ハイブリッドカー HV

カーライフニュース - ハイブリッドカー HV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ENEOS、電動車専用フルード6種を新開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年06月04日(木) 21時15分

JXTGエネルギーは6月4日、電気自動車(EV)・ハイブリッド車専用フルード「ENEOS EVフルード」を開発したと発表した。

EVやHVは今後さらに普及が見込まれているが、各駆動システムには、高い絶縁性能や冷却性能、ギヤ保護性能などを備えた専用フルードが求められる。

JXTGエネルギーは、長年のオイル開発で蓄積された知見を活用することで、オイルに対する新たな必要性能を高いレベルで満足させる独自の潤滑油技術を確立。様々な使用環境でベ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは6月3日、改良新型『Eクラスセダン』(Mercedes-Benz E-Class Sedan)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、4万8474ユーロ(約593万円)と発表されている。

現行Eクラスは10世代目モデルで、2016年に発表された。Eクラスは、そのルーツとなった1946年の『170V』以来、累計1400万台以上が販売されており、メルセデスベンツの歴史の中で、最も売れているモデルシリーズになる・・・

ニュースを読む

BMWは、改良新型『6シリーズ・グランツーリスモ』(BMW 6 Series Gran Turismo)を欧州で発表した。

◆フロントマスクが新デザインに

エクステリアを変更した。キドニーグリルは幅と高さを増し、フロントバンパーに向かってさらに下がり、一体型のサラウンドで周囲を取り囲んだ新デザインだ。スリムなヘッドライトも新採用する。L字型に配置された2つのデイタイムランニングライトが、新しいライトグラフィックを生み出している。

・・・

ニュースを読む

PSAグループ(PSA Group)は6月2日、電動化の分野での戦略的パートナーシップを拡大することで、パンチパワートレイン社と合意した、と発表した。

PSAグループは2019年4月、パンチパワートレイン社と提携を結んだ。両社は合弁会社を設立し、2022年からフランスのPSAグループの工場において、次世代の電動トランスミッション「e-DCT」を組み立てる。このトランスミッションは、PSAグループの各ブランドの次世代ハイブリッド車に搭載・・・

ニュースを読む

マセラティは6月3日、『ギブリ』(Maserati Ghibli)に追加される予定のハイブリッドのティザーイメージを公開した。

ギブリは、マセラティの中型スポーツセダンだ。現行型のトップグレードが、「S Q4」。3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力430ps、最大トルク59.1kgmを引き出し、0〜100km/h加速4.7秒、最高速286km/hの性能を発揮する。

このギブリに、マセラティ初のハイブリッド・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、改良新型メルセデスAMG『E53 4MATIC+クーペ』(Mercedes-AMG E53 4MATIC+ Coupe)を欧州で発表した

同車は、改良新型『Eクラスクーペ』をベースにした高性能な「AMG 53」シリーズだ。メルセデスAMGは上級車種を中心に、「AMG 43」と「AMG 63」シリーズを設定してきた。AMG 53シリーズは、43と63の間に位置づけられる新たな高性能モデルシリーズとなる。

◆AMG専・・・

ニュースを読む

まもなく発売されるトヨタの都市型SUV、新型『ハリアー』。去る4月13日、その概要や内外装デザインが明らかにされ、すでにその人気に火がついているが、今回実車のプロトタイプを撮影することができたので、40枚の写真とともに新型ハリアーの進化のポイントを紹介する。

1997年に登場した初代ハリアーは、SUV+高級乗用車=クロスオーバーSUVという新たな市場を開拓、都市型SUVとして独自のポジションを確立した。4代目となる新型ハリアーは、その・・・

ニュースを読む

◆目を疑うほどの広いトランク

クルマに接してまず感じたのは、巧みなパッケージングだ。従来はトランク(リヤシート背面)に置いていた駆動用バッテリーを後席座面下へ移したことで、通常のガソリン車と変わらないサイズの大容量トランクを実現。


その容量はVDA方式で573L、9.5インチのゴルフバッグを4個積めると言えばいかに広いかイメージできるだろう。トランクリッドを開けた瞬間に目を疑うほど広い。もちろん、トランクスルーも備わっている。ただ・・・

ニュースを読む

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるゴードン・マレー・オートモーティブは、2022年に発売予定の新型スーパーカーの『T.50』(GORDON MURRAY T.50)の車両重量を、1トンを下回る980kgとすると発表した。

ゴードン・マレー氏は、1992年に発表されたマクラーレン『F1』のデザインを担当したことで知られる。同車は、F1のマクラーレンと同じグループ会社、英国のマクラーレンオートモーティブが、F1参戦から得たノウハウを導・・・

ニュースを読む

BMW 4シリーズクーペ 新型、6月2日のデビューが決定

by 森脇稔 on 2020年05月31日(日) 09時00分

BMWは5月27日、新型『4シリーズクーペ』(BMW 4 Series Coupe)を6月2日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

◆新型3シリーズに対してハンドリング性能をさらに追求

全体的な車両コンセプトやデザインと同じく、シャシーテクノロジーも、かつてないほど個性的な構成となっている。 BMWによると、2ドアクーペのプロポーション、エアロダイナミクス特性、重量配分は、爽快でダイナミックなパフォーマンスに重点を置いたシャシ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

DY

エアコン使用内規循環燃費

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

6月に入り流石に暑くなりだしたのでエアコンを使用してます 流石にガンガン...[ 続きを見る ]

久保田

高速道路 燃費テスト

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

【高速道路燃費テスト(熱田神宮へ参拝)】 行きは、圏央道⇒新東名高速廻り...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針