パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム

カーライフニュース - パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

雲をめざすレースと呼ばれる、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの決勝レースが現地時間6月30日に開催され、アンリミテッド・クラス(4輪)「ウォルフTSCホンダ」に乗るロビン・シュート選手が9分12秒476で総合優勝した。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、毎年6月の最終日曜日に米コロラド州のパイクスピーク(山)で開催される、伝統のヒルクライム・レース。1916年に第1回が開催され、2019年は97回目の・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは6月26日、『NSX』(Acura NSX)の改良新型となる2019年モデルが、米国コロラド州で6月30日に決勝レースが開催される「第97回パイクスピーク国際ヒルクライム」において、公式ペースカーに起用されると発表した。

NSXの2019年モデルでは、軽量ボディのミッドシップに、直噴3.5リットル(3493cc)V型6気筒ツインターボエンジンを搭載する。高効率・高出力の3モーターハイブリッドシ・・・

ニュースを読む

サンデン・アドバンストテクノロジー(サンデンAT)は、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレース(6月25-30日開催)用EV車両に搭載するリチウムイオンバッテリー温度管理システムを開発・実装、温度上昇を従来の40%以下に抑えることに成功したと発表した。

サンデンATは、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースに参戦するゼロイースクエアの「SAMURAI SPEED NISSAN LEAF e+ Pikes ・・・

ニュースを読む

トーヨータイヤ、4チームにPROXESシリーズを供給…パイクスピーク2019

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年06月25日(火) 10時00分

トーヨータイヤおよび米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.(TTC)は、6月30日に開催される「2019 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に協賛する。

また、四輪のタイムアタッククラスとエキシビションクラスに参戦する4チームに対して高性能タイヤ「PROXES(プロクセス)」シリーズを供給し、同レースでの活躍をサポートする。

今年で97回目となるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライ・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは6月19日、米国コロラド州で6月30日に開催される「パイクスピーク国際ヒルクライム」に、『タイムアタックNSX』(Acura Time Attack NSX)が参戦すると発表した。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されているヒルクライムレースだ。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地・・・

ニュースを読む

電動バイクの販売・EVの開発請負を行うチーム未来は、電動バイクチーム「TEAM MIRAI」で、5月25日から6月5日に開催されるマン島TTレースの電動バイククラス「TTゼロ」に2年連続で参戦すると発表した。

マン島TTレースは、英国グレートブリテン島とアイルランドの間にある英国王室領マン島で1907年から開催されている世界最古の二輪レース。2009年に始まったTTゼロは、走行時に排気ガスを出さないゼロエミッション車のクラスで、一周6・・・

ニュースを読む

100km/hまでわずか2.25秒…VW「ID.R」、EV世界最速ねらいニュル来襲

by Spyder7編集部 on 2019年04月28日(日) 00時00分

フォルクスワーゲンが4月に初公開したばかりのEVレーサー、『ID.R』がニュルブルクリンクで非公式ながら初の高速テストを開始した。

ID.Rは、2018年に公開された国際ヒルクライム参戦マシン、『ID.Rパイクスピーク』の進化系だ。カーボンファイバー製ボディに、2個のモーターを搭載、最高出力680psを発揮。車重1100kg以下の軽量ボディにより0-100km/h加速は2.25秒のパフォーマンスを誇る。

今回ニュルブルクリンクに持ち・・・

ニュースを読む

6月24日、米コロラド州で開催されたインターナショナル・パイクスピーク・ヒルクライムで、ロマン・デュマ操るフォルクスワーゲン(VW)の電動レーシングカー『I.D. Rパイクスピーク』が、7分57秒148の歴代新記録で優勝した。

パイクスピークは全長19.99km、コーナー数156、標高差1440mを駆け上がるヒルクライムレースだ。スタート地点の標高は2862m、ゴールは4302mで、日本の富士山山頂より高い。従来の記録は2013年にセ・・・

ニュースを読む

6月24日、米国コロラド州でパイクスピーク2018の決勝レースが行われ、2016年のルマン24時間耐久レースの優勝ドライバー、ロマン・デュマ選手が乗るフォルクスワーゲンの新型EVレーシングカーの『I.D. Rパイクスピーク』が、新記録で優勝を飾った。

フォルクスワーゲンは1987年以来、31年ぶりにパイクスピーク国際ヒルクライムにワークス体制で参戦。そのために開発したI.D. Rパイクスピークには、モーターを2個搭載。最大出力680h・・・

ニュースを読む

ベントレーは6月18日、SUVの『ベンテイガ』の「パイクスピーク国際ヒルクライム」参戦マシンを発表した。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156。内燃機関で駆動する車両は、ゴール付近では標高の高さに・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トラちゃん

以前から気になっていましたが、走行中、一般道で登板に入って、アクセルを踏...[ 続きを見る ]

リュウ

乗って楽しい車です

車種名:ミニ クラブマン(ディーゼル)
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

トルクがあるので余りアクセルを踏まなくても余裕で走れます。回転上げ無くて...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針