ロールスロイス ゴースト

カーライフニュース - ロールスロイス ゴースト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロールス・ロイス・モーター・カーズは9月1日、新型『ゴースト』を発表。同社の歴史上最も成功したモデルがフルモデルチェンジした。

◆世界初のプラナー・サスペンション・システムを採用


ロールスロイスといえば、マジック・カーペット・ライドを信条としているが、今回、それが大幅に進化した。それが「プラナー・サスペンション・システム」だ。同社によると、「これまでクルマでは実現できなかった、“陸上での飛行感覚”を実現した」という。

このプラナ・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は8月25日、次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)を9月1日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009で発表された。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズだ。ボディサイズは全長5400×全幅1950×全高1550mm、ホイールベース3295mm。6.6リットルV型12・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は8月18日、今秋初公開する予定の次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)に、世界トップレベルの静粛性を実現するための最新技術を導入すると発表した。

ロールスロイスの音響チームは、次期ゴーストで絶対的な静粛性を実現するために、アルミ製のスペースフレームアーキテクチャを採用することを決めた。これは、音響インピーダンスが鋼に比べて高く、複雑な形状の平坦な共振面ではない構造に・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は8月11日、今秋初公開する予定の次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)に、世界初のサスペンション技術を備えた「Planar」シャシーシステムを搭載すると発表した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009でワールドプレミアされた。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズとして誕生した。ボディサイズは全長5400・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は8月4日、次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)の最新ティザー映像を公開した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009で発表された。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズだ。初代ゴーストは、ロールスロイスの116年の歴史において、最も販売面で成功したモデルになったという。

ロールスロイスは、このゴーストの・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は7月28日、次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)のティザー映像を公開した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009で発表された。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズだ。ボディサイズは全長5400×全幅1950×全高1550mm、ホイールベース3295mm。6.6リットルV型12気筒ガソリンターボエンジン・・・

ニュースを読む

ロールスロイス ゴースト 次期型、今秋デビューが決定

by 森脇稔 on 2020年07月28日(火) 12時15分

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は7月27日、次期『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)を今秋、初公開すると発表した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009でワールドプレミアされた。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズとして誕生した。ボディサイズは全長5400×全幅1950×全高1550mm、ホイールベース3295mm。6.6リットルV型1・・・

ニュースを読む

ロールスロイスの4ドアサルーン、『ゴースト』次世代型のエクステンデッドバージョン開発車両をカメラが初めて捉えた。

次世代型では、BMWのアーキテクチャを廃止、最新のファントムのアルミニウム基盤「Architecture of Luxury」に乗る。おそらく次世代『レイス』や『ドーン』にも適用されることになるはずだ。

親会社BMWの本社に戻る途中、撮影に成功したベースモデルとロングボディは、ほぼ同じカモフラージュが施されている。そのプ・・・

ニュースを読む

ロールスロイスの高級4ドアセダン『ゴースト』の次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でスクープした。

同社は先日、ゴーストの現行モデルが2019年内に生産終了すると発表しており、この次期型へバトンタッチされることになる。『ロールスロイス 200EX』として2009年4月の上海モーターショーで初公開したゴーストは、6.6リットルV型12気筒ガソリンターボエンジンを搭載、「ベイビー ファントム」として同社史上でも人気・・・

ニュースを読む

ロールスロイス ゴースト 現行型、2019年内に生産終了へ

by 森脇稔 on 2019年12月14日(土) 07時30分

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は、『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)の現行モデルが、2019年内に生産を終了すると発表した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009でワールドプレミアされた。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズとして誕生した。ボディサイズは全長5400×全幅1950×全高1550mm、ホイールベース3295mm。6.6リ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Ichigo

不満も燃費が解消してくれる

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:Ich***** さん
総合評価:

フラット4の2リッターターボAWD6MTからの乗り換えです。狙い通り燃料...[ 続きを見る ]

燃費男

アルトエコ7年目

車種名:スズキ アルト
投稿ユーザー:燃費***** さん
総合評価:

平均燃費26㎞/L。10万㎞を超え、コロナ過、車内でエアコンかけながら食...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針