日信工業

カーライフニュース - 日信工業

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ブレーキ製造大手の日信工業は、「『トミーカイラZZ』の実車展示もぜひ見てもらいたいけど、うちのEMBキャリパーや二輪用ABSも注目して」と担当者がプッシュする。

このEMBキャリパーは、自動運転対応車両などをターゲットにした電動キャリパー。「まだ開発段階だが、モーターで制御して、応答性やシステム制御性を向上させている」という。

また、二輪用ABSは、IMU(慣性即位装置)との強調によって、急ブレーキ時のリアタイアが浮く「リアリフト」・・・

ニュースを読む

日信工業、四輪用アルミ製品生産工場を増設…総投資額20億円

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年06月16日(金) 17時30分

日信工業は6月15日、四輪車用アルミ製品の生産工場を増設すると発表した。

同社は、自動車の軽量化に貢献するアルミ製品を新潟県上越市の直江津工場で生産しているが、さらなる軽量化ニーズの高まりに対応するため、長野県東御市の東部工場の敷地内にナックル等のアルミ製品生産工場を増設する。

総投資額は約20億円で8月着工予定。2018年7月より月産5万個で稼働を開始、2022年度には月産10万個まで、生産能力を拡大する予定だ。・・・

ニュースを読む

日信工業、四輪車ブレーキ事業合弁化の影響で減益…2016年3月期決算

by レスポンス編集部 on 2016年05月17日(火) 16時15分

日信工業が発表した2016年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比38.0%減の74億9000万円と大幅減益となった。

売上高は同3.0%増の1677億0900万円と小幅な増収となった。国内の二輪車・四輪車向けやタイ、インドネシアなどが低調だったものの、北米の四輪車向けが好調だったため。

収益では四輪車用ブレーキ・コントロール、ブレーキ・アプライ事業をオートリブと合弁会社化した影響もあって、税引前利益は同46.6%減の74億060・・・

ニュースを読む

日信工業は9月9日、四輪車用ブレーキコントロール(メカトロ)、ブレーキアプライ(バネ上)システムについて、スペイン・オートリブ社と合弁事業化すると発表した。

今回の合弁事業化は、伸び悩む四輪車用ブレーキ事業を二輪同様、世界トップシェアに押し上げることが目的。日信工業が持つブレーキシステムの技術力・生産力に加え、オートリブが持つ電子制御ユニットやレーダーセンシング技術およびグローバルメーカーへの顧客基盤を活用し、メカトロおよびバネ上事業・・・

ニュースを読む

日信工業、長野県の新工場建設予定地を13億3000万円で売却

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年02月21日(土) 07時30分

日信工業は2月20日、建設構想を再検討していた長野県東御市の新工場について、建設予定地8万3648平米を13億3000万円で売却したと発表した。

日信工業は、国内の生産能力を増強するため、2008年10月に新工場の建設計画を決定。しかし、リーマンショックによる世界的な自動車生産の低迷で工場の建設を延期していた。

建設予定地の譲渡先は、業務用インクジェットプリンタ製造販売のミマキエンジニアリング。

日信工業は今回の決定について、国内・・・

ニュースを読む

日信工業の第3四半期決算…国内の減収や研究開発費増加で減益

by 成瀬雄太@DAYS on 2015年02月02日(月) 17時10分

日信工業は1月30日、2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1661億4100万円(前年同期比+2.5%)、営業利益は118億3900万円(−13.6%)、経常利益は137億9800万円(−8.4%)、四半期純利益は71億3600万円(−15.3%)となった。

売上高は、日本の四輪車製品の減少やブラジル四輪車市場の低迷などを受けながらも、北米でメカトロ製品・二輪車用製品の拡大および為替換算・・・

ニュースを読む

日信工業が発表した2014年3月期連結決算は、経常利益が前年同期比105.4%増の217億0300万円と倍増した。

売上高は同26.8%増の2208億6800万円と大幅増収となった。国内は四輪車製品の新規立ち上げ効果などで増収となった。北米事業では四輪車市場の好調や為替換算の影響もあって増収となった。アジア事業はインドネシアの二輪車向けが好調だったほか、中国も回復した。

収益では、研究開発費の増加などがあったものの、増収効果や為替差・・・

ニュースを読む

日信工業、北海道にブレーキシステム開発用テストコースを建設

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年10月12日(金) 10時39分

日信工業は、北海道旭川市に四輪・二輪用ブレーキシステム開発を目的としたテストコースを建設する。

新テストコースは、寒冷地の自然環境とさまざまな路面状況での実車走行試験を行い、ブレーキシステムの開発に役立てることが目的。

テストコースの面積は約48万平米、投資金額は約7億円。完成予定は2014年11月。・・・

ニュースを読む

日信工業の通期決算…大幅減益、震災などが影響

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年04月27日(金) 06時30分

日信工業が発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比27.4%減の94億7400万円で大幅減益となった。

売上高は同3.4%減の1590億9800万円だった。アジア各国やブラジルの二輪車市場の好調による需要増加はあったものの、四輪車市場で震災およびタイ洪水の影響による完成車メーカーの減産の影響を受けた。

収益面では、コスト削減による改善効果があったものの、売上減や円高の影響で、経常利益は同29.8%減の87億1700・・・

ニュースを読む

日信工業、長野県の新工場建設を3年延期

by 編集部 on 2011年12月21日(水) 17時44分

日信工業は、長野県東御市の新工場建設計画について、円高などの事業環境の変化を踏まえ、建設をさらに3年程度延期。2014年度末までを目途に建設構想を再検討すると発表した。

同社は国内の生産能力を増強するため、2008年10月に新工場の建設計画を決定した。しかし、リーマンショックによる世界的な自動車生産の低迷で工場の建設を延期していた。

円高の定着などで自動車メーカーは輸出を抑えており、国内生産が低迷するなど自動車業界を取り巻く事業環境・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針