザイナーを務めるクリス・ベンジャミン氏はFCAジャパンが6月2日に行った新型コンパスのオンライン発表会に登場し、「ジープ・コンパスはインテリアを刷新して全く新しいユーザー体験を創造することに成功した。新設計のインテリアで目指したのは広々としたスペースに解放感、・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは一部改良したジープ『コンパス』を6月26日から販売を開始すると発表した。内装デザインを変更したほか、安全装備を充実させたのが特徴で、価格は346万円からとなっている。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は6月2日のオンライン発表会で、「今回のモデルチェンジでは基本構成には大きく手を入れず外観的には少し整えた程度にとどめている」としながらも、「その代わり内装並びに装備、とくに安全装備は大幅にアップデートし、よりプ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、ジープのコンパクトSUV『コンパス』(Jeep Compass)をマイナーチェンジ、内外装のデザインを変更するとともに、安全・快適装備を充実させ、6月26日より発売する。価格は346万円から435万円。

2012年に誕生したコンパスは、ジープ伝統の高いオフロード性能と都市部にも溶け込むスタイリッシュなデザインにより独自のポジションを獲得。2017年には2代目へと進化し、SUVとしての機能や快適性、安全性を高めた。今回・・・

ニュースを読む

ジープ コマンダー が復活へ、3列シート7名乗りのSUVに

by 森脇稔 on 2021年05月31日(月) 12時15分

ジープブランドは5月27日、南米ブラジル工場で生産する予定の新型SUVの車名を、『コマンダー』(Jeep Commander)と発表した。

もともと、コマンダーは2005〜2010年、米国で販売されていたSUVだ。日本市場にも導入された時期がある。ジープブランド初の7人乗り、3列シートモデルが、当時のコマンダーだった。

当時のコマンダーは、全長と全幅をベース車両の『グランドチェロキー』に対して、それぞれ35mm、20mm拡大。ホイー・・・

ニュースを読む

ジープブランドは5月27日、『ラングラー』(Jeep Wrangler)初のプラグインハイブリッド車(PHV)の「4xe」(フォーバイイー)を6月、欧州市場で発売すると発表した。

4xeは、ジープブランドのPHVに付される名称だ。すでに、『レネゲード』初のPHVの『レネゲード4xe』と、コンパス初のPHVの『コンパス4xe』が用意されている。

ジープは、レネゲードとコンパスに続いて、ラングラーにもPHVの4xeを拡大展開した。ジープ・・・

ニュースを読む

ジープ(Jeep)ブランドは5月20日、米国の高校生を対象に応募を受け付けていた「未来の電動ジープ」のデザインコンテストの結果を発表した。

このデザインコンテストは、「Drive for Design」と呼ばれ、今年で9回を数える。今回のテーマは、未来の電動ジープをデザインすることだった。

応募作品の審査には、ステランティスのデザインチーフのラルフ・ギレス氏や、ラムトラックとMoparのエクステリアデザインを統括するマーク・トロスル・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針