SIM-Drive シムドライブ

カーライフニュース - SIM-Drive シムドライブ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

タジマEVは12月14日、東京大学で電気自動車最新テクノロジー成果発表会を開催した。そのなかで田嶋伸博会長兼社長は「環境だけでなく、走りでも安全面でも電気自動車の良さを証明したい」と述べ、6種類のEVモビリティを出していく考えを明らかにした。

その6種類とは、ハイパーEV「モンスターE-ランナー コード6」、グリーンスローモビリティ「E-ランナー 、GSM1」、超小型モビリティ「E-ランナー MV1」、小型モビリティ「デリバリービーク・・・

ニュースを読む

中小企業による国内最大のトレードショー「産業交流展2018」で電気自動車(EV)を展示したブースがあった。タジマEV(本社・東京都板橋区)がそれで、創業者は“モンスター田嶋”と呼ばれる田嶋伸博氏で、今年4月に設立された会社だ。

田嶋氏については詳しく説明するまでもないが、ラリーのドライバーとして数々の栄冠に輝いてきた人物である。その一方で、タジマモーターコーポレーションを設立して実業家としての評価も高く、ここ数年は電気自動車開発を手が・・・

ニュースを読む

EVベンチャーのSIM-Drive、静岡県袋井市に研究開発拠点を開設

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年03月18日(水) 07時30分

EVベンチャーのSIM-Driveは、3月16日より新たな電気自動車開発拠点として静岡県袋井市に「SIM-Drive Fukuroi R&Dセンター」を開設した。

SIM-Driveは、昨年5月の本社移転(東京都板橋区)に続き、研究開発の拠点となるR&Dセンターを広大な敷地と充実した開発設備を持つ「タジマ袋井国際次世代自動車センター」内に開設。研究開発を加速させていく。・・・

ニュースを読む

SIM-Driveは7月7日、ガソリンエンジン車を上回る電気自動車(EV)を開発するプロジェクトを立ち上げ、参画エンジニアを世界中から募集すると発表した。

SIM-Driveは、2012年から電気自動車でパイクスピークインターナショナルヒルクライムに挑戦。2年目の2013年に電気自動車クラスで優勝を果たし、3年目となる今年は、電気自動車クラスでの連覇に加え、総合でもガソリン車の成績を凌ぐことを目標に参戦した。しかし現在のマシンの総合力・・・

ニュースを読む

【SIM-Drive SIM-HAL 発表】EV試作モデル第4弾、4輪独立制御を採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2014年04月01日(火) 14時12分

電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Driveは3月31日、EV試作モデル第4弾「SIM-HAL」が完成したことを発表した。

「SIM-HAL」は、SIM-Drive の基本技術であるダイレクトドライブ式インホイールモータとコンポーネントビルトイン式フレームを採用した第4世代の電気自動車。これからの本格EV社会を切り開く次世代コアモデルとなることを目標に2013年2月より開発をスタートした。今回は4輪独立制御を新たに採用し、EVなら・・・

ニュースを読む

お台場モーターフェスでは、SIM-Drive開発の86ベースのEV『SIM-86e』の展示が行われていた。86ベースとあって4輪が独立モーターで駆動されるスポーティーなEVとなっている。

SIM-86eの開発には、じつはタジマモーターコーポレーション(TMC)がパイクスピーク用の競技車両として開発しているE-RUNNERの技術が活かされている。TMC代表取締役会長でありSIM-Drive代表取締役社長であり、E-RUNNERのドライバ・・・

ニュースを読む

お台場モーターフェスには、タジマモーターコーポレーションが多数のEVを展示していた。メガWEBでトークショーやデモランの準備をしていた同社の代表取締役会長 田嶋伸博氏に展示車やEVに対する取り組みなどを聞いてみた。

タジマモーターコーポレーション(TMC)は、国内外のモータースポーツ活動(主にダートラ、ラリー、ヒルクライム)で有名だが、ここ数年はパイクスピーク ヒルクライムにEVで参戦しており(2013年は9分台のクラスコースレコード・・・

ニュースを読む

SIM-DriveとAZAPA、機能システムコンソーシアムを発足

by 村尾純司@DAYS on 2013年05月31日(金) 18時45分

電気自動車(EV)普及をトータルサポートするSIM-Driveと、次世代モビリティの研究開発などを行うAZAPAは、SIM-Drive先行開発車事業への参画企業に対して「機能システムコンソーシアム」を共同で企画運営すると発表した。

機能システムコンソーシアムでは、SIM-Drive所有の試作車両および実車テスト環境、EVに関する知識・ノウハウとAZAPAが提供するモデルベース開発環境、ECU、制御理論開発と相互の強みを生かし、新たなク・・・

ニュースを読む

【人とくるまのテクノロジー13】SIM Drive、試作EV「SIM-CEL」を一般公開

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年05月17日(金) 15時45分

EV(電気自動車)ベンチャー企業のSIM Driveは、5月22日〜24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展 2013」に、先行開発車事業第3号の参加企業と共同で出展する。

SIM Driveは、2013年3月に発表し、一般向けには初公開となる試作EV『SIM-CEL』を展示。0-100km/h加速4.2秒と世界最高レベルの効率となる電力消費量を実現した車両を紹介する。

また、先行開発車事業第3号参加企業の中か・・・

ニュースを読む

【SIM-Drive SIM-CEL 発表】機能を最大限に発生するデザイン

by 小松哲也 on 2013年03月28日(木) 22時30分

電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Driveは3月27日、EV試作モデルの第3弾『SIM-CEL』を発表した。1、2号車に比べ外観が大胆に様変わりし、なかでものこぎりの刃のような形状のリアスポイラーが強い印象を与えている。

デザインを担当した畑山一郎プロジェクトマネージャーは「ただのスタイリングに終わらずに、機能を最大限に発生するデザインとした」と強調する。

そのひとつが「我々はシェブロンスポイラーと名付けたが、この形状により車・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針