BYD 比亜迪汽車

カーライフニュース - BYD 比亜迪汽車 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

京セラとBYDジャパンは、太陽光発電システムで発電した再生可能エネルギーをEVバスなどで活用する「需給一体型」の新たなビジネスモデルの構築に向けた協業を6月より開始すると発表した。

需給一体型とは、発電と消費をセットにして需給バランスを担保しながら、発電された再エネ電気を100%有効活用するモデル。今回の協業では、京セラが、再エネの提供に加え、VPP(バーチャルパワープラント/仮想発電所)実証事業で培ったアグリゲーション技術を活かし、・・・

ニュースを読む

BYDの純利益72%減、電動車両が販売不振 2018年上半期決算

by 森脇稔 on 2018年08月31日(金) 15時18分

世界有数の電池メーカーで、自動車事業も手がける中国のBYDは8月29日、2018年上半期(1〜6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は521億6300万元(約8460億円)。前年同期の438億1700万元に対して、19%増と、2桁の伸びを達成する。

一方、2017年上半期の純利益は、4億7900万元(約78億円)。前年同期の17億2300万元に対して、72.2%の減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、新・・・

ニュースを読む

みちのりグループの会津バスは7月31日、尾瀬国立公園内のシャトルバス3台を電気バスに切り替えると発表した。

今回導入の路線は、尾瀬国立公園内の尾瀬御池〜尾瀬沼山峠間、福島方面からのアクセスルートの終端部分。福島方面からの一般車は環境保護のため尾瀬御池の駐車場で止められ、尾瀬御池−尾瀬沼山間はシャトルバスでの送客となっている。今回、この区間のシャトルバスをこれまでのディーゼル車両から電気バス化。走行中のCO2および排出ガスを大幅に低減し・・・

ニュースを読む

騰勢(英語名DENZA)は、ダイムラーとBYDの合弁企業として注目を集めた新興のEVメーカーだ。すでに中国国内でEVを販売しているが、2018年の北京モーターショーでは、3月に発売されたばかりの騰勢『500』が主役となった。

騰勢500はCセグメントのハッチバックで、見たところゴルフよりひとまわり大きいが、AピラーとCピラーの角度が寝ており、いまどきのスペース効率を追求したハッチバックとはちょっと違った、おもしろいプロポーションを持つ・・・

ニュースを読む

中国の新興自動車メーカーの代表格ともいえるのが「BYD」だ。もともとは化学系エンジニアが創業したバッテリー製造メーカーであり、現在では3年連続で新エネルギー車世界一のブランドである。

北京モーターショー2018では、同社の主力車種のひとつであるSUV『唐』のニューモデルが主役であった。詳細なスペックと予約開始がアナウンスされたのだ。

ガソリンエンジンモデルは約15万元から(約260万円)、PHEVは補助金があり実質約25万元から(約・・・

ニュースを読む

BYD、新型EVを3車種発表へ…北京モーターショー2018

by 森脇稔 on 2018年04月06日(金) 09時30分

中国のBYD(比亜迪)は4月25日、中国で開幕する北京モーターショー2018において、新型EVを3車種初公開すると発表した。

新型EVは、小型セダンの『e5 450』、中型セダン『秦 EV 450』、そしてSUVの『宋 EV 400』。いずれの車種も、中国政府が普及を後押ししている「NEV」(新エネルギー車)に該当する。

新型EVの3車種は、共通のEVパワートレインをベースに開発。リチウムイオンバッテリーは、蓄電容量が60.5kWh・・・

ニュースを読む

ダイムラーと中国BYD(比亜迪)が立ち上げた新ブランド、「デンツァ」(DENZA)は3月26日、新型EVのデンツァ『500』を中国で発表した。

ダイムラーとBYDは2010年、技術提携を発表。2010年5月には、中国でEVを共同開発することを目的に、合弁会社の「深センDENZAニュー・エナジー自動車」を設立した。

デンツァは、両社の合弁会社が中国で現地開発し、中国市場だけで販売するEVに特化したブランドの名称。ダイムラーの持つ豊富な・・・

ニュースを読む

世界有数の電池メーカーで、自動車事業も手がける中国のBYDは10月29日、2017年第3四半期(7〜9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、2017年第3四半期の売上高は288億9525万元(約4938億円)。前年同期に対して、3.7%増だった。

一方、2017年第3四半期の純利益は、10億6852万元(約183億円)。前年同期に対して、23.9%の減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、新車販売の落ち込み。自動・・・

ニュースを読む

中国BYD、電動車両不振で純利益は24%減…上半期決算

by 森脇稔 on 2017年08月30日(水) 18時30分

世界有数の電池メーカーで、自動車事業も手がける中国のBYDは8月28日、2017年上半期(1〜6月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は438億1700万元(約7300億円)。前年同期に対して、0.16%増と、わずかに増えた。一方、2017年上半期の純利益は、17億2300万元(約287億円)。前年同期に対して、23.8%の減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、新車販売の落ち込み。自動車部門のBYDオート(・・・

ニュースを読む

世界有数の電池メーカーで、自動車事業も手がける中国のBYDは4月28日、2017年第1四半期(1〜3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は210億4613万元(約3410億円)。前年同期の202億8525万元に対して、3.7%増加した。

一方、第1四半期の純利益は、6億0579万元(約980億円)。前年同期の8億5070万元に対して、28.8%の大幅な減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、新車販売の減速・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

そっとじ

10万㎞

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

前回の給油で無事10万㎞を突破しました 購入から3年、よくもまあ元気に走...[ 続きを見る ]

DD Tailhappy

初投稿

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:DD ***** さん
総合評価:

現在イギリスに駐在していて、20年11月26日に引取りました。まだ300...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針