MINI クロスオーバー、カントリーマン

カーライフニュース - MINI クロスオーバー、カントリーマン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWグループ(BMW Group)は11月19日、次期MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の生産を2023年から、ドイツ・ライプツィヒ工場で行うと発表した。

BMWグループは、現行MINIカントリーマンの生産を、オランダのVDLネッドカーに委託している。次期型へのモデルチェンジを機に、自社生産に切り替えることを決定した。これにより、ライプツィヒ工場は、BMWブランドとMINIブランドの両方の車両を生産する・・・

ニュースを読む

MINIは10月28日、将来のモデルラインナップを再編し、さらに電動化を加速させると発表した。将来のモデルラインナップ再編の中心は、電動車の拡大、クロスオーバーとプレミアムコンパクトセグメントでのラインナップの強化だ。

BMWグループは新世代MINIを2000年9月末、フランスで開催されたパリモーターショー2000で初公開した。MINIの生産は2001年、英国オックスフォード工場で開始された。2006年にはモデルチェンジを受け、2世・・・

ニュースを読む

MINIは10月26日、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)の欧州仕様車に、「Powered by X-raid」パッケージを設定すると発表した。

◆ダカールラリーを5回制したMINIとX-raidチーム

MINIと「X-raidチーム」はこの10年間、ダカールラリーで並外れた成功を収めてきた。 MINIとX-raidチームは2012〜2015年、世界一過酷なラリーとされる「ダカールラリー」において・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリューは9月30日、外観デザインの見直しやセンターディスプレイのフラットパネル化などの一部改良を施した『MINIクロスオーバー』を発売した。価格は430万円から609万円となっている。

MINIのエクステリアデザイナーを務めるクリスティン・ズリアン氏はビー・エム・ダブリューが同日行ったオンライン発表会で今回のデザイン変更について「新しい黒のトリムラインがMINIらしさを生み出している。ヘッドライトは象徴的な輪郭を描き、・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、改良新型MINI『クロスオーバー』を9月30日より発売する。納車は10月以降を予定している。

MINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして誕生したコンパクトSUV。2017年に2代目に進化している。今回発表の改良新型MINIクロスオーバーは、主にエクステリアデザインを洗練させるとともに、機能性を向上させた。

価格はクーパーDが430万円、クーパーDオール4が454万・・・

ニュースを読む

MINIは、改良新型MINI『ジョンクーパーワークス(JCW)・カントリーマン』(日本名:MINI『ジョンクーパーワークス・クロスオーバー』に相当)を11月、欧州市場で発売すると発表した。

現行のジョンクーパーワークス・カントリーマンは2017年春、中国で開催された上海モーターショー2017においてワールドプレミアされた。同車は、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)シリーズの高性能グレードだ。直噴2.・・・

ニュースを読む

BMWグループのMINIは、2020年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は11万8862台。前年同期比は31.1%減と、引き続き前年実績を下回った。

上半期の車種別販売実績では、『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の電動モデルが好調だった。プラグインハイブリッド車(PHEV)のMINI『クーパーSE クロスオーバーALL4』は上半期、前年同期比4.1%増の8587台と堅調だった。

上半期・・・

ニュースを読む

MINIは5月27日、改良新型MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)に、欧州でプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

◆EVモードの航続は最大61km

PHVグレードは、「クーパーSE クロスオーバー ALL4」を名乗る。PHV専用の4輪駆動システムが標準装備されている。このシステムは、前輪に動力を伝達する3気筒ガソリンエンジンと、後輪に動力を供給するモーターとの相互作用を、正確に制御する・・・

ニュースを読む

MINI クロスオーバー に改良新型、欧州発表…表情変化

by 森脇稔 on 2020年05月27日(水) 18時30分

MINIは5月27日、改良新型MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)を欧州で発表した。

◆新デザインのグリルやヘッドライトを採用

改良新型は、エクステリアを変更する。フロント部分のデザインは、きめ細かく手を加えた。新しい構造のバンパーカバーはボディ同色に変更。デザインを一新したグリルは、六角形の輪郭を持ち、細身の一体型クロームフレームで囲まれている。一部グレードでは、バンパー下部のエアインテークが3本の水平・・・

ニュースを読む

開発終盤とみられる、MINI『クロスオーバー』(海外名:カントリーマン)改良新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えた最新プロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、フィンを備える五角形のコーナーエアインテーク、バンパー両サイドのスリット、ハニカムメッシュのセンターエアインテーク、スクエア形状のヘッドライトを装着。リアエンドでは、話題のユニオンジャックパターンのテールライトやデュアルエキゾーストパイ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針