ハイブリッドカー HV

カーライフニュース - ハイブリッドカー HV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツは6月22日、メルセデスベンツ乗用車の新エンジン工場がポーランドに完成した、と発表した。新世代ハイブリッド車向けのエンジンを生産する計画。

メルセデスベンツを擁するダイムラーは、新工場の建設に、第一段階として、およそ5億ユーロ(約640億円)を投資。メルセデスベンツ乗用車ブランドにとっては、ポーランドで最初の工場になる。新工場は、ポーランド西部のヴロツワフから、西に約70kmに位置するJaworに位置する。

新工場は・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは6月21日、『カムリ』を14年ぶりに西欧市場に投入すると発表した。

カムリは初代モデルを1982年に発売。現在、世界100か国以上で販売されており、累計販売台数は1900万台を超えている。現行モデルは、8世代目モデル。世界年間販売台数は70万台以上。トヨタによると、世界で最も売れているD/Eセグメントセダンになるという。

現行カムリは、トヨタの新しいグローバル・アーキテクチャー、「T・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは6月20日、改良新型『Cクラス』シリーズを欧州で発売した。ドイツ本国でのベース価格は、3万5033ユーロ(約448万円)。

改良新型Cクラスには、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディを設定。改良新型Cクラスのハイライトが、ガソリンエンジンの「C200」グレードに48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用された点にある。

改良新型C200には、従来の2.0リットル(1991cc)からダウンサイズさ・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表した。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)。

新型インサイトは3世代目。インサイトの名前が、およそ4年ぶりに復活を果たした。ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』と『アコード』の間に位置する5名乗りのセダンとなる。

ハイブリッドパワートレインに関しては、最新の3世代目・・・

ニュースを読む

20日、正式に国内発表された新型『フォレスター』は、ドライバーモニタリングシステム搭載のハイブリッド(e-BOXER)車、「Advance」グレードが予約の4割を占める。ハイブリッドシステムは『XV』とほぼ同等だが、新型フォレスターのSIドライブ、Xモードのチューニングは同車向けに施されている。

スバルのハイブリッドは、CVT(変速機)の前に、エンジン、モーターがつながったトルコンが配置される。クラッチはエンジンとトルコンの間、CVT・・・

ニュースを読む

TOYOTA GAZOO Racingは現地15日、現在開催中のルマン24時間レースの会場において『GRスーパースポーツコンセプト』を公開し、市販に向けた開発に着手したことを発表した。

GRスーパースポーツコンセプトは2018年1月、東京オートサロンにて“デビュー”。ルマン24時間を含む世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーであるLMP1クラスへのトヨタの参戦マシン「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセ・・・

ニュースを読む

日野の大型ハイブリッド路線バス、エンジン不具合でリコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月14日(木) 17時24分

日野自動車は6月14日、大型路線バス『ブルーリボン ハイブリッド』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年11月13日〜2017年7月17日に製造された104台。

今回の不具合は、ハイブリッド制御プログラム、ファンベルト振止めローラ固定金具、ファンベルトプーリの3か所。

ハイブリッド制御プログラムについては、エンジン始動時のプログラムが不適切なため、サプライポンプの・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは6月13日、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車(PHV)によるカーシェアリングプログラムを拡大すると発表した。

トヨタモーターヨーロッパは2016年12月、欧州の2都市でハイブリッド車によるカーシェアリングプログラムを開始。このプログラムは、「YUKO with Toyota」と命名された。日本語の「行こう」を意味する。

トヨタモーターヨーロッパは今回、YUKO with To・・・

ニュースを読む

これまでのレクサス『ES』は、日本を除く世界各地で販売されてきており、今年デビューする新型で7代目となる。これまでの総販売台数は218万台に達するというから、レクサスの主力モデルに違いない。 

そもそもデビューが1989年だというから、レクサスブランドのアメリカで立ち上げに携わった由緒ある車名なのだ。そのESが、日本市場に投入されずにここまできたことが不思議である。

◆ひと目見て個性が際立つモデルになった

はれて日本に投入されるこ・・・

ニュースを読む

フォードモーターは6月12日、ハイブリッドSUVでは米市場初の追跡業務を想定した警察専用車両、新型フォード『ポリスインターセプター』を発表した。

初代(現行)ポリスインターセプターは2010年に発表。『エクスプローラー』をベースに、警察がパトロールなどの業務を行うのに必要な装備を追加したモデル。フォードは4ドアセダンのポリスカーとして、『トーラス』ベースの車両も用意しており、2種類の警察専用車をラインナップ。

現行ポリスインターセプ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

燃費男

5年目

車種名:スズキ アルト
投稿ユーザー:燃費***** さん
総合評価:

距離は72,000㎞を越えた。順調。来年の車検でタイヤ2本交換予定。燃費...[ 続きを見る ]

わたより

レアもの?

車種名:スバル レガシィB4
投稿ユーザー:わた***** さん
総合評価:

 それにしても、普段見かけない車である。特に同型式の車輌には、ほとんど出...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針