BASF

カーライフニュース - BASF

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BASFは、電池材料とリサイクルへの注力を強化するとともに、自動車触媒事業を行う独立した事業体「BASFオートモーティブ キャタリスツ&リサイクリング」を設立すると発表した。

電動化への移行に伴い、自動車業界は現在、大きな変革期の途上にある。新事業体は約20の生産拠点と4000人以上の従業員で構成し、引き続きグローバルで自動車触媒と自動車触媒のリサイクルおよび関連する貴金属サービスを展開。内燃機関市場の今後の変化に備えた事業運営と、将・・・

ニュースを読む

BASFは10月13日、世界各エリアの2021〜2022年自動車カラートレンド予測を発表した。

BASFでは毎年、産業界やファッション、消費者製品、自然などから将来のトレンドカラーを予測。それをもとに表面、テクスチャー、色域を開発している。2021-2022年の自動車カラートレンドコレクションは「SUPERPOSITIONスーパーポジション(重ね合わせ)」。物事は白か黒か、コインの表か裏か、1か0かだけでは語れない。この世の中には数え・・・

ニュースを読む

ポルシェ(Porsche)は6月21日、次世代リチウムイオンバッテリーセルを、化学メーカーのBASFと共同開発すると発表した。

BASFは共同研究の一環として、高速充電と高エネルギー密度を可能にする高性能バッテリーセル向け高エネルギー「HEDTM NCM」カソード材を、独占的に供給する。リチウムイオンバッテリー用のニッケルベースの高エネルギー高出力なカソード材は、EVやポータブル機器に適しているとされる。

BASFは2022年から、・・・

ニュースを読む

BASFは、カーボン繊維を20〜40%強化したエンジニアリングプラスチック「ウルトラミッド アドバンスト」を新たに追加し、ポリフタルアミド(PPA)のポートフォリオを拡充する。

これら新素材により、部品の超軽量化を実現。導電性を備えているため剛性と強度を失うことなく、安全にアルミニウムやマグネシウムとの代替が可能になる。さらに、既存のウルトラミッド アドバンストN(PA9T)の特長である、低吸水性による寸法安定性や、優れた耐薬品性と耐・・・

ニュースを読む

BASFは、熱安定性を備えた新開発のガラス繊維強化プラスチック、ウルトラミッド「B3PG6 BK23238」を発売した。

エンジニアリングプラスチックには、長期間の高温耐性に加え、電気部品のガルバニック腐食(異種金属接触腐食)防止も求められる。耐熱性、長寿命、およびウェルド強度は、パワートレインコンポーネントの基本的要件。内燃機関のほか、ハイブリッドや電気自動車にて、過酷な環境下でも信頼性が高く、技術的に欠陥のない材料が不可欠となって・・・

ニュースを読む

BASFは3年から5年先の自動車に関するカラートレンドを毎年発表している。今回のテーマは“CODE-X”であるとし、穏やかなトーンでありながら、すごく複雑で中間的な色相とテクスチャーが中心になっていくという。

◆写本のフォーマットがいまに続く基準となるように

今年のテーマについて、BASFアジア・パシフィックデザイン責任者の松原千春さんは、「もともとコーデックスという単語がある。これは写本を意味しており、昔印刷がない頃は本を書き写し・・・

ニュースを読む

BASF、アセアン テクニカルディベロップメントセンターをタイに開設

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年01月12日(火) 11時30分

BASFは、タイ・バンプーのポリウレタン(PU)システムハウスに隣接する「アセアン テクニカルディベロップメントセンター」を開設したと発表した。

アセアン テクニカルディベロップメントセンターでは、最先端のプレポリマーリアクター技術により硬化剤(B剤)を生産。硬化剤は、製品開発の効率を向上させ、PU素材や溶剤をより早く市場投入するための重要な要素となる。プレポリマーリアクター技術は生産能力を向上できるように設計され、電化製品、家具、建・・・

ニュースを読む

BASFジャパンは、自動車補修用塗料の塗装技術を競う「第13回国際R-Mベストペインターコンテスト日本大会」の受賞結果発表式をオンラインで開催した。

「R-M」は環境効率の高い水性塗料と低溶剤タイプのハイソリッド塗料が中心の製品ポートフォリオを持つBASFコーティングスの自動車補修用塗料のプレミアムブランド。同コンテストは、若手育成を目的に、R-Mブランド塗料の塗装技術を競うもの。当初はファイナリスト8選手による日本大会決勝を10月1・・・

ニュースを読む

BASFは、レーダーセンサーの精度を高めるハウジング向け機能性プラスチック「ウルトラデュアーRX」を開発した。

近年、自動運転技術の発展にともない、搭載されるセンサーの使用も増加している。道路交通における電磁干渉の問題が増大する中、センサーを最適な形で機能させるためにはこうした信号雑音を吸収し、最小限に抑えることが重要となる。

ウルトラデュアーは、水跳ねや油、塩類などに対して高い耐性を持つことから、センサーのハウジングに優れた保護効・・・

ニュースを読む

BASFジャパンの自動車補修用塗料ブランド「R-M」が運営する塗装技術トレーニングが、第三者認証機関テュフラインランドジャパンの基準を満たした、自動車補修塗装技術エキスパート認定トレーニング第1号として認定された。

自動車補修塗装技術エキスパート認定は、テュフラインランドジャパンが既存の板金工場認証に加えて新たに策定した、自動車補修に必要な各種塗装の知識、技能を有した塗装技術者を認定するための基準。認定トレーニングとして認定されるため・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ひどい

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

燃費が悪すぎ 最近10.6KMしか走りません。夏場で16KMですが暖機運...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算70回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算70回目)を1/16に行いました。前回の給油から441.5km...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針