メルセデスベンツ Gクラス

カーライフニュース - メルセデスベンツ Gクラス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデス・ベンツ日本は、オフロードモデル『Gクラス』に6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「G400d」を追加し、5月19日より販売を開始した。

今回追加したG400dは、エントリーモデル「G350d」同様、バランスに優れたコンパクトな直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載。ソフトウェアとドライブトレインの調整により最高出力を330ps(G350d比+44ps)、最大トルク700Nm(同+100Nm)に高めている・・・

ニュースを読む

開発終盤と思われるメルセデスベンツの究極のオフローダー、『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルの最新プロトタイプをキャッチした。

同モデルは2016年に『Gクラス』のフラッグシップとして登場。六輪駆動車『G63 AMG 6×6』の足回りなどを継承し、巨大な22インチホイールを装着、ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い460mmという圧巻のボディが大きな特徴だ。さらにトラックを11.7インチ・・・

ニュースを読む

究極のオフロード性能を持つ『Gクラス』といえる、『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルの最新プロトタイプをカメラが捉えた。

前世代のメルセデスベンツGクラスをベースに誕生した4×4スクエアードは、ポータルアスクルと22インチの巨大なホイール、リフトアップした車高を備えていた。また地上高は224mm高い460mm、11.7インチワイドにすることにより圧巻のスタイリングと悪路走破性、さらに高速安定性を合わせ持っていた。

豪・・・

ニュースを読む

東京オートサロン2021で開催中のバーチャルオートサロンに出展した橋本コーポレーションは、メルセデスベンツ『Gクラス』ベースのカスタムカーを展示している。

エキゾーストにはAKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)のエキゾーストシステムを搭載。サスペンションにはニュル24時間レースでも使用されているKW(カーヴェ)製のサスペンションキットが使われている。

ほかにもブレーキには各社で純正採用されている「brembo」、ホイールにアメリカの・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは12月4日、『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)の生産台数が40万台に到達した、と発表した。初代のデビューから、およそ40年で生産40万台を達成している。

Gクラスのデビューは1979年2月で、NATO軍の軍用車をベースに開発された『ゲレンデヴァーゲン』が、そのルーツだ。ラダーフレームの上に無骨なまでに四角いボディを載せて、ストロークをたっぷり取った4輪リジットサスペンションを採用していた。

・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツが『Gクラス』の最上級モデルとして発売した、『G500/G550 4x4 2(スクエアード)』後継モデルの最新プロトタイプをカメラが捉えた。

先日メルセデスベンツのオラ・ケレニウスCEOは、同社がすべてのセグメントのスペースをカバーすることに力を入れすぎたと発言、今後ドロップできるモデルを確認していく方向を示唆した。その流れで言えば、かなりニッチなG500/G550 4x4 スクエアード 後継モデルの開発は矛盾している・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は10月6日、投資家向けのバーチャル説明会を開催し、電動化の加速を中心にした新戦略を発表した。

メルセデスベンツの新戦略では、高い収益性を伴う成長を重視する。構造的に高い収益性を確保するために、最も収益が得られるカテゴリーと競合激しいセグメントに、製品開発リソースと資金を集中していく。

◆Gクラスがサブブランドになりラインナップを拡大

新戦略のひとつが、サブブランドの拡大だ。メルセデス・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツがかつて販売した究極の『Gクラス』、『G500/G550 4x4 2(スクエアード)』後継モデルの発売が確実となった。スクープサイトSpyder7が、そのプロトタイプを鮮明に撮影することに成功した。

G500/G550 4x4 スクエアードは、オフローダーGクラスのフラッグシップとして2016年に登場。ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い460mmという圧巻のボディに。さらにトラックを1・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは9月8日、メルセデスAMG『G63』(Mercedes-AMG G63)をベースにしたワンオフモデル、「プロジェクト・ゲレンデヴァーゲン」を初公開し、9月14日からチャリティオークションの入札を開始すると発表した。

このワンオフモデルは、メルセデスベンツのチーフデザインオフィサーのゴードン・ワグナー氏と、ファッションデザイナーのヴァージル・アブロー氏のコラボレーションによって、誕生した1台だ。

ヴァージル・アブロー・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは9月1日から、『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)の2020年モデルの生産を開始すると発表した。

◆ワイドスクリーンコックピットを標準装備

2020年モデルでは、ワイドスクリーンコックピットが全車に標準装備された。また、従来は「レザーパッケージ」に含まれていたフレームレスのインサイドミラーは、2020年モデルから全車に標準装備されている。

「インテリアパッケージ」を選択すると、Gクラスのイン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針